看護学科紹介

看護学科長 佐々木 睦子
看護学科長 佐々木 睦子

医学部看護学科は平成8(1996)年に看護学に関する教育・研究を行うことを目的として設置され、平成12(2000)年に看護学専攻(大学院修士課程)が設置されました。

看護学科では生命の尊厳を基本として、看護の問題を総合的に判断し解決できる知識や実践能力を養い、国際的な幅広い視野で地域保健医療の向上に寄与できる看護職者を育成することを目指しています。

看護学科の特色

1.看護学士と保健師課程、養護教諭課程、看護探求科目の選択

入学定員は60人で、入学後所定の単位修得により看護師国家試験受験資格を得ることができます。また、平成24年度カリキュラム改正に伴い、幅広いカリキュラムを基盤として保健師課程や養護教諭課程、または看護探求科目を選択し、より専門性の高い分野を目指すことができるようになりました。保健師課程を選択した場合は保健師国家試験受験資格、また、教職課程を履修することで養護教諭1種の免許を得ることができます。看護探求科目は看護師課程で学んだ看護の実践能力をさらに深めることを目標としています。卒業後は主に看護師として全国の国公私立大学医学部付属病院や国公立病院、また、県内の行政保健師として、あるいは養護教諭として就職しています。国家試験は看護師、保健師ともに高い合格率を維持しています。

2.恵まれた教育環境

看護学科では学生自身の主体的な学習への取組や学習意欲の向上をはかるために、グループワークを積極的に取り入れています。また、学内には実践的な看護技術を習得するための看護シミュレータや教育教材が充実しており、社会で活躍できる知識と技術を習得できます。 総合大学であり、また同じキャンパス内に医学科があることから、自らの専門性を高めつつ、他学部との交流をとおして、協働性や視野の広がりを学ぶことができます。 このような教育環境の中で、いつでも相談できる指導教員制度の導入等、フォロー体制も充実しています。

3.附属病院との連携による充実した実習環境

看護学教育において重要な位置づけの臨地実習は、同じキャンパス内にある医学部附属病院で多くの実習を行っています。学生一人ひとりの学びを重視して、臨床教授制度の導入や各部門に臨床実習指導者の配置等、看護学科教員と附属病院看護部や医師らと密接に連携して教育にあたっています。

平成29年度入試より、高校生の多様な能力や体験及び活動から、主体性・多様性・協働性を多面的・総合的に評価する入試「香川大学 ナーシング・プロフェッショナル育成入試(AO方式)」を実施します。

大学院の特色

大学院医学系研究科看護学専攻(修士課程)は、平成28年度より3分野10専門領域となり、生命と人間の尊重を基盤とし、保健医療、福祉及び社会の諸変化に柔軟に対応できる人材を育成することを目的としています。具体的には人々のQOL(Quality of Life)の向上を目指した科学的、実践的な課題解決ができる能力を有し、グローバルな視野で看護学の発展と人々の健康に寄与する研究を遂行できる人材の育成を目指します。
大学院では、有職者が離職することなく修学できるよう、昼間だけでなく夜間その他特定の期間等の開講や、申出により3年を就業年数とする長期履修制度があります。養護教諭一種免許状取得者は修了時の申請で、養護教諭専修免許状が取得できます。また、短期大学や専修学校等を卒業後一定期間の実務がある場合は、個別の入学資格審査により認められれば出願することも可能です。

グローバル人材の育成を目指し、国際的視野を持った看護職を養成するために、タイ国のチェンマイ大学看護学部と協定を結び、学部学生および大学院生の交流を積極的に図っています。

このように香川大学医学部看護学科は「高度な知識」と「専門的な技術」を備えた看護専門職になるための学習環境が整っています。看護のプロフェッショナルとして生涯にわたり研鑽しつつ活躍することができる情熱を持つ人の学びを全力でサポートしていきます。

香川大学医学部看護学科長 佐々木 睦子

関連ページ