東病棟

東病棟7階:耳鼻咽喉科・頭頚部外科/形成外科・美容外科/歯・顎・口腔外科

東病棟7階は、患者さんから「天守閣」と言われており、小高い山の一番てっぺんにあります。耳鼻咽喉科・頭頸部外科、形成外科・美容外科、歯・顎・口腔外科の3診療科のある混合病棟です。私たちは、呼吸、咀嚼・嚥下、味覚、会話、ボディイメージなど、生きる上での重要な役割機能の変容に対峙する患者さんに寄り添い、安全・安心な療養環境を少しでも提供できるように、多職種で知恵と力を合わせて看護を行っています。
学生実習では経験豊富な臨地実習指導者が手厚く指導し、豊かな学びの場となるように全面的に支援しています。PNSのもと互いに支え補い高めあい、研究発表や業務改善企画発表などを行い、日々研鑽に努めています。

東病棟6階:眼科/皮膚科/整形外科

東病棟6階は、眼科、皮膚科、整形外科の混合病棟です。眼科は白内障・緑内障・網膜剥離などの患者の手術を行っています。加齢に伴う疾患が多いため、既往歴のある高齢の患者さんが多く入院しています。在院日数が短いため入院時から退院後の生活を見越して情報収集や社会資源を活用できるよう調整しています。皮膚科は腫瘍、膠原病疾患、アトピー性皮膚炎といった幅広い疾患で手術、陰圧療法、軟膏処置を行い、毎日皮膚の観察やケアをしています。整形外科は術後のリハビリ期の患者の治療、看護を行っています。「患者の持つ力を信じて、その力を引き出す看護」をモットーに、患者さんに寄り添った看護が行えるようスタッフみんなで力を合わせて頑張っています。

東病棟5階:総合内科/消化器内科/腫瘍内科

消化器内科・総合内科48床の病棟です。現在癌での死亡上位のうち、肺がんを除く4つが消化器癌となっています。消化器内科では、消化管や胆膵疾患に対する内視鏡的検査・治療や肝臓疾患に対する集学的治療を行っています。総合内科では、診断が確定していない不明熱や悪性腫瘍の診断において、専門医がチームを組んで診療にあたっています。私たち看護師は、患者・家族も医師や他職種と同様にチームの一員と捉え、患者・家族に寄り添い、想いを支える看護の提供を目指しています。

東病棟4階:整形外科

整形外科単科の45床の病棟です。脊椎疾患、関節(膝、股、足)疾患、上肢の外科、腫瘍の患者さんが主に手術を目的に入院されています。患者さんの年齢は学童期から超高齢の方まで幅が広いですが残存機能を最大限に生かし、患者さんに応じたセルフケア能力を高める自立支援をめざしています。また、退院後にどこでどのような生活を送りたいか、患者さんやご家族の想いを大切にしつつ、退院後の生活を見据えた支援を多職種と連携・協働しながら取り組んでいます。

東病棟3階:泌尿器・副腎・腎移植外科/腎臓内科/整形外科/血液浄化療法室

東病棟3階は、昨年度からユニット化となり、泌尿器/副腎/腎移植外科・腎臓内科・整形外科病棟、血液浄化療法室、泌尿器科外来を担当しています。手術、腎臓移植、化学療法、放射線療法、透析導入など先進医療技術を駆使した治療を受ける方々を対象にしています。外来から入院、退院後に関わることで、様々な状況下での患者さんや家族の揺れ動く気持ちに寄り添い、患者さんの希望に沿った支援・サポートをこころがけケアを提供しています。
排泄に関する専門の看護師、腹膜透析指導看護師、腎臓病療養指導士、血液透析看護師、移植レシピエント・コーディネーターの専門的知識をもつ看護師が関り、病気の回復・予防、自己管理ができるよう努めています。また、昨年度から内科外来と協力し腎代替療法選択外来を行い患者さんがより良い治療法を選択できるよう多職種と連携し支援しています。

東病棟2階:小児科/小児外科/形成外科・美容外科

0歳の新生児から思春期までと幅広い年齢の子どもたち、あらゆる疾患の子どもたちが入院している小児病棟です。病気や怪我、障害を持っていても、その子らしく成長・発達していけるように子どもと家族に寄り添いながら、さまざまな職種のスタッフと協力して援助しています。子どもたちと家族がたくさん笑顔になれるよう、鋭い洞察力を養い、家族へのケアも大切に、信頼される看護を目指し、日々奮闘しています。私たちは「子どもたちの成長と病気を乗り越えるチカラ」を支援しています。

東病棟1階:腫瘍内科/緩和/放射線診断科/麻酔・ペインクリニック科/RI病床

東病棟1階は、腫瘍内科、放射線診断科、麻酔・ペインクリニック科の14床と外来化学療法室がひとつになった病棟です。がん化学療法、放射線治療(小線源療法・ヨウ素内容療法)、神経ブロックなどの治療をはじめ、がんと診断されたときから痛みなどの苦痛な症状を和らげる緩和ケアまで、幅広い病態の患者さんを対象としています。外来化学療法室と病棟がひとつになったことで、外来通院中から関わっている看護師が入院中も継続してケアを提供できるため、安心感につながっています。私たち看護師は、患者さんとご家族の思いに寄り添い、「その人らしく生きる」ことを支えられるように心がけています。

東病棟1階:外来化学療法室

外来化学療法室は、2019年6月より20床のワンフロアでの運用を行っています。
年々、外来化学療法の治療件数は増加傾向を示し、1ヶ月に約600件程度となり、生物学的薬剤、新薬の開発に向けた治験薬の実施など、高度で最新の点滴治療を行っています。
5~6名程度の看護師が、安全・確実な治療の提供と共に、安楽な療養生活が送れるよう、患者・家族へのセルフケア支援に日々取り組んでいます。

このページの先頭へ