医学科の入試が変わります

香川大学医学部医学科は、学力の3要素(知識・技能、思考力・判断力・表現力、主体的に協働して学ぶ態度)を多面的・総合的に評価し、アドミッションポリシー(AP)に合致した学生を募集するために、入学者選抜方法を一部変更します。

・学校推薦型選抜Ⅱ
定員を5名増の30名とし、高校あたりの推薦人員も増やします。また、大学入学共通テストを、従来の3教科5科目から5教科7科目を課すこととし、より幅広い教科の能力を問うこととします。
個別学力試験小論文Ⅱ(理科系論述)では、理科の履修科目の違いによる受験生の不安感を解消するため、3題中2題を選択して解答するようになります。

・一般選抜(前期日程)
定員を20名増の79名とします。また、大学入学共通テストと個別学力試験の配点を700点:700点に変更し、より深いレベルで学力の3要素を評価する選抜方法とします。

・後期日程入試
学力の3要素とAPにかなうとともに、地域医療に貢献できる学生を求めるため、この区分枠での募集を廃止することとします。
 
詳細はこちらを参照して下さい