海外研修

タイ:チェンマイ大学

NICU勤務 卒後8年目 鈴木麻友

平成26年に、タイのチェンマイ大学で開催された5th Joint Symposiumに参加しました。シンポジウムでは幅広い分野での研究発表、セッションが同時に開催されており、今回私が参加したのは「医学と看護」というテーマのシンポジウムでした。前年度関わった看護研究の「18トリソミー児を持つ両親の経験」について口頭発表し、NICUでの医療や看護に関して、チェンマイ大学病院のスタッフとお互いの現状について意見交換を行いました。また、病院の見学では周産期・NICU・小児科領域を見学させてもらい、環境における違いはありましたが、同じような悩みや難しさを体験している事を知り、ここで得た知見を帰国後、自部署において情報共有を行いました。

このページの先頭へ