〒761-0793
香川県木田郡三木町池戸1750-1
香川大学医学部附属病院
TEL:087-891-2447(直通)

がん診療連携拠点病院

香川大学医学部附属病院は、平成21年2月23日付けで厚生労働大臣により『都道府県がん診療連携拠点病院』に指定されました。

概 要

「がん診療連携拠点病院」とは、全国どこでも、「質の高いがん医療」を提供することを目指して、都道府県による推薦を基に、厚生労働大臣に指定された病院であり、がんに関する診療の体制や設備、情報提供、他の医療機関との連携などについて国が定めた基準を満たしています。
都道府県がん診療連携拠点病院は、がん診療の質の向上及び医療機関の連携協力体制の構築に関し、各都道府県の中心的な役割を担う病院です。

都道府県がん診療連携拠点病院の役割

  1. 主に地域がん診療連携拠点病院でがん医療に携わる医師・薬剤師・看護師等を対象とした研修を実施します。
  2. 地域がん診療連携拠点病院等に対し、情報提供、症例相談及び診療支援を行います。
  3. 都道府県がん診療連携協議会を設置し、当該協議会は下記の事項を行います。
    ①地域におけるがん診療の連携協力体制等がん医療に関する情報交換。
    ②都道府県内の院内がん登録のデータの分析、評価等。
    ③都道府県レベルの研修に関する計画、診療支援を行う医師の派遣調整。
    ④地域連携クリティカルパスの作成、整備等。

Copyright c 2006-2015 Kagawa University All Rights Reserved.