トップページ病院紹介理念・目標等

理念・目標等

基本理念

患者さんの権利を尊重し、良質な医療を提供するとともに、医学の教育・研究を推進し、医療の発展に寄与する。

基本方針

目標

  1. 患者さんの人格と尊厳を重んじ、患者さん中心の良質・安全な医療を実践する。
  2. 厳しい倫理観と豊かな人間性を備え、高い能力を持つ医療人を育成し、生涯研修の場を提供する。
  3. 先進医療の開発につながる特色ある研究や、医薬品及び医療機器の臨床研究を推進する。
  4. 医療・福祉の向上のため、地域医療機関との連携を強め、各種支援事業を行うなど地域の中核的役割を果たす。
  5. 満足度の高い医療環境の整備に努め、効率よく、安定した病院経営を行う。

職業倫理に関する方針

本院職員は、職責の重大性、公共性を認識し、本院の基本理念・基本方針(目標)を基に、医療を受ける人々に奉仕します。

  1. 医療を受ける人々の人格・人権を尊重し、まごころを持って接します。
  2. 医療内容、治療の選択の権利などについて詳しく説明し、信頼を得るように努めます。
  3. 医療を受ける人々のプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  4. 関係する法規範を遵守し、医療を通じて社会の発展、地域貢献に尽くします。
  5. 社会的責任を自覚し、知識・技術の習得に努めるとともに、教養を深め、人格を高めるように努めます。

臨床における倫理に関する方針

本院職員は、医療を受ける人々の尊厳、人権に十分配慮し、上質な医療を提供します。
1. 医療を受ける人々の人権、権利を守ります。
 (1) 病状、がん告知などについて十分な説明を受ける権利を尊重します。
 (2) 守秘義務、個人情報の保護を徹底します。
 (3) インフォームド・コンセント、情報開示、セカンドオピニオンなどにより治療方針の選択をして頂く権利を尊重します。
2. 医療を受ける人々とのパートナーシップを大切にします。
 (1) 検査結果を共有し、治療の選択に参加していただきます。
 (2) 疾患に関する患者会を行い、相互の理解を深めます。
3. 関係法規・ガイドラインを遵守し、治療を行います。
 (1) 胎児診断、生殖補助医療に関わるガイドラインを遵守します。
 (2) 母体保護に関わる法規を遵守します。
 (3) 臓器移植に関わる法規を遵守します。
4. 医療を受ける人々の権利、尊厳に関わる医療については、倫理委員会において審議を行い、治療方針を決定します。
 (1) 安楽死、尊厳死、延命治療などの生命の尊厳に関わる問題
 (2) 新薬による治療、遺伝子治療、人工臓器などの新しい治療技術
 (3) 医療を受ける人々の信仰、信条に関わる問題
5. 医療の発展のために積極的に臨床研究を行い、その実施においては倫理委員会、医薬品等臨床研究審査委員会、治験管理センターなどにおいて十分審議、検討を行います。