私たちの目指す精神看護学について

精神看護学は、全ての人を対象として精神健康の保持増進を目的とする学問です。人は、人との関わりや社会の中で、時に疎外感や孤立を体験することがあります。しかし、人によって傷ついた心は人によって癒され、他者との出会いに支えられ、成長していくことができます。この人間という存在が持つ精神は、目で見ることも手に触れることもできませんが、精神を持つ人間だけが、自己を成長させる潜在的な可能性をもっています。

看護系大学では、すべての学生が精神看護学を学びますが、様々な理論や方法論を学んでも、“精神のことは、よくわからない”という感覚が拭えないのも事実です。時代とともに疾患概念や精神障害者への処遇が変遷することや、精神というものの全容を科学的に捉えきれないことに加えて、そもそも、人生と言うものが多様で難しいために、どのような支援が本当にその人にとって最善なのか、はっきりと確かめることができないからかもしれません。

心の病に対する人々の反応は様々ですが、スティグマ(差別的態度や偏見)は最も大きな問題です。看護者には、精神障害者がその人らしく生き生きと地域で生活できるよう、社会との架け橋となる姿勢が求められます。

精神看護学は、一般にはあまり知られていない学問領域ですが、わが国の専門看護師制度の中では最も歴史があり、全国で多くの精神看護専門看護師が活躍しています。また、精神看護の高度な専門性を活かして、独立開業する看護師も誕生しており、今後、地域での精神看護のさらなる充実が期待されています。

ストレス社会とされる現代の日本社会で、一人一人が人生各期を通じて精神健康を保ち、心の発達を促すケアができるよう、学部では基礎となる実践力を養います。以下に、本学での精神看護学教育の概要を紹介します。

画像:イメージ

精神看護学教育について

誠実に、心に寄りそう

豊かな感性や教養、そして自己の確固たる看護観を備えた看護職となるために、精神看護学での学びは大きな役割を担います。精神看護では、対象となる方の話に耳を傾け、思いを聴き、受けとめていく共感的かかわりが基本となります。その際、言葉にならない心の声を感じ取ろうとする姿勢も必要です。他者の心に寄り添い続けるには自己洞察が欠かせませんが、対象に向き合う時、人は自らの未熟さに直面します。学部での講義や臨地実習を通して、自己を客観視し、課題を解決しながら、誠実に、謙虚に、病む人の心に寄り添える態度を養っていきたいと思います。

また、看護者の心身の健康は、看護実践における重要な資本です。健全な心身を土台に、先の見えにくい時代の中でも希望に向かって自己変革できる存在でありたいと願っています。生涯にわたる自己成長の出発点となる看護基礎教育において、自己理解を深めながら軸となる価値や看護観を築くことができるよう、ともに学んでいきたいと思います。

画像:イメージ

授業科目

画像:年次別授業科目

2年次

精神看護学概論

精神看護学概論は、精神の健康や精神保健活動における基本概念、精神障害者と家族・社会の関わりにおける看護の役割、地域生活における精神看護の専門的活動など、精神看護の基本的な理解を得るための導入科目です。精神看護の第一線で活躍する専門家による講義や、精神障害へのイメージのしづらさを補うために、映像などの教材も活用しながら学習していきます。また、精神科医療や精神保健福祉において、チームの中で対象と関わる看護職として、共に生活支援を担う精神保健福祉士などとの協働のあり方についても考えていきます。

精神疾病論

精神疾病論は、精神看護において必要となる精神疾患に関する知識の習得を目的とする科目です。香川大学医学部附属病院の精神科医師による講義を通して、精神医学の歴史や法律、代表的な疾患や治療法の概要について学びます。

精神援助論

精神援助論では、疾患別の看護の基本知識を得るとともに、実際に病棟実習を想定しながら、ロールプレイを通したコミュニケーション技術やリラクセーション技術などの習得に向けて演習を行います。また、当事者の方が心の病気にかかることでどのような体験をしているのか、当事者に学ぶ姿勢を大切にしています。統合失調症を抱えるご家族やアルコール依存症の当事者の方々のお話を聴かせていただきます。体験談などの学びを通して、リカバリーを目指した看護のあり方について、自分の考えを深めていきます。

精神援助論 講義

3年次

精神看護学実習

講義や演習で学んだ知識と技術を統合し、精神の健康障害をもつ対象者への看護の基礎実践力を養います。また、対象者との関わりを通して自分自身を見つめる機会をもつことで、自己成長に向けた課題についても考えることができます。

実習場所
精神科病棟実習
香川大学医学部附属病院精神科神経科病棟
医療法人社団玉藻会 馬場病院(急性期病棟見学実習を含む)
地域精神保健実習
断酒会
医療法人社団光風会 三光病院 断酒センター
デイケア
医療法人社団以和貴会 いわき病院 精神科デイケア グリーンホープ
地域活動支援
障害者地域活動支援センター むつみ会第1・第2作業所
障障害者地域生活支援センター ほっと
地域活動支援センター クリマ(見学実習)
ライブサポートセンター(見学実習)
就労移行・就労継続支援、自立訓練(生活支援)
障害者福祉サービス事業所 かわしま
自立訓練・就労継続支援B型事業所 牟原寮(見学実習)
就労移行・就労継続支援B型事業所 ワイワイ創造館(見学実習)
グループホーム(見学実習)
コミュニティハウス未来
相談支援事業(見学実習)
障害者地域生活支援センター ほっと
障地域活動支援センター クリマ
ライブサポートセンター

4年次

統合実習

3年次の領域別実習における学習をふり返り、学生個々の能力や適性、志向に適合する分野を選択し、各自の学習課題の解決にむけた実習を行います。

実習を通して看護実践能力を高めるとともに、精神看護や地域精神保健に関する学びや理解を深めることで、精神看護観の形成を図ります。

看護研究

看護学における研究の必要性や意義について学習し、看護研究活動の基盤となる研究方法を学びます。

精神ゼミでは、グループで協力しながら、学生の興味や関心に根ざした研究を行っていますが、これまでは、広義の精神保健に関連する基礎的研究や、看護大学生自身の成長につながるアイデンティティに関連するテーマでの研究をしています。

過去の研究テーマ
  • 看護大学生の生活習慣と自己肯定感の関連
  • 看護学生に対するHRVを用いたほうじ茶摂取によるリラックス効果の検討
  • 看護系大学生のキャリアコミットメントと臨地実習における経験との関連の検討

教育環境

精神看護学のカンファレンスルームでは、学習支援のための専門書や学会誌などを閲覧することができます。また、看護研究において論文の検索やデータ分析、論文の執筆に使用できるようパソコンを設置しています。

実習でのレクリエーションで使用するための楽器や様々な物品も準備しており、学生のアイデアを実習場所で活かすことができます。

教員紹介

渡邉 久美教授

認知症専門病棟での臨床看護、看護系大学での精神看護学教育及び、大学院での保健師養成課程における教育を経て、現職に至る。
岡山大学医学系研究科小児医科学で、摂食障害の家族支援に関する研究テーマで博士課程修了。(医学博士)

地域で生活する精神障害者や、その家族の生活を視野に入れた看護の視点を養う教育研究を目指しています。
今後、精神看護の重要性が高まる背景を認識し、地域やそれぞれの持ち場で、自律した精神看護活動ができる専門職を育成したいと考えています。

> 研究実績(研究者サイトへ)

上野 知恵子助教

教育においては、学生ならではの感性や気づきを大切にしながら、対象に寄りそう看護について学生とともに考え、互いに成長できるような関わりや指導を心がけています。

また研究においては、心拍変動による自律神経活動の解析を用いて、睡眠やストレスと自律神経活動の関連の検討に取り組んでいます。

> 研究実績(研究者サイトへ)

精神看護学研究室における研究テーマ

在宅認知症高齢者の介護家族の支援に関する研究

  • 訪問看護師によるパートナーシップに基づく支援モデルの構築

セルフナーシングによる健康生活行動改善の効果検証

  • 睡眠セルフケア行動と自律神経活動(HRV)との関連
  • 精油の生活への取り入れによる健康指標への影響の評価

心のケアを必要とする子どもとその家族への支援

  • 看護職と養護教諭の職種間連携による摂食障害児の家族支援プログラムの開発
  • 養護教諭を中心とする生徒の精神健康の多職種連携のあり方に関する研究

看護学生・看護職のメンタルヘルスに関する研究

  • 精神看護学教育における精神看護コミットメントの概念検討
  • 日本語版看護学生ストレス尺度の開発
  • 特殊な部署に転属した看護師のメンタルヘルス支援に関する基礎的研究