トップページ診療科紹介呼吸器内科

呼吸器内科

診療内容

1:肺がんに対する内科、外科、放射線科および病理部が一体となって治療方針を検討します。当院における肺がん診療の特徴は、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科および、組織を診る病理部の4科が合同で協議しながら患者さん一人一人に、最適な診断や治療計画を考えていきます。

2:気管支鏡による高い診断精度が特徴です。
肺疾患の診断には、気管支鏡検査が必要ですが、当院では様々な工夫により高い診断率を上げています。

対応疾患

肺がんなどの胸部悪性腫瘍、肺感染症(肺炎など)、間質性肺炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎など)、膠原病にみられる肺疾患

データ

  2012 2013
  154 212
肺がんなどの胸部悪性腫瘍 120 180
肺炎などの感染症 11 10
間質性肺炎などのびまん性肺疾患 14 20
その他の疾患 9 2