ナースの一日

先輩ナースに一日密着

先輩看護師はどんな生活をしているの?そんな疑問にお応えするべく、入職8年目のナースのある一日に密着。イキイキと働く先輩の姿をご紹介します。

担当の患者さんが良くなっていくと何よりやりがいを感じます!

8:00 出勤・患者情報収集

9:00 点滴備 出勤したらすぐに自分が今日担当する患者さんについての情報を収集し、状況を把握します。基本的な作業なので今はスムーズに準備できますが、1年目はプリセプター(指導者)とともに確認してからベッドサイドに向かうようにしていました。

10:00 検温・血圧測定 ナーシングカートに患者情報の入ったノートパソコン、血圧計、酸素オキシメーターなどを準備し、病室へ向かいます。患者さんに今日一日、自分が担当するとお伝えしてからバイタルサインを測定し、患者情報を得て、電子カルテに入力します。

12:00 休憩 休憩は交代でとることになっています。他の看護師に担当の患者さんの情報を引き継ぎし、休憩に入ります。休憩室でお弁当を食べることが多いですが、時には院内の食堂やスタバで息抜きすることも。

13:00 カンファレンス 日勤の看護師やドクター、メディカルスタッフと担当患者さんの情報を交換をし、問題について対策を立てます。チーム医療を行うにあたっては、常に適切な看護をするための他のスタッフとの情報共有はとても大切です。

14:00 検温・血圧測定 点滴など担当患者さんに必要な準備をしてから、午後の定時測定に向かいます。お昼ごはんの摂取状況を確認するのも大切なポイント。体温や血圧を測定し、電子カルテに入力。午後からの検査に備えます。

15:00 患者ラウンド 担当患者さんの状況を把握し、残っている検査や処置について確認するなど、引き継ぎの準備をします。

16:00 引き継ぎ 夜勤の看護師に、担当患者さんについての情報を伝えます。

17:00 退勤

17:30 リラックスタイム 着替えてから帰途に。すぐそばにスタバがあるので同期の看護師と立ち寄ることも。張り詰めていた気持ちをゆっくりほぐしたら、また明日もがんばります!

このページの先頭へ