教育体制

看護師一人ひとりの成長をサポートするため充実した研修制度と教育環境を整えています

教育の目的

一人ひとりの人間的成長と専門職業人としての能力開発を図り、質の高い看護を提供する

教育の目標

  1. 香川大学医学部附属病院の看護に求められる実践能力を習得する
  2. 判断能力・問題解決能力を高め、日々の業務において主体的に意思決定できる自律性を養う
  3. 職業人として成長し、自己のキャリアプランを見出すことができる

新人教育体制

新人を支える体制

入職1年目の看護師の成長を先輩が温かく支える体制があります

1年目の育成の流れ

4月 部署でのオリエンテーション プリセプター(看護師)に付きシャドウ研修
5月 日勤で軽症患者さん2~3名をプリセプターの指導を受けながら担当
6月 日勤で軽症患者さん2~3名を担当(プリセプターがフォロー)
7月 日勤で軽症患者さんを3~4名を担当
部署での学習会の開催
8月 夜勤のシャドウ研修(5人夜勤でプリセプターがフォロー
夜勤では軽症患者さんを担当
9月
10月 日勤で重症患者さん2~3名をプリセプターの指導を受けながら担当
11月 夜勤で、自立して患者さんを担当(常に指導者が声がけ)
12月 プライマリーナースとなるための準備
指導者とペアで標準的経過をたどることが予測される患者さんを入院から退院まで担当する
看護計画立案する
1月
2月
3月 看護師として自立
4人夜勤の一員として自立

研修プログラム

入職時オリエンテーション 香川大学医学部附属病院の看護職員としての意識と心構えができる(病院規則・看護体制・接遇マナー・個人情報管理・避難誘導・防火訓練・メンタルヘルス等)
看護技術研修 看護の基本的能力を身につけ、部署で指導のもと日常看護ができる(手洗い標準予防策・静脈注射・採血・血糖測定・酸素管理・輸液ポンプ・シリンジポンプ・心電図等)
シミュレーション研修 AED/BLSを理解し新人看護師として対応できる(急変時対応・フィジカルアセスメント)
ストレスマネジメント研修 同期で思いを語り、リアリティショックを軽減する(グループ演習)
看護必要度研修 診療報酬の知識を習得する(看護必要度の講義)
医療安全研修 効果的なコミュニケーションスキルを理解する(チームSTEEPS演習)
プライマリーナース研修 プライマリーナーシングを理解し、実践できる(プライマリーナースの役割・看護計画立案)

充実したプログラムのもとで 一人ひとりの1年間を支えています

ストレスをサポートする環境を整えています

仲間サポート 「同期で支えあおう」

同期たちで 仕事の悩みや疑問を語り合う機会が1年に4回あります

新人看護師 相談窓口 「Tweet room」

新人看護師 相談窓口 「Tweet room」新人看護師教育専従の看護師長が守秘義務厳守で対応しています

専門家によるサポート

希望者に外部カウンセラーやリエゾンナースとの面談を調整しています

香川大学医学部附属病院看護実践能力開発システム

(Kagawa University Hospital Nursing Ability Development System)
頭文字をとってKNADS「ケーナッズ」と呼ぶ

KNADSは、香川大学医学部附属病院の基本理念ならびに看護部の理念、看護部が育成したいナース像をふまえ、当院看護職員に求められる能力の開発を支援し、かつ個人のキャリア形成/キャリア発達を支援するために体系化した独自のシステムである。

KNADS全体像

このページの先頭へ