看護部の概要

看護部長からの挨拶

専門職業人として
一緒に成長していきましょう。

1人ひとりの看護職員がいきいきと輝いて看護すること、それが来院された患者さんやご家族の方々に満足していただける基本だと考えています。職員が満足して働ける職場、そして患者さんから信頼される、地域に根ざした病院を目指しています。看護師として技を磨くこと、知識を深めることの面白さ、看護の奥深さを体験し、専門職業人として一緒に成長していきましょう。

看護部紹介

「Hand・Head・Heart」3つのHを原点に、患者さんに優しい医療と先進医療との調和を目指した看護を提供

看護部の理念 患者さんの人権を擁護し、患者さんから信頼される看護を提供する
力を入れて
取り組んでいること
  1. 新人看護師の育成
  2. キャリアアップ支援
  3. ワークライフバランス重視の職場環境整備
看護体制の特長
  • 患者対看護職員配置基準7対1入院基本料
  • 香川大学方式プライマリーナーシング
  • ペアで複数の患者さんを受け持つ、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を導入
  • 勤務体制は、
    2交代勤務 日勤8:00~16:45 準深夜15:45~8:45
    3交代勤務 深夜0:00~8:45 日勤8:00~16:45 準夜15:45~0:30
  • 夜勤体制は、4人体制を基本とし、新採用者が夜勤に入る場合は5人体制

看護管理室

一人ひとりの看護職員がいきいきと輝いて看護できるよう、様々な場面で支援します。

左から業務担当(阿部慈)安全管理担当(松本佐和子)看護部長(豊嶋克美)教育担当(冨山清江)総務担当(田中ひとみ)

副看護部長の役割

総務担当 看護職員の人事や労務・健康管理に関すること
業務担当 看護業務の基準や標準化に関することや病院再開発に関すること
教育担当 現任教育・新人教育の企画運営に関すること、看護職員のキャリア形成を支援すること、臨地実習の調整に関すること
安全管理担当 病院における安全管理の推進

看護師長の役割

  • 新人教育・実習調整担当
  • 新人教育の企画運営と新人看護師の精神的支援と臨地実習調整
  • 継続教育担当
  • 現任教育の企画運営

教育担当 松下看護師・中野看護師長・冨山副看護部長・長田看護師

このページの先頭へ