臨床心理学専攻 教員紹介



【基礎心理学】  川人 潤子 准教授【基礎心理学】  川人 潤子 准教授

〈専門分野〉  臨床心理学・健康心理学

☆大学院を志すかたへ

大学院では、学部での学びをベースに、より専門的に心理臨床実践と研究について学びます。私は、面接技法演習や臨床心理実習Ⅱのような実習・演習科目、さらに心の健康教育に関する理論と実践のような講義・演習科目を担当します。また、臨床心理学研究法特論・課題研究では、心理学に関する研究を実施し、修士論文を執筆します。
私の専門領域は、健康心理学や臨床心理学ですので、以下のようなテーマで研究を進めています。

・抑うつや肥満に関する心理的基礎研究
・抑うつ予防やうつ病再発防止のための心理的実践研究
・肥満改善のための心理的実践研究
・神経性食欲不振症傾向に関する心理的ストレス研究      など

臨床実践と研究は両輪です。基礎的知見を実践に活用し、社会に役立てるような心理学的アプローチ方法を一緒に模索してみませんか。



【発達臨床心理学】  林 智一 教授【発達臨床心理学】  林 智一 教授
〈専門分野〉  心理臨床学、高齢者心理学、生涯発達心理学

☆大学院を志すかたへ

臨床心理士や公認心理師は、単位を修得して試験に合格すれば取得できる“資格”のひとつです。ただ、“ほんとうの意味での心理臨床家”とは、なりたいと希望すれば誰でもなれる、一定の努力さえすれば必ずなれる、というような性質のものではないように感じている私(の中のある一面)もまたあるということを、まずは率直に、誠実に、告白しておかねばなりません。
耳あたりの良い惹句を並べて、できるだけたくさんの受験者を募ったほうが(教員の職務としては、そしてこの文章の趣旨としては)良いのかもしれません。でも、私にはそれができません。

心理臨床家とはなんだろうか…。私自身、偉そうな“正解”を持っているわけではありません。答えの出ない問いを抱えて、悩みながら、なんとか日々を生きているだけです。
ですが、もし、こんな奇妙で、青くさい問いかけが少しでも気になったとしたら…あなたも、ここで、一緒に、臨床心理学を学んでみませんか?



【社会・集団心理学】  野口 修司 准教授【社会・集団心理学】  野口 修司 准教授
〈専門分野〉  臨床心理学、家族心理学、産業心理学

☆大学院を志すかたへ

臨床心理学は心理学の理論を用いて人の支援に役立てるという大変興味深くやりがいのある学問です。その一方で、人の人生に大きな影響を与えうるとても責任の伴う学問でもあります。大学院(修士課程)に進学する方は2年間でプロフェッショナルとなるための知識と技術を身につけなければなりません。それは当然ながら楽なことではないでしょう。しかし、楽しみながら学んでいくことはできます。同じ道を目指す同期・先輩・後輩といった仲間や私たち教員と一緒に2年間でプロフェッショナルとして自信を持って修了していけるように、適度なプレッシャーと責任感を持ちながら楽しく学んでいきましょう。



【心理アセスメント学】  橋本 忠行 教授【心理アセスメント学】  橋本 忠行 教授
〈専門分野〉 臨床心理学、協働的/治療的アセスメント、人間性心理学

☆大学院を志すかたへ

公認心理師や臨床心理士として、あらゆる人のこころの健康と成長を支援することを志すみなさんとともに学び、臨床に携わり、研究を進めていけることは大きな喜びです。わたし自身も「協働的/治療的アセスメントに関する実践的な研究を重ね、日本においても心理アセスメントをもっとヒューマニスティックなものにしたい」という気持ちを持ち続けています(詳細はPDFファイルかがアド第26号 研究者紹介(15-16ページ)(PDF:2525KB)」をご覧ください。)。

心理アセスメント・心理検査は一人ひとりの違いを理解し、その人にあった支援をともに考えるための方法です。医療・教育・福祉・司法・産業など幅広い分野で実践されています。
研究室では、①パーソナリティ検査、知能検査、症状評価尺度、神経心理学的検査、描画法などの臨床的活用、②心理アセスメント結果についての話し合い、③心理アセスメントにおけるナラティヴ・アプローチ、④それらについての質的・数量的効果研究、などに焦点を当てています。ぜひ扉を叩いてみてください。



【臨床心理面接学】  山田 俊介 教授 【臨床心理面接学】  山田 俊介 教授
〈専門分野〉  心理療法実践学、人間性心理学、グループ・アプローチ

☆大学院を志すかたへ

心理学系の大学院への進学を考えている学部生の相談にのっていると、自分の関心ある研究テーマから大学院を選択しようとしている姿によく出会います。進学の目的が研究者になることを目指しているのであれば、もっともだと思います。しかし、カウンセラーなどの心理援助者になることを目指している場合には、より重要なことがあると感じます。それは、その大学院では、心理援助者としての力がしっかりと、また自分に合った仕方で修得できるのかどうかということです。それぞれの大学院では、心理援助者を育成する内容・進め方に様々な違い・特色があります。それを知ることが重要ですし、自分はどのような心理援助者になりたいのか、どのような力を身につけたいのかということも大切になります。香川大学大学院の臨床心理学専攻では、教員一人あたりの担当学生数が少なく個々の学生に応じたきめ細かな支援を受けることができること、心理援助の様々なアプローチを専門とする教員がいること、精神医学・心身医学を専門とする医師の専任教員からも学ぶことができることなどの特色があります。

なお、私のゼミでの修士論文の指導についても少し触れると、教員の研究テーマに合わせようとするのではなく、私が応じられる範囲で、できるだけ学生一人一人の関心を尊重して、学生自らがテーマを選択していくことを支援しています。そのために、これまでの修士論文の主なテーマは、不登校、対人恐怖心性、性別違和、自己開示の困難さ、大学生の友人関係、母親との愛着、女性管理職の心理的プロセス、児童養護施設における職員の連携、小学校教員のストレスとスクールカウンセラーの援助など多岐にわたっています。


【心理療法実践学】  竹森 元彦 教授【心理療法実践学】  竹森 元彦 教授
〈専門分野〉 臨床心理学、カウンセリング学、心理臨床実践学

☆大学院を志すかたへ

さらに、臨床心理学を大学院で学びたいと思われている皆さんは、臨床心理学を学ぶとはどのようなことだろうと、とても不安を感じているかもしれません。私も、皆さんと同じように、この道に入ることに大変に悩みました。いろいろな悩みをもった人を支援するとはどのようなことであろうか、自分に、そのような力があるのか? 心理的支援とは、まずは、傾聴することが基本となります。なぜなら、悩み方や困り感は一人一人異なりますので、その悩み方を聴き取ることから始まるからです。私たちは経験したことのないことなので、傾聴するしかありません。話を聴きながら、少しずつ、その方の絶望が見えてくる。そうしてはじめて、共感が生じてくる。“共感”は、はじめからあるのではなく、その悩みに寄り添う時に、後から生じてきます。“そうだ、そういうことだったのか”と。それに、悩みはなくなることはありません。ただ、悩みと共に生きることの“勇気”を持つことなのです。語ることを聴いてもらったことによって、その絶望から、少しの希望が生まれてきます。そのお手伝いをします。とても深く、優しく、悲しく、鮮烈な時間。生と死、過去と現在と未来、が交錯する時間。そのような時間を共に生きるのです。そのような時間を一緒に生きてみませんか?(拙著“心の生まれる場所”、“メランコリーチェア”などをご参照ください) もしかしたら、皆さんは話を聴くとはとても苦しいと思われているかもしれません。共に生きることは、私たちにも生きることを教えてくれる新鮮な経験であります。“ケア”は、与えるものではなく、たくさんのことを頂く過程でもあるのです。

修士論文があることも大学院の醍醐味です。研究者の卵として、地域のお困りの方のお話を聴き、それを共に解消する方法や概念を追及して、その方々が少しでも過ごしやすい社会に貢献します。例えば、社会的問題となっている不登校やひきこもり、虐待、その当事者や家族など、どのように理解し支援していけばよいのでしょうか。大学院では、実際のその方々の苦悩を見聞きしたことから考えます。一人一人が地域の中で課題をみつけて、自分の問題として考えていきます。クライエントから学び(教えてもらい)、地域社会に貢献する姿勢と力をもった心理臨床家の卵になるということなのです。


【心理実践指導学】  坂中  尚哉 准教授【心理実践指導学】  坂中 尚哉 准教授
〈専門分野〉 
臨床心理学・臨床スポーツ心理学

☆大学院を志すかたへ

こころの専門家に興味を持たれた皆さまへ。私たちの心理専門職への道程は、 極めてコツコツと歩む地味な営みです。
奥ゆかしく、謎めいたこころの世界に接近するために一緒に悩み、考えて行きたいと思っています。


【心理実践教育学】  谷渕  真也 准教授【心理実践教育学】  谷渕 真也 准教授
〈専門分野〉 
臨床心理学・コミュニティ心理学

☆大学院を志すかたへ

私の担当する心理実践教育学講座では,①行動論によるアセスメント、②コミュニティ・アプローチ、③文化的多様性を中心に据えて教育・訓練・研究を行います。
私が実務経験をもち大学院生を効果的に教育できると思われる臨床領域は、学生相談、中学・高校スクールカウンセリングです。

また、これまでの私自身や大学院のゼミ生の研究テーマの例は以下の通りです。
・ 滞日外国人児童生徒への心理的教育的支援
・ 外国人住民のソーシャルサポート・ネットワーク
・ 地域ボランティアの活動継続に関する心理的プロセス
・ 社会福祉法人の公益的取組における地域連携の成果と課題
・ 友人からの勧めが学生相談機関の利用に及ぼす影響

ここまでの中に興味を惹かれるキーワードを見つけた方はぜひ研究室の扉を叩いてみてください。


【心理実践職能学】  長谷  綾子 講師
〈専門分野〉 
臨床心理学、医療臨床、多職種協働

☆大学院を志すかたへ

心身の困難や生きづらさを抱える方々の支援に携わる仕事は、決して心理職ひとりで成し得るものではありません。大学院では、演習や実習を通じて、仲間や現場のスタッフ、そしてクライエントとかかわり合うことにまつわる悩みや苦しみ、そして喜びといったかけがえのない体験を得ることになるでしょう。皆さんと一緒に学ぶことを楽しみにしています。


【心身医学】  神原 憲治 教授【心身医学】  神原 憲治 教授
〈専門分野〉  心身医学、心療内科学、応用精神生理学

☆大学院を志すかたへ

医学系研究科臨床心理学専攻の心身医学では、こころとからだの関係について、疾患から健常にまたがる人の実際の病態や心理的特性に即した、より深い教育と研究を行います。以下、具体的な教育・研究テーマの例です。

・心理社会的ストレスと人間の健康状態や身体症状は、どのようなプロセスで影響しあっているのか。
・心身症、ストレス関連疾患や、生活習慣病などの身体疾患はどんな病態を持ち、どんな心理的アプローチが期待されるか。
・自己の身体や感情への気づきは人間の健康や疾患においてどんな意義を持つのか。

心身医学や心療内科学に興味のある皆さんの、学びへの志をお待ちしています。


【精神医学】  黒滝 直弘 教授【精神医学】  黒滝 直弘 教授
〈専門分野〉  臨床精神医学、人類遺伝学

☆大学院を志すかたへ

1. ケースフォーミュレーションと多職種連携
様々な治療や支援の場において、目の前のクライエントをどう見立て、どのような介入が適切か。そこには単にクライエントに共感し傾聴し、物語を追うだけではなく、エビデンスに基づいた情報が必要であり、共通言語による情報共有や意思疎通が極めて大事になってきます。公認心理師の責務でもあり、諸学会でのキーワードである「多職種連携のあり方」は、香川大学医学部臨床心理学科と大学院においても、もっとも力の入れている課題で、本講座では主に精神医学の立場からこの問題に取り組んでいます。

2. 分子遺伝学による精神疾患の原因解明と治療法の開発
有効な治療法や支援法を開発するために、多因子疾患である精神疾患の原因を解明します。しかしながら解析には通常、多数の症例を必要とし結果、膨大な費用を要します。本講座では少数例でも解析が可能となるように、香川大学医学部附属病院、香川県内の医療機関、さらには長崎大学原爆後障害医療研究所 人類遺伝学研究分野(原研遺伝)教室との綿密な共同研究の上で、主に家族集積症例の研究を行っています。

このように本講座では、臨床に基づいた基礎研究を重視し、勉強会や学会での発表を行う姿勢を大事にしたいと思っています。

心身医学や心療内科学に興味のある皆さんの、学びへの志をお待ちしています。