トップページ診療科紹介消化器外科

消化器外科

患者中心の全人的医療を目指して

消化器外科のサイトへ

鈴木康之教授

鈴木康之教授

診療内容

食道・胃・小腸・大腸などの消化管や、肝臓・胆道(胆嚢と胆管)・膵(すい)臓・脾(ひ)臓などの消化器疾患に対して、外科治療を中心に診療を行っています。また膵(すい)臓移植も行っています。

対応疾患

食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵(すい)臓などの腫瘍、がん
腹膜炎、胆のう炎、虫垂炎、重症膵(すい)炎などの炎症性疾患
潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患
外傷による腹腔内臓器損傷など