トップページ診療科紹介血液内科

血液内科

診療内容

若年者を中心として、香川県内の専門的治療を要する血液疾患に対する治療を積極的に行っています。難治性造血器腫瘍を対象とした大量化学療法や造血幹細胞移植療法など、治癒を目指した集中的・集学的治療を、適応を加味した上で積極的に行っています。良性でも難治性の血液疾患で高度医療が必要な方を対象として治療しています。
当施設は骨髄バンク移植認定、骨髄バンク採取認定、臍帯血バンク移植認定となっており、血縁ドナーからの血縁者間同種幹細胞移植(末梢血幹細胞移植および骨髄移植)はもちろんのこと、骨髄バンクを介した非血縁者間同種移植(末梢血幹細胞移植および骨髄移植)、臍帯血移植、およびHLA半合致ドナー(ハプロ合致移植)といったすべての造血幹細胞移植療法に対応しています。また、香川県内での血液内科医常勤施設との連携を密に図っており、病院間相互での患者の紹介を必要に応じて行います。
新病棟では移植医療のためのクリーン・フロアを備え、チームを結成して診療に当たります。

対象症候

(1) リンパの異常
症候性リンパ節腫大、症候性リンパ節症、脾腫。
(2) 血球の異常
白血球増多、白血球減少。
原因不明の貧血、原因不明の血小板減少、原因不明の出血傾向。
(3) 出血傾向
歯肉出血、四肢の紫斑。

対応疾患

(1) 造血器腫瘍
白血病(急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など悪性造血器腫瘍の他、骨髄増殖性腫瘍に含まれる真性多血症、本態性血小板増多症、骨髄線維症などの良性造血器腫瘍。
(2) 造血不全
骨髄異形成症候群、各種栄養障害性の貧血、再生不良性貧血、発作性夜間血色素尿症、ファンコニ貧血、サラセミア、ポルフィリン症など。
(3) 出血性疾患・血液凝固線溶異常
特発性血小板減少性紫斑病、急性および慢性の汎発性血管内凝固症候群、血栓性血小板減少性紫斑病、血友病など。

データ




香川県内の血液内科常勤施設(「三豊総合病院」は非常勤が3名)