西病棟

西病棟3階:精神病棟/精神神経科

西病棟3階は精神・神経科病棟です。26床の閉鎖病棟で身体合併症患者の看護、急性期から慢性期の精神疾患患者や思春期から老年期までの幅広い患者を対象に看護をおこなっています。私たちは患者さんの混乱している状況には理由があるということを理解し、人として尊重し、その人らしさを大切に考え、信頼関係を築き安心して入院生活が送れるように努めています。また入院時から退院後の生活について、毎週水曜日に総合地域医療連携センターの看護師やMSWと退院を目指した調整カンファレンスを他職種と実施しています。患者さんの意志決定を支援出来るようにチーム医療を実践しています。

西病棟2階

周産期科女性診療科病棟は、年間約700件の分娩介助と帝王切開の対応、正常新生児の看護、またハイリスク妊娠・分娩・産褥期の看護など助産師・看護師としての幅広い知識と高度な技術が必要とされる部署です。私たちは「温かく寄り添う看護」を目標とし、チームワークを発揮しつつ、母と子の二つの命に向き合いながら、日々成長できるよう自己研鑽しています。出産を通して、新しい生命誕生の喜びや楽しみを共に感じ、助産師・看護師としてだけではなく、ひとりの女性としても成長することのできる、笑顔と活気あふれる明るい病棟です。

MFICU(母体・胎児集中治療室)

総合周産期母子医療センターの母体・胎児集中治療部門(MFICU)は県内および県外からの母体搬送を受け入れています。MFICUはハイリスク妊娠・分娩・産褥期の管理や緊急帝王切開の対応など、助産師として高度な技術とアセスメント力が最も必要とされる部署です。助産師はどのような状況においても、その人らしい分娩となるよう対象に寄り添い、母と子、その家族が本来持つ力を育むことができるように、日々自己研鑽しています。また、助産師外来では、妊娠期から分娩期・産褥期において切れ目のない助産ケアが提供できるように関わっています。

NICU

NICUには、小さく生まれた赤ちゃんや病気を持って生まれた赤ちゃんが入院されます。赤ちゃんは言葉で訴えることができませんし、泣くことすらもできないことがあります。私たちは、その小さな赤ちゃんが全身で発するサインを見逃さずに観察し、専門知識と技術を駆使して24時間看護を行っています。命の始まりは家族の始まりでもあります。赤ちゃんを通して揺れ動くお母さんやお父さんに寄り添い、家族のスタートをサポートできるように努めています。

GCU

新生児回復室の名前の通り、GCUはNICUで集中治療を乗り越えた赤ちゃんが入院されています。退院が近くなる頃、赤ちゃんはしっかりしてきますが、お母さんは大きな不安に襲われることがあります。私たちは、授乳や育児支援を通して赤ちゃんをおうちに迎えるための様々な準備をサポートしていきます。「こうでなければならない」と硬くならずに、「まあ、これもよし」と楽しく思えるように、実力派スタッフが今日も笑顔でケアを行っています。

このページの先頭へ