香川大学医学部小児科

教育と研修

教育と研修

小児科コースの部屋

はじめに

小児科コースは、香川大学卒後臨床研修プログラムのなかで3名の定員(2016年プログラム現在)であり、
早期から本格的に小児医療を学べる研修コースです。
小児科コースで研修することによって、症例のひとつひとつを長期にわたって継続して学ぶことができ、診察・検査・診断・入院治療・退院後の外来診察までの流れを勉強することができます。また、夜間診療やサブスペシャリティー領域の診療も早期から行うことができ、様々な手技もマスターできます。
この部屋では小児科コースの実際について詳しく紹介します。

小児科コースってどれぐらいの先輩が取得しているの?
毎年多くの若い先生が小児科コースで研修を受けています。

小児科コース取得者(卒業年度別)

  • 平成22年 3名
  • 平成23年 5名
  • 平成24年 3名 
  • 平成25年 4名 
  • 平成26年 2名
  • 平成27年 3名 

Q. 先輩の声が知りたい! 〜 小児科コースで学んだ先輩の声を紹介します。

卒後4年目の西岡先生と土屋先生に聞きました。

西岡先生

学生時代見学に来たときの印象は?
先生方がとても楽しそうに診療されており、笑顔が溢れ雰囲気がとても良い医局だと思いました。また熱心に指導して頂いたことも印象的でした。
小児科コースで良かったことはどんなことですか?
小児科を重点的に研修することで、手技や診療を身に付けることが早かったと思います。
早く身に付くことで、楽しさを感じました。
今後できるようになりたい手技などがあれば教えてください
挿管や腰椎穿刺、PICC挿入など、より侵襲的な処置を安全で的確にできるようになりたいです。

土屋先生

初期研修はどこで受けましたか?
初期研修のあと香川に帰ろうと思った理由はなんですか?
初期研修は京都の大学病院で研修しました。小児の腫瘍に力を入れている病院であり先生方が熱心に診療されている姿に感銘を受け、小児科医へなりたいという思いが強まりました。
最初は初期研修先に残ることを考えていましたが出身大学ということもあり縁あって、当科を見学させていただきました。当科の先生方が軽症のかぜから新生児の黄疸、重症の腫瘍まで何でも幅広く診療されておられる姿を見て、すごいなと率直に思いました。自分の専門分野しか見ないというより、何でも幅広くみるというのが小児科医に対する私のイメージであり、そのイメージに合致したのが当院の小児科でした。また地元ということも後押しして香川に帰ろうという決断に至りました。
卒後3年目以降はどのように研修していますか?
一般小児の研修を行っております。腰椎穿刺、骨髄穿刺、末梢静脈路確保など手技も頻回にあり、だいぶ慣れてきました。commonな症例については上級医の指導をいただきながら積極的に治療方針の決定に関わっています。当初のイメージ通り本当に何でもくるので毎日新鮮です。
今後はどんなことにチャレンジしたいですか?
まずは日々の臨床を大切にして小児科専門医の獲得を目指しながら、その後のサブスペシャリティを自分の興味に照らし合わせて決めていきたいです。積極的に県外のセミナーや勉強会に参加したり発表したりして、見聞、知識を増やしていければと思っております。

最後に

是非一緒に勉強しましょう!お待ちしています!

(西岡先生)

Home   >   教育と研修   >   小児科コースの部屋