トップページ診療科紹介腎臓内科

腎臓内科

種々の腎疾患に対して、質の高い医療を提供します。

腎臓内科のサイトへ

祖父江 理 科長

祖父江 理 科長

診療内容

「腎疾患は治らない難しい病気である」、という固定概念を覆すべく、どの病期、病態においても可能性を見据えて積極的な治療を進めていく事が、大学病院における臨床であると考えております。そのために我々の腎臓内科では、ガイドラインやEBMを常に念頭に、「検尿異常から腎移植まで」の基本スタンスの下、腎炎・腎症・高血圧・体液電解質異常、慢性腎臓病、末期腎不全(血液透析・腹膜透析・腎移植)、遺伝性腎疾患を治療し実績をあげております。
 腎生検診断に関しては病理診断科と協力し、電子顕微鏡診断を導入するなど、県内随一の診断技術の提供を心がけています。また、生体腎移植、腹膜透析を積極的に推進し、個々の患者さんに合った腎代替療法を提供しています。

対応疾患

IgA腎症などの糸球体腎炎・腎症、末期腎不全(慢性腎臓病・血液透析・腹膜透析・腎移植)・急性腎障害(AKI)、高血圧(二次性高血圧)、体液・電解質異常、腎移植後内科管理、アクセス血管外科、妊娠高血圧症候群、悪性腫瘍に伴う腎障害、多発性嚢胞腎の薬物治療

2017年度治療実績