学会発表

| TOP | 利用者数 | 学会発表 | 関係論文

学会発表

2018

  • Ken-ichi Ohta,Singo Suzuki, Takanori, Miki, How can maternal deprivation cause developmental disorders?, 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies. March 28-31, 2019.
  • 太田 健一、小澤 徹、鈴木 辰吾、三木 崇範. 母子分離による社会的認知能力の低下とその原因. 日本解剖学会第73回中国・四国支部学術集会. 2018年10月.
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Katsuhisa Kawai, Smriti Sultana Binte Mustafiz, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda Characterization of cytosolic phospholipase A2ɛ: phosphatidylserine-stimulated production of N-acyl-phosphatidylethanolamine,28th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, Leiden, Netherlands (2018. 6. 30-7. 5)
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Katsuhisa Kawai, Smriti Sultana Binte Mustafiz, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda Analyses of Purified Cytosolic Phospholipase A2ε from Humans and Mice Reveal the Stimulatory Effect of Phosphatidylserine,第59回日本生化学会中国・四国支部例会・米子 (2018. 5. 26-27)
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Katsuhisa Kawai, Smriti Sultana Binte Mustafiz, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda Enhancement of Cytosolic Phospholipase A2ε-catalyzed Formation of N-Acyl-phosphatidylethanolamine by Phosphatidylserine,第60回日本脂質生化学会・八王子 (2018. 5. 31-6. 1)
  • 宇山徹,Zahir Hussain,川合克久,Smriti Sultana Binte Mustafiz,坪井一人,荒木伸一,上田夏生 ホスファチジルセリンによるN-アシルエタノールアミン生合成の制御,日本ビタミン学会第70回大会・高槻 (2018. 6. 22-23)
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Katsuhisa Kawai, Smriti Sultana Binte Mustafiz, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda Analyses of Purified Cytosolic Phospholipase A2ε from Humans and Mice Reveal the Stimulatory Effect of Phosphatidylserine,第91回日本生化学会大会合同大会・神戸 (2018. 9. 24-26)
  • 鍋加浩明、土居原拓也、Md Sakirul Islam Khan、下川哲哉、小林直人、川合克久、荒木伸一、松田正司、培養細胞における神経栄養因子プロサポシンの細胞内動態、第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、2019年3月27日~2019年3月29日、 新潟県新潟市
  • 膵β細胞株INS-1においてAngiotensinⅡがABCA1遺伝子発現、インスリン分泌に及ぼす影響について福長健作、井町仁美、呂 静雅、董 涛、山地 直、佐藤誠祐、小林俊博、井端智裕、米崎加津子、菊池 史、吉本卓生、村尾孝児第61回日本糖尿病学会年次学術集会 東京 2018年5月24日~26日 口演
  • 膵β細胞株INS1でのABCA1遺伝子発現に対するTNFαの影響について佐藤誠祐、呂 静雅、山地 直、小林俊博、井端智裕、米崎加津子、福長健作、菊池 史、吉本卓生、井町仁美、村尾孝児第61回日本糖尿病学会年次学術集会 東京 2018年5月24日~26日 口演
  • Exendin-4 inhibits glucagon expression via CaMKK/AMPK/Fox01 pathway in pancreatic alpha cellsJingay lyu, Tao Dong,井町仁美、福長健作、佐藤誠祐、井端智裕、小林俊博、米崎加津子、吉本卓生、菊池 史、山地 直、村尾孝児第61回日本糖尿病学会年次学術集会 東京 2018年5月24日~26日 口演
  • ABCAⅠ遺伝子発現からみるTNF-αのインスリン分泌に関する影響佐藤誠祐、呂 静雅、佐伯岳信、𠮷岡佑紀、小林俊博、井端智裕、水本加津子、福長健作、吉本卓生、井町仁美、村尾孝児日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会 山口 2018年10月26日~27日 口演
  • 膵β細胞株INS-1でAngiotensinⅡがABCA1遺伝子発現、インスリン分泌に及ぼす影響について福長健作、井町仁美、呂 静雅、董 涛、佐藤誠祐、井端智裕、小林俊博、佐伯岳信、𠮷岡佑紀、水本加津子、吉本卓生、村尾孝児日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会 山口 2018年10月26日~27日 口演
  • 脂質代謝からみた糖尿病 村尾孝児 平成30年度日本臨床衛生検査技師会中四国支部医学検査学会(第51回) 2018年11月24日 高松 特別講演
  • 張 霞, 劉 大革, 田岡 利宜也, 杉元 幹史, 筧 善行 膀胱がんにおけるRRM1抑制アデノウイルスベクターの抗腫瘍効果およびGEM耐性の克服
  • 松岡 祐貴, 阿部 陽平, 内藤 宏仁, 宮内 康行, 田島 基史, 加藤 琢磨, 田岡 利宜也, 常森 寛行, 上田 修史, 杉元幹史, 筧 善行 In-Vitro Cytocidal Effect of Warm Sterile Water on Bladder Cancer Cells.
  • 吉田裕美,小嶋勝博,神鳥成弘,早出広司,「Burkholderia cepacia 由来FADグルコース脱水素酵素のX線結晶構造解析」,第18回日本蛋白質科学会年会,2018年6月,新潟
  • Hiromi Yoshida, Akihide Yoshihara, Pushpa Kiran Gullapalli, Kouhei Ohtani, Kazuya Akimitsu, Ken Izumori and Shigehiro Kamitori, “X-ray structure of Arthrobacter globiformis M30 ketose 3-epimerase which is useful for D-allulose production”, 43rd FEBS Congress, July 7-12, 2018, Prague (Czech Republic)
  • 吉田裕美,吉原明秀, 加藤志郎,望月 進,秋光和也,何森健,神鳥成弘,「Methylomonas sp.由来D-アルロース3-エピメラーゼの発現と構造解析」,2019年度農芸化学会大会,2019年3月,東京
  • 神鳥 成弘,玉井 栄治,関谷 洋志,牧 純,成谷 宏文 「「X-ray structure of Clostridium perfringens CPE1138 catalytic domain hydrolyzing bacterial cell wall」第91回日本生化学会大会,2018年9月24-26日(京都)
  • 小川 崇、野中 康宏、東海林 博樹、舘野 浩章、平林 淳、西 望、中村 隆範
  • ヒト大腸がんおよび正常腸組織におけるガレクチン-4の発現及び機能解析 第91回日本生化学会大会 9月24日~26日 京都
  • 野中康宏, 小川崇, 東海林博樹, 西望, 中村隆範 ガレクチン-1の二量体形成能についての熱量測定および分光測定による解析」第18回日本蛋白質科学会年会、2018年6月
  • 野中康宏, 小川崇, 東海林博樹, 吉田裕美, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範「ガレクチンの立体構造と糖鎖結合能の相関性についての解析」第91回日本生化学会大会、2018年9月
  • Alcadein αノックアウトマウスは加齢で網膜神経節細胞が脱落する 第122回 日本眼科学会総会
  • Retinal Ganglion Cell Loss in Alcadeinα Knockout Mice ARVO 2018: The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting
  • シナプス形成抑制因子MDGA1の欠損は興奮/抑制バランスの抑制側へのシフトによる学習・記憶障害をもたらす 第41回日本神経科学大会
  • Synaptopathies associated with loss of MDGAs 17th Annual Molecular and Cellular Cognition Society Meeting
  • MDGAファミリー分子群の欠失が引き起こすE/I バランス偏移に伴う認知・行動異常の解析 日本薬学会第139年会
  • Niki T. Galectin-9 As a Novel Severity Marker of Infectious Disease and Its Degradation Product. 研究会:グローバル感染症を学ぶ, 2018.09.10
  • Niki T. Galectin-9 Measurement:Trial of POCT. 研究会:Diagnosis of tropical infectious disease. 2019.02.15
  • Hiroyuki Saiga, Ryo Miyazaki, Katsuaki Hoshino. Molecular mechanisms regulating type I interferon induction in plasmacytoid dendritic cells. 第47回日本免疫学会総会・学術集会 2019年12月 福岡
  • R. Miyazaki, H. Saiga and K. Hoshino. The mechanism of action of Spi-B in transcriptional activation of the interferon-a4 gene. 第47回日本免疫学会総会・学術集会 2019年12月 福岡
  • (Pro)renin receptor promotes colorectal cancer through Wnt/beta-catenin signalling pathway despite of constructive mutations. 西山 成、柴山弓季、ワンジュアン 第91回日本内分泌学会学術総会,宮崎市,2018.4
  • Treatment with the SGLT2 inhibitor Iuseogliflozin attenuated renal capillary injury and fibrosis after renal ischemia/reperfusion injury in mice. 西山 成、人見浩史、中野大介 第91回日本内分泌学会学術総会,宮崎市,2018.4
  • SGLT2阻害薬の抗腎線維化メカニズムの探求 西山 成、中野大介 第55回日本臨床分子医学会学術集会,京都市,2018.4
  • Treatment with the SGLT2 inhibitor Iuseogliflozin attenuated renal capillary injury and fibrosis after renal ischemia/reperfusion injury in mice. 西山 成、人見浩史、中野大介 第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,宮崎市,2018.4
  • アデニン投与腎貧血ラットにおけるSGLT2阻害薬のエリスロポエチンに対する影響 西山 成、人見浩史、山﨑大輔 第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,宮崎市,2018.4
  • (プロ)レニン受容体過剰発現によって生じるヒト膵管上皮細胞ゲノム障害 西山 成、安田 純、山﨑大輔、清元秀泰、谷内田真一、柴山弓季 第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,宮崎市,2018.4
  • キマーゼによる腎臓局所アンジオテンシンⅡ産生による高血圧の進展 西山 成、中野大介、人見浩史、アンサリーチュバ 第22回日本心血管内分泌代謝学会学術総会,宮崎市,2018.4
  • 食塩投与CKDラットにおけるSGLT2阻害薬の血圧と交感神経に対する作用 西山 成、藤沢良秀、Wang Ningning 第7回臨床高血圧フォーラム,京都市,2018.5
  • マウス腎内レニン・アンジオテンシン系制御機構におけるキマーゼの役割の検討 西山 成 、漆原 真樹 、浦田 秀則、中野 大介 、人見 浩史 、香美 祥二 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • (プロ)レニン受容体発現の亢進によって生じるゲノム不安定性の分子メカニズム 山崎 大輔、北田 研人 、森澤 紀彦、藤澤 良秀、中野 大介、人見 浩史、 Jens Titze、西山 成 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • (Pro)renin receptor promotes colorectal cancer through Wnt/beta-catenin signalling pathway despite of constructive mutations. 中野 大介、北村 裕亮、澤登 慶治、白神 豪太郎、西山 成 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • ラットに対する高食塩食投与は腎交感神経活性抑制と肝臓の尿素産生を亢進する 森澤 紀彦、北田 研人、山崎 大輔、藤澤 良秀、人見 浩史、中野 大介、Jens Titze、西山 成 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • iPS細胞由来エリスロポエチン産生細胞を用いた腎性貧血に対する細胞療法開発 人見 浩史、笠原 朋子、片桐 直子、保科 あずさ、前 伸一、小高 真希、豊原 敬文、Rahman Asadur、中野 大介、丹羽 明、齋藤 潤、中畑 龍俊、西山 成、長船 健二 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • 虚血再灌流後腎線維化のマウスモデル作成 中野 大介、Yu Guan、Yifan Zhang、西山 成 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • 近位尿細管糖取り込み調節による腎臓病治療戦略の可能性、総会長主導企画3 近位尿細管から見た腎障害の発症・進展機序と治療戦略 中野大介 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • Effects of the selective chymase inhibitor, TEI-F00806, on intrarenal renin-angiotensin system in salt-treated angiotensin I-infused hypertensive mice Tuba Ansary, Yoshihide Fujisawa, Maki Urushihara , Sayaka Nagata, Hidenori Urata, Daisuke Nakano, Hirofumi Hitomi, Shoji Kagami, Akira Nishiyama 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • Effects of a SGLT2 inhibitor on salt-induced hypertension and sympathetic nervous activity in adenine-treated CKD rats Ningning Wan, Yoshihide Fujisawa, Daisuke Nakano, Hirofumi Hitomi, Akira Nishiyama 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018
  • LPSによる急性腎障害においてANPは血管内皮細胞および近位尿細管に作用し改善効果を示す 中野大介, 北村裕亮, 澤登慶治, 白神豪太郎, 西山成, 第61回日本腎臓学会学術総会,新潟市,2018.6
  • (プロ)レニン受容体発現の亢進によって生じるゲノム不安定性の分子メカニズム 柴山弓季、山口央輝、高橋和男、湯澤由紀夫、西山 成 がん予防学術大会2018高松,高松市,2018.6
  • ダール食塩感受性ラットにおける新規非ステロイド性選択的ミネラルコルチコイドブロッカーエサキセレノン(CS-3150)の降圧・腎保護、ならびに尿中アンジオテンシノーゲンに対する影響の検討 西山 成、リ レイ、中野大介、小堀浩幸 第41回日本高血圧学会総会,旭川市,2018.9
  • SGLT2阻害薬は腎貧血モデルラットの血中エリスロポエチン濃度に影響を与えない 山﨑大輔、中野大介、小西啓夫、西山 成 第41回日本高血圧学会総会,旭川市,2018.9
  • iPS細胞を用いた慢性腎不全の次世代治療法-腎性貧血細胞治療の可能性 人見浩史、西山 成、長船健二 第48回日本腎臓学会西部学術大会,徳島市,2018.10
  • 高脂肪食負荷メタボリックシンドロームラットにおける糖代謝異常に対する長命草の効果 西山 成 第48回日本腎臓学会西部学術大会,徳島市,2018.10
  • 腎性貧血に対するSGLT2阻害薬の影響:アデニン投与ラットでの検討 西山 成、中野大介、人見浩史、小西啓夫、森川 貴、山崎大輔 第48回日本腎臓学会西部学術大会,徳島市,2018.10
  • Anemia disrupts long-term renal compensatory response 中野大介、Yu Guan、西山 成 第134回日本薬理学会近畿部会,神戸,2018.11
  • 貧血はネフロン数減少に伴う腎代償機能の発揮に影響する 中野大介、西山 成 第30回腎とフリーラジカル研究会,香川,2018.11
  • 低レニン高血圧である食塩感受性ラットにおける新規非ステロイド性選択的ミネラルコルチコイドブロッカーエサキセレノン(CS-3150) の降圧・腎保護、ならびに尿中アンジオテンシノーゲンに対する影響の検討 Li Lei、小堀浩幸、中野大介、西山 成 第54回高血圧関連疾患モデル学会,熊本,2018.12
  • 近位尿細管におけるLPS/TLR4 は間質への尿漏出を引き起こし、急性腎障害における乏尿を引き起こす 中野大介、Wan Ningning、北田研人、Helge Wiig、柳田素子、Titze Jens、西山 成 第54回高血圧関連疾患モデル学会,熊本,2018.12
  • 近位尿細管におけるLPS/TLR4は間質への尿漏出を引き起こし、急性腎障害における乏尿を引き起こす 中野大介、Wan Ningning、北田研人、Wiig Helge、柳田素子、Titze Jens、西山 成 第28回日本循環薬理学会,東京,2018.12
  • 低レニン食塩感受性高血圧ラットにおける新規非ステロイド性MR ブロッカーの降圧・腎保護、ならびに尿中アンジオテンシノーゲンに対する影響の検討 西山 成、中野大介、Li Lei 第28回日本循環薬理学会,東京,2018.12
  • Anemia disrupts renal compensatory responses in mice 中野大介、Guan Y、西山 成 第48回日本心脈管作動物質学会,富山市,2019. 2
  • 近位尿細管におけるLPS/TLR4は間質への尿漏出を引き起こし、急性腎障害における乏尿・輸液感受性不全を引き起こす 中野大介、Wan N、北田研人、Helge W、柳田素子、Titze J、西山 成 第48回日本心脈管作動物質学会,富山市,2019. 2
  • 尿中アンジオテンシノーゲンは「、ミネラルコルチコイドブロッカーの降圧・腎保護効果を予測する指標となりうるか?~低レニン食塩感受性高血圧ラットにおける検討~ 西山 成、小堀浩幸、中野大介、Li L 第48回日本心脈管作動物質学会,富山市,2019. 2
  • 低レニン食塩感受性高血圧ラットにおける新規非ステロイド性ミネラルコルチコイド受容体ブロッカーの降圧・腎保護作用 Effects of a non-steroidal selective of mineralocorticoid receptor antagonist, on blood pressure on hypertension and renal injury in low-renin salt-sensitive hypertensive rats 西山 成、中野 大介、リレイ 第92回日本薬理学会年会,大阪,2019. 3
  • リポポリサッカライドは近位尿細管に発現するTLR4を介して、尿細管腔から間質への尿の漏出を起こし、急性腎障害を発生させる Lipopolysaccharide induces filtrate leakage from tubular lumen to interstitial space via proximal tubular TLR4-dependent pathway 中野 大介、北田 研人、Wan Ningning、西山 成 第92回日本薬理学会年会,大阪,2019. 3
  • Effects of a SGLT2 inhibitor on blood pressure and sympathetic nervous activity in salt-treated CKD rats.Wan N Pulse of Asia 2018, Kyoto, May 2018.
  • Intravital imaging of renal pathophysiology and pharmacology. Nakano D 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2018, Kyoto, Jul 2018.
  • High Salt Intake Induces Catabolism Accompanied By Hepatic Urea Osmolyte Production And Decreases Renal Sympathetic Nerve Activity Morisawa N, Kitada K, Yamazaki D, Nakano D, Fujisawa Y, Nishiyama A AHA Joint Hypertension 2018, Chicago, Sep 2018.
  • (Pro)renin Receptor Promotes Colorectal Cancer through the Wnt/Beta-Catenin Signaling Pathway despite Constitutive Pathway Component Mutations. Nishiyama A, Shibayama Y, Wang J  AHA Joint Hypertension 2018, Chicago, Sep 2018."
  • Lipopolysaccharide Induces Filtrate Leakage from Tubular Lumen to interstitial Space via Proximal Tubular TLR4-Dependent Pathway in mice. Nakano D, Wiig H, Yanagita M, Titze J, Nishiyama A Kidney week 2018 / ASN annual Scientific meeting, San Diego/CA. Oct 2018.
  •  

2017

  • 西山 成、小西啓夫 食塩感受性高血圧の発症・進展における腎臓の役割 第90回日本内分泌学会学術総会
  • 西山 成、中野大介、人見浩史 腎虚血再灌流後に生じる慢性間質線維化におけるSGLT2阻害薬の予防効果 第54回日本臨床分子医学会学術集会
  • Li L、Konishi Y、Morikawa T、Nakano D、 Hitomi H、 Nishiyama A Effects of SGLT-2 Inhibitor and angiotensin Ⅱ receptor blocker on renin-angiotensin system in subtotal nephrectomized rats.第60回日本腎臓学会学術総会
  • Guan Y、Nakano D、Hitomi H、Nishiyama A Protease-activated receptor-1 antagonist protects the doxorubicin-induced podocyte injury in mice. 第60回日本腎臓学会学術総会
  • 中野大介、Yifan Z、西山 成 ルセオグリフロジンは虚血障害後の慢性的な線維化の進展を抑制する 第60回日本腎臓学会学術総会
  • Wan N、Fujisawa Y、Rahman A、Nakano D、Hitomi H、Nishiyama A Responses of arterial pressure to high salt intake in adenineinduced chronic kidney disease rats. 第60回日本腎臓学会学術総会
  • 真弓健吾、山野水紀、中野大介、山下徹志、野入英世、西山 成、南学正臣、土井研人 AKI to CKD transition研究に適した動物モデルについて  第60回日本腎臓学会学術総会
  • 中野大介、Guan Y、鈴木教郎、山本雅之、西山 成 エリスロポエチンはネフロンロスに対する長期腎代償性機構に必須である 第60回日本腎臓学会学術総会
  • 山﨑大輔、森川 貴、小西啓夫、西山 成 アデニン投与慢性腎不全ラットに対するSGLT2 第60回日本腎臓学会学術総会
  • 西山 成、中野大介、人見浩史、ラフィカジ 糖尿病マウスにおける新規非ステロイド性ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬エサキセレノンの腎保護効果  第60回日本腎臓学会学術総会
  • 高橋敬子、上田誠二、小林 敬、西山 成、藤澤良秀、菅谷 健、堀越 哲、鈴木祐介 腎交感神経除神経は慢性間欠的低酸素によるRAS系と酸化ストレス亢進を抑制し高血圧発症を抑制する  第60回日本腎臓学会学術総会
  • 祖父江理、西島陽子、守時政宏、大崎博之、串田吉生、筧 善行、西山 成、南野哲男 ドナー腎における尿細管老化度がレシピエント移植腎機能を規定する 第6回臨床高血圧フォーラム
  • 西山 成、藤澤良秀、Rahman A 非糖尿病ラットにおけるSGLT2阻害薬の腎循環・機能に及ぼす影響 第6回臨床高血圧フォーラム
  • 山﨑大輔、森川 貴、小西啓夫、西山 成 アデニン投与慢性腎不全ラットに対するSGLT2阻害薬のエリスロポエチンに対する影響 第6回臨床高血圧フォーラム
  • Guan Y、中野大介、人見浩史、平野勝也、西山 成 Proteinase-activated receptor-1 はポドサイト障害によるアルブミン尿の病態に関与する 第17回日本NO学会学術集会
  • 西山 成 腎臓病に対するPOCに基づいた新規診断・治療薬の開発戦略 第17回日本NO学会学術集会
  • 西山 成、張 一凡、中野大介 腎虚血再灌流後に慢性的に生じる線維化に対するSGLT2阻害薬の効果 第17回日本NO学会学術集会
  • 西山 成 脳心腎・糖代謝連関における腎交感神経の役割 第38回日本循環制御医学会総会
  • Guan Y、中野大介、Liu W、Yifan Z、Lei L、人見浩史、平野勝也、西山 成 Proteinase-activated receptor-1阻害による腎保護 第131回日本薬理学会近畿部会
  • 西山 成、中野大介、人見浩史、張 一凡 SGLT2阻害薬は急性腎障害後に生じる線維化を予防する 第17回日本抗加齢医学会総会
  • 西山 成、藤澤良秀、中野大介、人見浩史、ラフマンアサダ メタボリックシンドロームラットにおけるSGLT2阻害薬の交感神経と自発連動に対する影響 第17回日本抗加齢医学会総会
  • 中野大介、Guan Y、鈴木教郎、山本雅之、西山 成 エリスロポエチン欠損は腎臓における慢性的代償機能を破綻させる 第44回日本毒性学会学術年会
  • 中野大介、Guan Y、Liu W、張 一凡、Li L、人見浩史、平野勝也、西山 成 腎ポドサイト障害進展におけるProteinase-activated receptor-1の関与 第44回日本毒性学会学術年会
  • 西山 成、谷内田真一、柴山弓希 膵臓癌治療の新たなアプローチ The 76th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • 柴山弓季、安田 純、谷内田真一、西山 成 (プロ)レニン受容体発現の亢進は、ヒト膵管上皮細胞のゲノム不安定性を生じる The 76th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association
  • 中野大介、Zhang Y、西山 成 Treatment with the SGLT2 inhibitor Iuseogliflozin attenuated renal capillary injury and fibrosis after renal ischemia/reperfusion injury in mice.第2回黒潮カンファレンス
  • 中野大介、Guan Y、西山 成 Erythropoietin maintains long-term compenatory renal hypertrophy. 第2回黒潮カンファレンス
  • 西山 成、柴山弓季 プロレニン受容体による発癌メカニズム 第2回黒潮カンファレンス
  • 西山 成、柴山弓季 プロレニン受容体をターゲットとした癌治療の開発 第2回黒潮カンファレンス
  • 中野大介、Zhang Y、西山 成 Treatment with the SGLT2 inhibitor Iuseogliflozin attenuated renal capillary injury and fibrosis after renal ischemia/reperfusion injury in mice.第2回黒潮カンファレンス
  • 西山 成、ラフィー カジ 高食塩投与2型糖尿病KKAyマウスにおける、非ステロイド性の新規選択的ミネラロコルチコイド受容体抗薬であるエサキセレノンの降圧・腎保護作用 第2回黒潮カンファレンス
  • Wan J 、柴山弓季、西山 成 (Pro)renin receptor promotes colorectal cancer through Wnt/beta catenin signalling pathway despite of constructive mutations.第2回黒潮カンファレンス
  • Wang J、柴山弓季、小堀浩幸、西山 成 High glucose augments angiotensinogen in human renal proximal tubular cells through hepatocyte nuclear factor 5. 第2回黒潮カンファレンス
  • Ansary T、藤澤良秀、西山 成 Responses of renal hemodynamics and tubular functions to acute sodium glucose cotransporter 2 inhibitor administration in non diabetic anesthetized rats. 第2回黒潮カンファレンス
  • Ansary T、西山 成 Possible role of intrarenal chymase in the development of hypertension in salt-treated angiotensin I-infused hypertensive mice. 第2回黒潮カンファレンス
  • Guan Y、中野大介、Zhang Y、西田基宏、栞原孝成、平野勝也、西山 成 Inhibition of protease activated receptor 1 protects against podocyte injury in mice. 第2回黒潮カンファレンス
  • Guan Y、中野大介、Zhang Y、西山 成 簡便な腎線維化モデル作成法 第2回黒潮カンファレンス
  • Li L、Guan Y、西山 成 Effects of esaxerenone(CS-3150),a non steroidal selective of mineralocorticoid receptor antagonist, on blood pressure and renal injury in Dahl salt-sensitive rats 第2回黒潮カンファレンス
  • Li L、西山 成 Effect of a SGLT2 inhibitor on activity of systemic and intrarenal renin-angiotensin system in subtotally nephrectomized rats. 第2回黒潮カンファレンス
  • Wang N、藤原良秀、西山 成 Responase of a arterial pressure and sympathetic nerve activity to high salt intake in adenine treated CKD rats.
  • Wang N、藤原良秀、西山 成 Effect of a SGLT2 inhibitor empaglifrozin, on circadian rhythm of blood pressure and sympathetic nervous activity in salt-treated metabolic syndrome rats. 第2回黒潮カンファレンス
  • 人見浩史、長船健二、西山 成 iPS細胞を用いたエリスロポエチン産生細胞による腎性貧血に対する細胞療法の検討 第2回黒潮カンファレンス
  • Wan N、Fujisawa Y、Nakano D、Hitomi H、Nishiyama A. Responses of Blood Pressure and Sympathetic Nerve Activity to High Salt in Adeninetreated CKD Rats. 第40回日本高血圧学会総会
  • Wang J、Shibayama Y、Nishiyama A. (Pro)renin Receptor Promotes Colorectal Cancer through Wnt/beta-catenin Pathway Despite of Constructive Mutations. 第40回日本高血圧学会総会
  • Ansary T、Fujisawa Y、Urushihara M、Nagata S、Urata H、Nakano D、Hitomi H、Kagami A、Nishiyama A. Effects of the Selective Chymase Inhibitor, TEI-F00806, on Intrarenal Renin-angiotensin System in Salt-treated Angiotensin I-infused Hypertensive Mice. 第40回日本高血圧学会総会
  • Li L、Konishi Y、Morikawa T、Kitabayashi C、Nakano D、Hitomi H、Kobori H、Nishiyama A. Effects of An SGLT2 Inhibitor on the Systemic and Renin Angiotensin System in Subtotally Nephrectomized Rats. 第40回日本高血圧学会総会
  • Ansary T、漆原真樹、薫美祥二、浦田秀則、永田さやか、中野大介、人見浩史、西山 成 食塩・アンジオテンシンⅠ投与高血圧モデルマウスにおける腎内キマーゼの役割 第47回日本腎臓学会西部学術大会
  • Wang N、中野大介、人見浩史 アデニン腎症ラットにおける高食塩の血圧と交感神経に対する影響 第47回日本腎臓学会西部学術大会
  • Lei L、小西啓夫、森川 貴、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 5/6腎摘ラットにおけるSGLT2阻害薬の全身と腎臓レニン・アンジオテンシン系に対する影響 第47回日本腎臓学会西部学術大会
  • 中野大介、Yifan Z、西山 成 ルセオグリフロジンは虚血再灌流障害後において近位尿細管糖枯渇を起こし、VEGFA発現を促す 第47回日本腎臓学会西部学術大会
  • Nishiyama A、Urushihara M、Nagata S、Urata H、Kagamis S、Ansary T. Possible role of intrarenal chymase in the development of hypertension in salt-treated angiotensin I-infused hypertensive mice.第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • Wan N、Fujisawa Y、Rahman A、Nakano D、Hitomi H、Nishiyama A Responses of arterial pressure and sympathetic nerve activity to high salt intake in adenine-treated CKD rats. 第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • Lei L、中野大介、人見浩史、西山 成 新規非ステロイド性選択的ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬エサキセレノンの薬効評価:高食塩投与2型糖尿病KKAyマウスにおける降圧・腎保護作用 第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • Lei L、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 Effect of a SGLT2 inhibitor on activity of systemic and intrarenal renin–angiotensin system in subtotally nephrectomized rats. 第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • 人見 浩史、中野 大介、長船 健二、西山 成 iPS 細胞から分化誘導したエリスロポエチン産生細胞を用いた腎性貧血に対する細胞療法の検討 第27回日本循環薬理学会
  • 北村 裕亮、中野 大介、澤登 慶治、西山 成LPS 誘導性急性腎障害において ANP は血管内皮細胞および近位尿細管細胞に作用し改善効果を示す  第27回日本循環薬理学会
  • 中野大介、Guan Y、西山 成 エリスロポエチンは持続的な腎代償性肥大に重要である 第47回日本心脈管作動物質学会
  • 西山 成、中野大介 SGLT2阻害薬による腎線維化予防メカニズムの探求 第30回腎と脂質研究会
  • 西山 成、古木隆元、宮川政昭、村尾孝児、吉本卓生、Lei L レニンアンジオテンシン系に対するSGLT2阻害薬の影響 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会
  • 柴山弓季、山口央輝、高橋和男、湯澤由紀夫、西山 成 (プロ)レニン受容体発現の亢進によって生じるゲノム不安定性の分子メカニズム 第10回(プロ)レニン受容体フォーラム
  • 吉田裕美,松平一志,望月 進,何森健,秋光和也,神鳥成弘, 「希少糖D-alloseに作用するイネ由来ヘキソキナーゼ6のX線結晶構造解析」,第17回日本蛋白質科学会年会,2017年6月,仙台
  • Hiromi Yoshida, Tomohisa Shimasaki, Shigehiro Kamitori, Koji Sode, “X-ray structure analysis of fructosyl peptide oxidases to elucidate the residues responsible for the oxidative half-reaction”, The 19th International Symposium on Flavins and Flavoproteins (ISFF2017), July 2-4, 2017, Groningen (The Netherlands)
  • 神鳥成弘,玉井栄治,関谷洋志,牧 純,成谷宏文「ウェルシュ菌線毛タンパク質CppAのX線結晶解析」第90回日本生化学会大会・第40回日本分子生物学会年会合同大会(ConBio2017),2017年12月,神戸
  • 吉田裕美,松平一志,望月 進,何森健,秋光和也,神鳥成弘, 「希少糖 D-allose を基質とするイネ由来ヘキソキナーゼ6のX線結晶解析」,2018年度農芸化学会大会,2018年3月,名古屋
  • ARAKI Nobukazu, Control of Macropinosome and Phagosome Formation by Rac1 ON-OFF Switching both in Space and Time. Gordon Research Conferences, 06/11/2017~06/16/2017, State of New Hampshire, USA
  • 川本恭子、井川聡、川合克久、池田結香、荒木伸一、 マクロファージのFc受容体介在性ファゴサイトーシス過程におけるmyosinⅠEおよびⅡの局在変化とファゴゾーム形成機構、 第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会、平成29年9月23日~平成29年9月24日、 愛媛県東温市
  • 江上洋平、 Fcγレセプター介在性ファゴサイトーシス過程におけるRit1 GTPaseの機能解析、 2017年度生命科学系学会合同年次大会、 平成29年12月6日~平成29年12月9日、 兵庫県神戸市
  • 江上洋平、Rit1 GTPaseはFcγエセプター介在性のファゴゾーム形成を制御する、 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、 平成30年3月28日~平成30年3月30日、 東京都武蔵野市
  • 川合克久、RAW264細胞内におけるRab35の局在化機構の解析、 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、 平成30年3月28日~平成30年3月30日、 東京都武蔵野市
  • 劉文華, 橋本剛, 山下哲生, 平野勝也, 血管平滑筋細胞において凝固第XI因子が引き起こすプロテイナーゼ活性化型受容体1を介した電位作動性カルシウムチャネル依存性Ca2+流入作用, 第59回日本平滑筋学会総会, 2017年8月, 福岡
  • 劉文華, 橋本剛, 山下哲生, 平野勝也, 血液凝固第XI因子が引き起こす血管平滑筋細胞のCa2+シグナルの発生メカニズムの解明, 第69回日本生理学会中国四国地方会, 2017年10月, 徳島
  • 山下哲生, 松本感, 橋本剛, 五十嵐淳介, 小坂博昭, 平野勝也, 嫌気条件とNAD(P)HはApoptosis-inducing factorの大腸菌膜からの解離を抑制する, 第69回日本生理学会中国四国地方会, 2017年10月, 徳島
  • 劉文華, 橋本剛, 山下哲生, 平野勝也, 凝固第Ⅺ因子の血管平滑筋作用, 第27回日本循環薬理学会, 2017年12, 名古屋
  • 劉文華, 橋本剛, 山下哲生, 平野勝也, 血液凝固第XI因子は電位作動性Ca2+チャネルを介して血管平滑筋細胞にCa2+シグナルを発生させる, 2018年2月, 長崎
  • 劉文華, 橋本剛, 山下哲生, 平野勝也, Coagulaton factor XI induced Ca2+ response and cell migration in vascular smooth muscle cells, 第95回日本生理学会大会, 2018年3月, 香川
  • 小澤 徹、太田健一、鈴木辰吾、三木崇範 母子分離が破綻させる内側前頭前皮質の興奮/抑制バランス 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 2018.3.28-3.30
  • Ken-ichi Ohta, Shingo Suzuki, Takashi Kusaka, Takanori Miki. Long-term Effects of Early Life Stress on the Balance between Neural Excitation and Inhibition in the Rat Amygdala(幼若期のストレスが扁桃体の興奮/抑制バランスに与える影響) 第40回日本神経科学大会 2017.7.20-7.23
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Katsuhisa Kawai, Iffat Ara Sonia Rahman, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda ,cDNA Cloning and Characterization of Long Isoform of Calcium-independent Phospholipase A/Acyltransferase-1 (PLAAT-1) that Produces N-Acyl-phosphatidylethanolamines ,第58回日本生化学会中国・四国支部例会・高松 (2017. 5. 20-21)"
  • 佐倉雄馬、坪井一人、宇山 徹、張 霞、筧 善行、上田夏生 ,前立腺癌細胞株における抗炎症脂質分解酵素N -アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)のsplice variant の発現解析 ,第58回日本生化学会中国・四国支部例会・高松 (2017. 5. 20-21)
  • 宇山 徹、Zahir Hussain、川合克久、Iffat Ara Sonia Rahman、坪井一人、荒木伸一、上田夏生 ,LRATファミリーに属するPLAAT-1の2つのアイソフォームの比較機能解析 ,日本ビタミン学会第69回大会・横浜 (2017. 6. 9-10)
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Katsuhisa Kawai, Iffat Ara Sonia Rahman, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda ,Calcium-independent Generation of N-Acylphosphatidylethanolamines (NAPEs) by Phospholipase A/Acyltransferase-1 Isoforms in Humans and Mice ,第59回日本脂質生化学会・京都 (2017. 6. 15-16)
  • Toru Uyama, Zahir Hussain, Katsuhisa Kawai, Iffat Ara Sonia Rahman, Kazuhito Tsuboi, Nobukazu Araki and Natsuo Ueda ,Characterizaton of isoforms of the calcium-independent N-acyltransferase PLAAT-1 in humans and mice ,27th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, Montréal, Canada (2017. 6. 22-6. 27)
  • 宇山 徹、坪井 一人、上田 夏生 ,脂溶性バイオファクターであるN-アシルエタノールアミンの生合成機構 ,第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会合同大会・神戸 (2017. 12. 6-9)
  • Zahir Hussain, Toru Uyama, Takeharu Tonai and Natsuo Ueda ,Functional Expression of Human Cytosolic Phospholipase A2Ɛ as Ca2+-dependent Phosphatidylethanolamine N-Acyltransferase ,第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会合同大会・神戸 (2017. 12. 6-9)
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範 ,「ガレクチン-1の糖鎖特異性および多量体構造とアポトーシス誘導活性の相関について」第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会(合同大会)、2017年12月
  • 小川 崇,東海林 博樹,野中 康宏, 舘野 浩章, 平林 淳, 西 望,中村 隆範 ,ヒト大腸がんおよび正常腸組織におけるガレクチン-4の発現及び機能解析 ,2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) ,2017年12月6日~9日 ,神戸

2016

  • 桑原知巳 、森枝千尋、今大路治之、石川秀樹、岡崎勝一郎、潰瘍性大腸炎患者の腸内細菌と自己血清IgGとの反応性、第90回日本細菌学会総会、2017年、3月、仙台.
  • 今大路治之、大岡唯祐、後藤恭宏、小椋義俊、林 哲也、桑原知巳、Raoultella ornithinolyticaにおけるヒスタミン産生制御、第90回日本細菌学会総会、2017年、3月、仙台.
  • 森枝千尋、石川秀樹、今大路治之、成谷宏文、岡崎勝一郎、桑原知巳、潰瘍性大腸炎の腸内細菌に対する血清IgGの反応性 、第39回日本分子生物学会年会、2016年、12月、横浜.
  • 新井貴大、今大路治之、岡崎勝一郎、桑原知巳、Bacteroidesのpromoter inversionによる表層変異機構、第39回日本分子生物学会年会、2016年、12月、横浜.
  • Khaleque H, Ogawa T, Nakayama-Imaohji H, Kuwahara T, Miyake M, Tokuda M. D-Tagatose inhibits biofilm formation in Streptococcus mutans. ASM microbe 2016, Boston, 2016, June
  • Haruyuki Nakayama-Imaohji, Tomomi Kuwahara., DNA Inversion Regulates Outer Membrane Vesicle Production in Bacteroides fragilis. ASM microbe 2016, Boston, 2016, June
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範. ヒトガレクチン-1とツメガエルガレクチン-Vaの比較による、ガレクチンの構造と機能についての解析 ,第89回日本生化学会大会 2016.9.15-17 (仙台)
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範. ヒトガレクチン-1とツメガエルガレクチン-Vaの糖鎖選択性を決める構造的要因について,第16回日本蛋白質科学会年会 2016.6.7-9 (福岡)
  • 小川 崇,野中 康宏,東海林 博樹、 舘野 浩章, 平林 淳, 西 望,中村 隆範,ヒト大腸がんおよび正常腸組織におけるガレクチン-4の発現及び機能解析 ,第89回日本生化学会大会(宮城)、2016年 9月
  • 中野大介、Zang Y、西山 成 腎虚血再灌流後からのルセオグリフロジン投与は慢性的な線維化の進展を抑制する 第45回日本心脈管作動物質学会
  • 西山 成、藤澤良秀、中野大介、人見浩史、アブーサフィン 食塩感受性高血圧ラットで生じるnon-dipperパターンの血圧変動は、腎機能低下に伴って出現する 第45回日本心脈管作動物質学会
  • 藤澤良秀、中野大介、西山 成 腎血管性高血圧発症における腎神経の関与 第89回日本薬理学会年会
  • 西山 成、Kittikulsuth W、藤澤良秀、人見浩史、中野大介、Rahman A  メタボリックシンドロームラットにおける利尿薬tpSGLT2阻害薬の血圧に対する効果 第89回日本薬理学会年会
  • 中野大介、Zang Y、西山 成 SGLT2阻害薬ルセオグリフロジンは腎虚血再灌流後における慢性的な線維化の進展を抑制する 第89回日本薬理学会年会
  • 高橋敬子、鈴木祐介、小林 敬、菅谷 健、西山 成、藤澤良秀、堀越 哲 睡眠時無呼吸時の慢性間欠的低酸素状況における酸化ストレス変化に関する機序の検討 第28回腎と脂質研究会
  • 西山 成、中野大介、人見浩史、Rahman A 安定した腎性貧血モデル動物確立の試み第6回日本腎臓リハビリテーション学会
  • 西山 成、柴山弓季、Wang J 大腸がんの病態における(プロ)レニン受容体の関与 第53回日本臨床分子医学会学術集会
  • 西山 成、小西啓夫、中野大介、森川 貴、今西政仁 2型糖尿病ラットにおける腎症顕性期からのLCZ696の腎保護効果 第59回日本腎臓学会学術集会
  • Yifan Z、中野大介、西山 成 Treatment with luseogliflozin, an SGLT2 inhibitor, attenuated renal fibrosis after renal ischemia/reperfusion 第59回日本腎臓学会学術集会
  • Wang J、小堀浩幸、柴山弓季、西山 成 Role of hepatocyte nuclear factor-5 in high glucose-induced augmentation of proximal tubular angiotensinogen 第59回日本腎臓学会学術集会
  • Rahman A、Kittikulsuth W、藤澤良秀、人見浩史、中野大介、蘇原映誠、内田信一、西山 成 Effects of diuretics on SGLT2 inhibitor-induced changes in renal tubular function in obese metabolic syndrome rats 第59回日本腎臓学会学術集会
  • Ansary T、藤澤良秀、Rahman A、中野大介、人見浩史、西山 成 Responses of renal hemodynamics and functions to acute administration of a SGLT2 inhibitor in anesthetized rats 第59回日本腎臓学会学術集会
  • 西山 成、柴山弓季、王 娟 (プロ)レニン受容体の大腸がんへの関与 第16回日本抗加齢医学会総会
  • 西山 成、武重由衣、藤澤良秀、中野大介、人見浩史、Rahman A SGLT2阻害薬の利尿作用と降圧効果 第16回日本抗加齢医学会総会
  • 中野大介、Zhang Y、西山 成 ルセオグリフロジンは虚血再灌流障害後の慢性的な線維化の進展を抑制する 第129回日本薬理学会近畿部会
  • 西山 成、柴山弓季、Wan J Role of (pro)renin receptor in the pathogenesis of colon cancer and Wnt/B-catenin-dependent signaling pathway 第129回日本薬理学会近畿部会
  • 北村裕亮、中野大介、西山 成 Lipopolysaccharide誘発性乏尿に対するカルペリチドの効果第39回日本高血圧学会総会
  • 西山 成、小西哲夫、中野大介、森川 貴、今西政仁 顕性蛋白尿を生じる2型糖尿病ラットに対するLCZ696の効果 第39回日本高血圧学会総会
  • 西山 成、柴山弓季、Wang J 大腸癌の病態における(プロ)レニン受容体の役割の解明 第39回日本高血圧学会総会
  • 張 一凡、中野大介、西山 成 腎虚血再灌流障害に対する後肢虚血プレンディショニングの影響-麻酔下マウスにおける検討 第39回日本高血圧学会総会
  • 藤澤良秀、中野大介、西山 成 腎血管性高血圧発症における求心性腎神経の役割 第39回日本高血圧学会総会
  • 西山 成、張 一凡、人見浩史、中野大介 SGLT阻害薬は腎虚血再灌流後に生じる腎線維化の進展を抑制する 第20回日本心血管内分泌代謝学会学術総会
  • 西山 成、藤澤良秀、ラフマンアサダ、中野大介、人見浩史、北田研人、アンサリチュバDirect responses of tubular function to acute administration of SFLT2 inhibitor in anesthetized rats 第20回日本心血管内分泌代謝学会学術総会
  • Nishiyama A, Shibayama Y,Wang J Role of (Pro)renin receptor in the pathogenesis of colon cancer.Angiotensin Gordon Research Conference
  • Nishiyama A, Kobori H, Shibayama Y, Wang J Role of hepatocyte nuclear factor-5 in high glucose-induced augmentation of proximal tubular angiotensinogen. 53th ERA-EDTA Congress
  • Nishiyama A, Konishi Y, Morikawa T, Nakano D, Imanishi M Renoprotective effect of LCZ696 in type2 diabetic rats with overt proteinuria. The 17th International SHR Symposium
  • Sufin A, Fujisawa Y, Rahma A, Nakano D, Nishiyama A Dipping pattern of blood pressure in Dahl salt-sensitive hypertensive rats during the progression of renal injury. The 17th International SHR Symposium
  • Rahman A, Takeshige Y, Fujisawa Y, Hitomi H, Nakano D, Nishiyama A. Effects of SGLT2 inhibitors on circadian rhythm of blood pressure in rats. 26th Meeting of the International Society of Hypertension Seoul
  • Kitamura H, Nakano D, Yifan Z, Nishiyama A. Atrial natriuretic peptide improves urine flow at proximal tubules in septic acute kidney injury.26th Meeting of the International Society of Hypertension Seoul
  • Nishiyama A, Sufiun A, Fujisawa Y, Rahman A, Nakano D, Hitomi H.  Dipping pattern of blood pressure and renal injury in Dahl salt-sensitive hypertensive rats.26th Meeting of the International Society of Hypertension Seoul
  • Wang J, Shibayama Y, Nakano D, Hitomi H, Nishiyama A. Role of (pro) renin receptor in the activation of wnt/ β-catenin pathway in colon cancer. 26th Meeting of the International Society of Hypertension Seoul
  • Wang J, Kobori H, Shibayama Y, Nakano D, Hitomi H, Nishiyama A. Hepatocyte nuclear factor -5 acts as a glucose-responsive element of human angiotensinogen promoter. 26th Meeting of the International Society of Hypertension Seoul
  • 徳田雅明 Rare Sugars: Functional Sugar Substiyutes to Prevent and Improve Metabolic Syndrome 2017 International Conference on Functional Food for Metabolic Homeostasis in Aging
  • 徳田雅明 希少糖D-プシコースの健康昨日の世界展開 かがわ糖質バイオフォーラム第9回シンポジウム
  • 徳田雅明 Rare sugar for medical and health purposes 第6回国際希少糖学会
  • Masaaki Tokuda, Kom Sukontason, and Phanida Juntasopeepun Vice President for International Relations, Kagawa University Associate Dean for Reseach and Foreign Affairs, Faculty of Medicine, Chiang Mai Univeasity Assistant Dean for Global and Reseach Affairs, Faculty of Nursing, Chiang Mai Univeasity Overview of JICA Grassroots Technical Cooperation Project Mobile CTG, diabetes mellitus and obesity control using rare sugars. 第6回香川大学・チェンマイ大学合同シンポジウム2016
  • 山口文徳、嶋本聖子、徳光浩、神鳥和代、ホセインアクラム、徳田雅明 「新規PP5活性化物質スラミンはS100によるPP5活性化を二相性に調節する」第94回日本生理学会大会、静岡
  • K.Kamitori, F.Yamaguchi, Y.Dong, A.Hossain, L.Sui, A.Katagi, C.Noguchi, H.Hoshikawa, M.Tokuda. Analysis of the regulatory mechanism of D-allose-inducible tumor suppressive factor TXNIP (thioredoxin interacting protein) for development of a new cancer therapy. The 6th Joint Symposium between Kagawa University and Chiang Mai University
  • 希少糖D-アロースにより活性化されるシグナル伝達系の解析とそれを用いた新規癌治療法開発の可能性 神鳥和代 第35回日本糖質学会年会
  • K.Kamitori, F.Yamaguchi, Y.Dong, A.Hossain, L.Sui, A.Katagi, C.Noguchi, H.Hoshikawa, M.Tokuda. Analysis of the regulatory mechanism of D-allose-inducible tumor suppressive factor TXNIP (thioredoxin interacting protein) for development of a new cancer therapy. 6th Symposium of International Society of Rare Sugars
  • 希少糖D-アロースにより活性化されるシグナル伝達系の解析とそれを用いた新規癌治療法開発の可能性 神鳥和代、山口文徳、董有毅、ホセインアクラム、隋麗、片木絢子、野口知里、星川広史、徳田雅明 第68回日本生理学会中国四国地方会
  • Combined effects of D-allose with radiation and anticancer drugs -present issues for clinical application-
  • 太田 健一、 鈴木 辰吾、天雲 千晶、日下 隆、三木 崇範 脳発達期の母子分離による扁桃体の興奮/抑制バランス崩壊 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017年3月
  • 太田健一、鈴木辰吾、日下隆、三木崇範 脳発達早期の母子分離は海馬CA1領域におけるBDNF-ERKシグナルと樹状突起スパイン形成に影響を与える 第5回日本DOHaD学会 2016年7月
  • 佐倉 雄馬,坪井 一人,筧 善行,上田 夏生.前立腺癌細胞株におけるN-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)splice variantの発現解析(Poster)第104回日本泌尿器科学会総会,April 23-25,2016,仙台市(仙台国際センター 他)
  • Rahman, I.A.S., Tsuboi, K., Okamoto, Y., Uyama, T., Yamazaki, N., Tanaka, T., Tokumura, A., Ueda, N., Glycerophosphodiesterases, GDE4 and GDE7, are novel lysophospholipase D-type enzymes generating N-acylethanolamine and LPA(Oral).第57回日本生化学会中国・四国支部例会,May 27-28,2016,高知県南国市(高知大学岡豊キャンパス)
  • 坪井 一人,田井 達也,岡本 蓉子,山下 量平,Iffat Ara Sonia Rahman,宇山 徹,芳地 一,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.酸性セラミダーゼによる細胞内N-アシルエタノールアミンの加水分解(Oral).第58回日本脂質生化学会,June 9-10,2016,秋田市(秋田市にぎわい交流館AU)
  • 松田 璃沙,坪井 一人,岡本 蓉子,山下 量平,Iffat Ara Sonia Rahman,日高 麻由美,山崎 尚志,上田 夏生,田中 保,徳村 彰.口腔粘膜上皮細胞に存在する膜結合型リゾホスホリパーゼD(Oral).第58回日本脂質生化学会,June 9-10,2016,秋田市(秋田市にぎわい交流館AU)
  • 坪井 一人,Iffat Ara Sonia Rahman,岡本 蓉子,宇山 徹,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.脂質メディエーターであるN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する新規酵素の解析(Oral).日本ビタミン学会第68回大会,June 17-18,2016,富山市(富山国際会議場)
  • Tsuboi, K., Tai, T., Okamoto, Y., Yamashita, R., Rahman, I.A.S., Uyama, T., Houchi, H., Tanaka, T., Tokumura, A., Ueda, N., A possible involvement of acid ceramidase in the degradation of N-acylethanolamines (Poster). 26th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, June 26-July 1, 2016, Bukovina (Hotel Bukovina), Poland
  • 坪井 一人,Rahman Iffat Ara Sonia,岡本 蓉子,宇山 徹,山崎 尚志,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.GDE7はリゾホスホリパーゼD型酵素としてN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する (Poster).第89回日本生化学会大会,September 25-27,2016,仙台市(仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス)
  • 佐倉 雄馬,坪井 一人,宇山 徹,張 霞,筧 善行,上田 夏生.ヒト前立腺癌細胞株及びその他の細胞株におけるN-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)のスプライスバリアントの発現解析(Poster).第89回日本生化学会大会,September 25-27,2016,仙台市(仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス)
  • Ueda, N., The phospholipase A/acyltransferase (PLAAT) family proteins: a possible involvement in regulation of peroxisome biogenesis and formation of N-acylated plasmenylethanolamines (Invited, oral). The 1st International Plasmalogen Symposium, November 7-8, 2016, Fukuoka (Centennial Hall Kyushu University School of Medicine), Japan
  • Uyama, T., Watanabe, M., Kawai, K., Kono, N., Tsuboi, K., Araki, N., Arai, H., Ueda, N., Phospholipase A/acyltransferase-3 regulates peroxisome levels by inhibiting Pex19p (Poster). The 1st International Plasmalogen Symposium, November 7-8, 2016, Fukuoka (Centennial Hall Kyushu University School of Medicine), Japan
  • 坪井 一人,Iffat Ara Sonia Rahman,Zahir Hussain,山下 量平,岡本 蓉子,宇山 徹,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.バイオファクターであるN-アシルエタノールアミンとリゾホスファチジン酸(LPA)の新規生合成機構(Oral).第353回脂溶性ビタミン総合研究委員会,December 2,2016,静岡県伊東市(ホテル伊東ガーデンAGS館)
  • 西垣新,沢田光一,川合克久,荒木伸一,マクロパイノゾームのRab10局在化機構の解析,日本解剖学会第71回中国・四国支部学術集会,平成28年10月22日~平成28年10月23日,岡山県岡山市
  • 川合克久,西垣新,荒木伸一,Rab10陽性マクロパイノサイトーシスのライブイメージング解析,日本解剖学会第71回中国・四国支部学術集会,平成28年10月22日~平成28年10月23日,岡山県岡山市
  • 川合克久,江上洋平,荒木伸一,新規マクロパイノサイトーシス関連経路の形態と分子基盤,第122回日本解剖学会総会・全国学術集会,平成29年3月28日~平成29年3月30日,長崎県長崎市
  • 三宅克也,荒木伸一,川合克久,江上洋平,Rab23およびRab34の骨格筋線膜修復時の動態,第122回日本解剖学会総会・全国学術集会,平成29年3月28日~平成29年3月30日,長崎県長崎市

2015

  • 路艳*蒙,曹蕾,江上洋平,川合克久,荒木伸一,IgG依存性貪食と非依存性貪食過程へのcofilinの関与と形態様式の差異,日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会,平成27年10月24日~平成27年10月25日,愛媛県松山市 *日本語ブラウザでは正しく表示できない可能性があります。ユニコード統合漢字コード U+8273[u8273.png]
  • 沢田光一,西垣新,川合克久,荒木伸一,光活性化Rac1誘導性エンドサイトーシス経路における膜リン脂質動態解析,日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会,平成27年10月24日~平成27年10月25日,愛媛県松山市
  • 守家聖二,野本菜摘,西垣新,川合克久,荒木伸一,新たなエンドサイトーシス経路における管状構造のライブイメージング解析,日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会,平成27年10月24日~平成27年10月25日,愛媛県松山市
  • 荒木伸一,新規PI3K阻害剤XL147を用いた新たな光線力学療法(photodynamic therapy)の発案,第121回日本解剖学会総会・全国学術集会,平成28年3月28日~平成28年3月30日,福島県郡山市
  • 脳発達期の母子分離による海馬興奮性シナプス形成の異常,日本解剖学会第70会中国・四国支部学術集会
  • 養育環境が脳をかえる:分子~症状を双方向に見通す,日本赤ちゃん学会 15回学術集会
  • 23rd United European Gastroenterology Week 2015.10.24-28, Barcelona, Spain Galectin-9 Suppresses Nonalcoholic Steatohepatitis-Associated Hepatocellular Carcinoma.Morishita A, Tadokoro T, Sakamoto T, Tani J, Miyoshi H, Yoneyama H, Masaki T.
  • 23rd United European Gastroenterology Week 2015.10.24-28, Barcelona, Spain Differences In Mirna Expression Profiles Between Gist And Leiomyoma In Human Samples Acquired By Submucosal Tunneling Blopsy.Fujita k, Kobara H, Mori H, Fujihara S, Chiyo T, Matsunaga T, Nishiyama N, Ayaki M, Yachida T, Morishita A, Fujiwara M, Okano K, Suzuki Y, Iwama H, Masaki T.
  • 23rd United European Gastroenterology Week 2015.10.24-28, Barcelona, Spain The Anti-Diabetic Drug Metformin Inhibits Pancreatic Cancer Cell Proliferation In Vitro And In Vivo:Study Of Micrornas Associated With The Anti-Tumor Effect Of Metformin.Kato k, Kamada H, Kobayashi K, Fujimori T, Masaki T.
  • 第101回日本消化器病学会総会 2015.4.23-25, 仙台市 メトホルミンのヒト内臓脂肪前駆細胞に対する成熟抑制効果に関連するmiRNAの網羅的解析 藤田浩二、大浦杏子、明石瑛美子、西岡智子、三村志麻、坂本鉄平、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、樋本尚志、正木 勉
  • 第51回日本肝臓学会総会 2015.5.21-22, 熊本市 胆管細胞癌における抗癌剤ゲムシタビンの癌細胞増殖抑制機構 豊田由花、大浦杏子、明石瑛美子、西岡智子、藤田浩二、三村志麻、坂本鉄平、野村貴子、加藤清仁、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、正木 勉
  • 第51回日本肝臓学会総会 2015.5.21-22, 熊本市 胆管細胞癌におけるガレクチン-9による増殖抑制効果の検討 小林聖幸、藤田浩二、大倉亮一、山下拓磨、西岡智子、谷 丈二、三好久昭、坂本鉄平、藤森崇行、加藤清仁、鎌田英紀、森下朝洋、米山弘人、正木 勉
  • 第51回日本肝臓学会総会 2015.5.21-22, 熊本市 肝細胞癌の腫瘍マーカーとしての血清ガレクチン-9濃度の検討 藤田浩二、坂本鉄平、正木 勉
  • 第51回日本肝臓学会総会 2015.5.21-22, 熊本市 劇症肝炎におけるガレクチン-9の有効性について 田所智子、森下朝洋、米山弘人、三好久昭、谷 丈二、野村貴子、坂本鉄平、藤田浩二、三村志麻、明石瑛美子、大浦杏子、正木 勉
  • 第46回日本膵臓学会大会 2015.6.19-20, 名古屋市 抗糖尿病薬 Metformin による膵癌細胞増殖の抑制―Metformin のターゲットmiRNAの同定 加藤清仁、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、正木 勉
  • 第41回日本肝臓学会西部会 2015.12.3-4,名古屋市 Nonalcoholic Steatohepatitis(NASH)に対するSodium glucose co-transporter-2(SGLT2)阻害剤の有効性と機序についての検討 森下朝洋、坂本鉄平、正木 勉
  • 第41回日本肝臓学会西部会 2015.12.3-4,名古屋市 免疫制御生理活性物質ガレクチン-9(Gal-9)-肝癌への新規の治療薬・臨床診断薬としての可能性 藤田浩二、大浦杏子、正木 勉
  • Prox1 Expression in the Endolymphatic Sac revealed by Whole-Mount Fluorescent Imaging of Prox1-GFP Transgenic Mice
  • Cation transport in epithelial cells of the endolymphatic sac
  • Cystic fibrosis transmembrane conductance regulator in the endolymphatic sac of the rat
  • ダール食塩感受性高血圧ラットにおける高血圧発症時の血圧の日内変動とDPP-4阻害薬による影響 第88回日本内分泌学会学術総会
  • メタボリックシンドロ―ムラットは塩分負荷によってnon-dipper patternの高血圧を生じるが、SGLT2阻害薬はナトリウム利尿を伴ってこれを改善する 第88回日本内分泌学会学術総会
  • 膵臓癌の病態における(プロ)レニン受容体の役割 第52回日本臨床分子医学会学術集会
  • オルメサルタンとアジルサルタンの降圧、血中RAS系、尿中RAS系および尿中アルブミンに及ぼす影響 第4回臨床高血圧フォーラム
  • SGLT2阻害薬エンパグリフロジンは塩分過剰の過食肥満ラットで生じるnon-dipperパターンの高血圧を改善する 第4回臨床高血圧フォーラム
  • Effect of diuretics on SGLT2 inhibitor-induced changes in blood pressure and renal function in obese metabolic syndrome rats. 第58回日本腎臓学会学術総会
  • Effect of intravenous administration of a SGLT2 inhibitor on renal hemodynamics and functions in anesthetized rats. 第58回日本腎臓学会学術総会
  • Mouse podocytes injury is reduced by bloking N-type calcium channel. 第58回日本腎臓学会学術総会
  • 麻酔下における後肢虚血プレコンディショニングは腎虚血再灌流障害を軽減しない 第58回日本腎臓学会学術総会
  • 内毒素血症における近位尿細管細胞周期の移行は腎機能低下度と関連する 第58回日本腎臓学会学術総会
  • Remote ischemic preconditioning of hind-limb in anesthetized mice did not protect kidney from ischemia/reperfusion injury 第58回日本腎臓学会学術総会
  • 麻酔下における後肢虚血プレコンディショニングは腎虚血再灌流障害に影響を与えない 第127回日本薬理学会近畿部会
  • メタボリックシンドロームラットにおける利尿薬とSGLT2阻害薬の利尿と降圧効果の検討 第45回日本腎臓学会西部学術大会
  • ダール食塩感受性高血圧ラットで生じるnon-dipperパターンの血圧変動は、蛋白尿の進展伴って出現する 第45回日本腎臓学会西部学術大会
  • メタボリックシンドロームラットにおける利尿薬とSGLT2阻害薬の利尿作用と降圧効果の検討 第38回日本高血圧学会総会
  • Dahl食塩感受性高血圧ラットでは、蛋白尿の進展伴ってnon-dipperパターンの血圧変動が出現する 第38回日本高血圧学会総会
  • SHR/NDmcr-cpにおける利尿薬とSGLT2阻害薬の利尿作用と降圧効果の検討 第51回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • Dahl食塩感受性高血圧ラットでは、蛋白尿の進展に伴ってnon-dipperパターンの血圧変動を生じる 第51回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • 内毒素症における乏尿に対する心房性ナトリウム利尿ペプチドの効果と機序の解析 第51回高血圧関連疾患モデル学会学術総会
  • Glucose augments proximal tubular angiotensinogen throuth glucose-responsive elements activation 第128回日本薬理学会近畿部会
  • Wnt/β-catenin経路を介した大腸がんの病態進展における(プロ)レニン受容体の関与 第38回日本分子生物学会年会
  • 食塩感受性高血圧で生じるnon-dipperパターンの血圧上昇は蛋白尿を伴って出現する 第19回日本心血管内分泌代謝学会学術総会
  • SHR/NDmcr-cpにおけるSGLT2阻害薬の利尿作用と降圧効果 第19回日本心血管内分泌代謝学会学術総会
  • 敗血症急性期において急性腎障害の重症度は近位尿細管細胞周期の移行と関連する 第25回日本循環薬理学会
  • 腎虚血再灌流障害に対する後肢虚血プレンディショニングの影響 第25回日本循環薬理学会
  • Dahl食塩感受性高血圧ラットで生じる血圧の日内変動の異常は、腎機能の悪化に伴って生じる 第25回日本循環薬理学会
  • メタボリックシンドロームラットに対する利尿薬とSGLT2阻害薬の利尿作用と降圧効果 第25回日本循環薬理学会
  • 田中章博、成谷宏文、桑原知巳、片山誠一.ウェルシュ菌の新規線毛構成タンパク質遺伝子の発現.第68回日本細菌学会中国・四国支部総会、2015年10月2-3日(岡山)
  • 米田早織、桑原知巳.口腔内におけるFusobacterium属シアル酸代謝経路の生理学的意義.第68回日本細菌学会中国・四国支部総会、2015年10月2-3日(岡山)
  • 成谷宏文、玉井栄治、桑原知巳.ウェルシュ菌のプロテインキナーゼの解析.第68回日本細菌学会中国・四国支部総会、2015年10月2-3日(岡山)
  • 関谷洋志、玉井栄治、成谷宏文、牧 純.溶菌酵素Psmにおける細胞壁結合ドメイン変異体の解析.第68回日本細菌学会中国・四国支部総会、2015年10月2-3日(岡山)
  • 多田彩乃、桑原知巳.大腸癌細胞株におけるアポトーシスに対する腸内細菌の影響.第74回日本癌学会学術総会.2015年10月8-10日(名古屋)
  • 山岡 徹、今大路治之、堀内功典、桑原知巳.亜塩素酸水の酸化力に基づく抗微生物効果.第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会、2015年10月15-17日(奈良)
  • 多田彩乃、長尾多美子、今大路治之、桑原知巳,アルギニンのバイオフィルム除去作用に関する検討.第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会、2015年10月15-17日(奈良)
  • 今大路治之、桑原知巳.Bacteroides fragilisにおけるシアリダーゼとエステラーゼは腹腔内膿瘍形成に関与する.第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会、2015年10月15-17日(奈良)
  • 山岡 徹、堀内功典、長尾多美子、桑原知巳.病院環境整備剤としての亜塩素酸水の有用性.第31回日本環境感染学会総会学術総会、2016年2月19-20日(京都)
  • 池田敬子、長尾多美子、桑原知巳、小山 一.実験的にウイルスで汚染した看護衣のもつ伝染性.第31回日本環境感染学会総会学術総会、2016年2月19-20日(京都)
  • 池田敬子、長尾多美子、桑原知巳、小山 一.梅酢ポリフェノールを用いた呼吸器感染ウイルスの不活化.第31回日本環境感染学会総会学術総会、2016年2月19-20日(京都)
  • 米田早織、今大路治之、桑原知巳.Sialometabolism and surface sialylation of oral Fusobacteria.第89回日本細菌学会総会、2016年3月23-25(京都)
  • 今大路治之、藤田 雅、岡崎勝一郎、桑原知巳.Development of counter-selection system for markerless genetic deletion in Bacteroides.第89回日本細菌学会総会、2016年3月23-25(京都)
  • 成谷宏文、宮田 茂、今大路治之、桑原知巳.In vivo methylation in E. coli by methyltransferases from Clostridium perfringens for transformation.第89回日本細菌学会総会、2016年3月23-25(京都)
  • 藤田雅也、成谷宏文、中村圭那、望月初美、森山龍一、桑原知巳、宮田 茂.大腸菌mazFを利用したウェルシュ菌の効率的ゲノム編集法の開発.第89回日本細菌学会総会、2016年3月23-25(京都)
  • 多田彩乃、今大路治之、桑原知巳.Fusobacteria inhibit butyrate-induced differenciation of HT29 human colonic cancer cells. 第89回日本細菌学会総会、2016年3月23-25(京都)
  • 橋本雅仁、大薗まみ、今大路治之、桑原知巳.Bacteroides fragilis由来多糖のTLR2活性化能への影響.第89回日本細菌学会総会、2016年3月23-25(京都)
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範, ツメガエル皮膚ガレクチンの構造・機能解析とgalectin-1との比較. 第15回日本蛋白質科学会年会 2015.06. 徳島市
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範, ツメガエル皮膚ガレクチンの立体構造とアロステリックな挙動についての解析. 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会(合同大会) 2015.12. 神戸市
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範, ツメガエル由来の二種のプロト型ガレクチンついてのX線結晶構造解析. 第14回四国免疫フォーラム 2015.06. 東温市
  • Takashi Ogawa: Biological activity of galectin-4 and its roles in CRCs growth. 第73回日本癌学会学術総会 2015年10月(名古屋)
  • 小川 崇,東海林 博樹,野中 康宏, 舘野 浩章, 平林 淳, 西 望,中村 隆範 ツメガエル消化管およびヒト大腸がん細胞におけるガレクチン4の発現及び機能解析 第88回日本生化学会大会(神戸)、2015年 12月
  • 坪井 一人,岡本 蓉子,Iffat Ara Sonia Rahman,宇山 徹,徳村 彰,上田 夏生.新規リゾホスホリパーゼD型酵素であるグリセロホスホジエステラーゼGDE4はN-アシルエタノールアミンとLPAの生合成に関与する.第57回日本脂質生化学会, 2015.5.28-29,東京都千代田区(一橋大学一橋講堂)
  • 宇山 徹,渡邊 政博,川合 克久,河野 望,坪井 一人,荒木 伸一,新井 洋由,上田 夏生.LRATに相同性を示す酵素PLA/AT-3によるペルオキシソーム形成の制御.日本ビタミン学会第67回大会,2015.6.5-6,奈良市(奈良春日野国際フォーラム甍?I・RA・KA?)
  • 上田 夏生.ホスホリパーゼA/アシルトランスフェラーゼ(PLA/AT)ファミリーの生理機能解析(招待講演).第15回日本蛋白質科学会年会, 2015.6.24-26,徳島市(あわぎんホール)
  • Tsuboi, K., Okamoto, Y., Rahman, I.A.S., Uyama, T., Tokumura, A., Ueda, N., Glycerophosphodiesterase GDE4 is a novel lysophospholipase D-type enzyme generating N-acylethanolamines. 25th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, 2015.6.28-7.3, Wolfville (Acadia University), Nova Scotia, Canada
  • 松田 璃沙,坪井 一人,岡本 蓉子, Rahman Iffat Ara Sonia,山崎 尚志,上田 夏生,田中 保,徳村 彰.消化管上皮細胞に存在する新規膜結合型リゾホスホリパーゼD.第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015.10.31-11.1, 高知市(高知市文化プラザ かるぽーと)
  • 岡本 蓉子,坪井 一人,Rahman Iffat Ara Sonia,上田 夏生,田中 保,徳村 彰.新規リゾホスホリパーゼD型酵素GDE4関連代謝経路のLC-MS/MSによる同定.第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,2015.10.31-11.1,高知市(高知市文化プラザ かるぽーと)
  • 上田 夏生.哺乳動物の新規リン脂質代謝酵素ファミリーの生理機能解析(招待講演).酵素研究助成 第41回日本応用酵素協会研究発表会,2015.11.16,大阪市(ホテル阪急インターナショナル)
  • 宇山 徹,渡邊 政博,川合 克久,河野 望,坪井 一人,荒木 伸一,新井 洋由,上田 夏生.PLAAT-3はPex19pを介してペルオキシソーム含量を制御する.第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015), 2015.12.1-4,神戸市中央区(神戸ポートアイランド
  • 坪井 一人,岡本 蓉子,Iffat Ara Sonia Rahman,宇山 徹,藤内 武春,徳村 彰,上田 夏生.新規リゾホスホリパーゼD型酵素GDE4によるN-アシルエタノールアミンとLPAの生成.第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015),2015.12.1-4,神戸市中央区(神戸ポートアイランド
  • 佐倉 雄馬,坪井 一人,筧 善行,上田 夏生.前立腺癌細胞株における抗炎症脂質分解酵素 N-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)スプライスバリアントの発現解析.第25回泌尿器科分子・細胞研究会,2016.2.26-27,大阪市(ハイアットリージェンシー大阪・ATCコンベンションルーム)
  • 吉田裕美,吉原明秀,石井知彦,何森健,神鳥成弘,「希少糖生産酵素Pseudomonas cichorii D-タガトース 3-エピメラーゼとデオキシ希少糖との複合体のX線結晶解析」,第56回日本生化学会中国・四国支部例会,2015年5月,松江
  • 吉田裕美,吉原明秀,田仲広明,伊中浩治,古林直樹,山田貢, 太田和敬, 何森健,神鳥成弘,「宇宙空間で得られた希少糖生産酵素D-tagatose 3-epimerase 変異酵素の結晶とデオキシ希少糖との複合体構造」,第15回日本蛋白質科学会年会,2015年6月,徳島
  • Hiromi Yoshida, Genki Sakai, Katsuhiro Kojima, Shigehiro Kamitori, Koji Sode, X-ray structure of recombinant non-glycosylated FAD glucose dehydrogenase derived from Aspergillus flavus, 40th FEBS CONGRESS, July 4-9, 2015, Berlin, Germany
  • Koji Sode, Genki Sakai, Katsuhiro Kojima, Kazushige Mori, Shigehiro Kamitori, Hiromi Yoshida, The First Three-Dimensional Structure of Fungus-Derived Glucose Dehydrogenase ~knowing enzyme for glucose monitoring~, Diabetes Technology Meeting2015, Octover 22-25, 2015, Bethesda, USA
  • 吉田裕美, 玉井栄治, 関谷洋志, 牧純, 神鳥成弘, 「ウェルシュ菌溶菌酵素オートライシン触媒ドメインのX線結晶解析」第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会, 2015年12月, 神戸
  • 吉田裕美, 吉原明秀, 大谷耕平, 秋光和也, 何森健, 神鳥成弘, 「希少糖生産酵素Arthrobacter 属由来 D-プシコース 3- エピメラーゼの結晶化およびX 線結晶解析」2016年度農芸化学会大会, 2016年3月, 札幌

2014

  • 伊藤愛子,中村隆範,西 望:新規エラスチン結合タンパク質としてのガレクチン 第87回日本生化学会大会 2014年10月 京都
  • 希少糖D-alloseによるglucose transporter 1(GLUT1)発現制御と癌細胞増殖への関与 野口知里、山口文徳、片木絢子、神鳥和代、隋麗、塚本郁子、ホセインアクラム、徳田雅明 (第66回日本生理学会中国四国地方会/情報通信交流館 e-とぴあ・かがわ 2014.10)
  • Rare sugar D-psicose prevents progression and development of diabetes in Type 2 Diabetes Mellitus (T2DM)model Otsuka-Long-Evans-Tokushima Fatty(OLETF)rats  Akram Hossain, Li Sui, Fuminori Yamaguchi, Kazuyo Kamitori, Youyi Dong, Ikuko Tukamoto, Iida Tetsuo, Masaaki Tokuda (第66回日本生理学会中国四国地方会 情報通信交流館 e-とぴあ・かがわ 2014.10)
  • Modulation of protein phosphatase 5 function by S100 proteins  Fuminori Ymaguchi, Yoshinori Umeda, Mitsumasa tsuchiya, Hiroshi Tokumitsu, Masaaki Tokuda (第11回プロテインフォスタファーゼ国際カンファレンス東北大学医学部 2014.11)
  • Rare sugar D-allulose(D-psicose) prevents progression and development of diabetes in Type 2 Diabbetes Mellitus (T2DM) Model Otsuka-Long-Evans-Tokushima Fatty (OLETF) Rats  Akram Hossain;Li Sui;Fuminori Yamaguchi,Kazuyo Kamitori;Dong Youyi;Ikuko Tukamoto;Iida tetsuo; Masaaki Tokuda (4th Biennial SAAP & 3rd BSP Meeting、Dhaka, Bangladesh Bangladesh 2014.12)
  • A New Functional Sweetener D-Psicose (With Zero Calorie Has High Potential To Change Our Life Style Masaaki Tokuda; Akram Hossain; Fuminori Yamaguchi; Kazuyo Kamitori,; Li Sui; Youyi Dong; Tetsuo Iida (Society for Glycobiology and Japanese Society of Carbohydrate Research Joint Meeting Hawaii Honolulu 2014.11)
  • Rare sugar D-allulose(D-psicose) prevents progression and development of diabetes in Type 2 Diabbetes Mellitus (T2DM) Model Otsuka-Long-Evans-Tokushima Fatty (OLETF) Rats  Akram Hossain;Li Sui;Fuminori Yamaguchi,Kazuyo Kamitori;Dong Youyi;Ikuko Tukamoto;Iida tetsuo; Masaaki Tokuda (4th Biennial SAAP & 3rd BSP Meeting、Dhaka, Bangladesh Bangladesh 2014.12)
  • Oxidized S100A4 inhibits the activation of protein 山口文徳、土屋光正、嶋本聖子、藤本智仁、徳光浩、徳田雅明(第92回日本生理学大会 神戸国際会議場・展示場 2015.3)
  • "希少糖D-アロースにより発現誘導される制因子Thioredoxin interacting protein(TXNIP)のin vivo での関与 Involvement of D-allose-inducible tumor suppressive factor TXNIP(thioredoxin interacting protein) in vivo tumor model 神鳥和代1、山口文徳1、董有毅1、ホセインアクラム1、隋麗1、片木絢子1、野口知里1、星川広史2、徳田雅明1,3 1)香川大学医学部細胞情報生理学 2)香川大学医学部耳鼻咽喉科学 3)香川大学希少糖研究センター (第92回日本生理学大会 神戸国際会議場・展示場 2015.3)"
  • ジャトロファ抽出物産物の一つ、イソアメリカノールによるヒト乳がん細胞の抗がん作用 Anticancer Activity of Isoamericanol from Jatropha curcas on the Human Breast Cancer Cell, MCF-7   Ayako Katagi, Li Sui, Kazuyo Kamitori, Toshisada Suzukib, Takeshi Katayama, Chisato Noguchi, Fuminori Yamaguchi, Hossain Akram, Masaaki Tokuda(第92回日本生理学大会 神戸国際会議場・展示場 2015.3)
  • 希少糖D-アロースはTXNIPの誘導とGlut1の発現抑制によって癌細胞増殖を抑制する                    D-allose inhibits cancer cell growth by an induction of thioredoxin interacting protein (TXNIP) and inhibition of Glut1 expression 野口知里、山口文徳、神鳥和代、隋麗、片木絢子、ホセインアクラム、塚本郁子、徳田雅明 (第92回日本生理学大会 神戸国際会議場・展示場 2015.3)
  • Rare sugar D-psicose (D-allulose)prevents progression and development of diabetes in T2DM model OLETF rats  Hossain Akram; Yamaguchi Fuminori; Sui Li; Kamitori Kazuyo;Dong Youyi; Tukamoto Ikuko;Iida tetsuo; Tokuda Masaaki;  (第92回日本生理学大会 神戸国際会議場・展示場 2015.3)
  • 森 宏仁、小原英幹、正木 勉,Kagawa NOTESプロジェクトにおける超低浸襲手術開発と医療機器開発,日本レーザー学会学術講演会第34回年次大会,2014.1.20-22, 北九州市
  • 杵川文彦、松田和也、大山知代、井上利彦、木田裕子、中尾克之、正木 勉,糖尿病患者における腹部症状と胃機能との関連,第10回日本消化管学会総会,2014.2.14-15, 福島市
  • 桑村英里、松岡裕士、小林伸也、細見直樹、小林聖幸、正木 勉,広範な消化管病変を観察しえた成人Henoch-Schonlein紫斑病の2例,第10回日本消化管学会総会,2014.2.14-15, 福島市
  • 國土曜平、池田和代、貞廣茂樹、高田忠幸、久米広大、鎌田正紀、出口一志、峠 哲男,バルプロ酸ナトリウムにより脳萎縮と可逆性の認知機能低下を呈した一例,第25回日本老年医学会四国地方会,2014.2.23, 徳島市
  • 新井明治、松永多恵、原田正和、寺中正人、藤原新太郎、小原英幹、森 宏仁、柳田哲矢、迫 康仁、正木 勉,駆虫により本邦最長の虫体2隻を排出した日本海裂頭条虫症の1例,第83回日本寄生虫学会大会,2014.3.28, 松山市
  • 杵川文彦、木田裕子、中尾克之、奥 真紀、大山知代、南木伸基、岡内泰弘、井上利彦、徳田道昭、正木 勉,当院におけるアルコール性肝硬変の臨床的特徴,第111回日本内科学会総会,2014.4.11, 東京都
  • 加藤清仁,鎌田英紀,正木 勉,抗糖尿病薬 Metformin よる消化器系癌細胞増殖の抑制機構―Metformin のターゲットmicroRNA の同定,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 森下朝洋、坂本鉄平、藤田浩二、前田瑛美子、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、米山弘人、樋本尚志、正木 勉,消化器癌における上皮間葉転換分子であるHMGA2の影響について,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 藤原新太郎、森 宏仁、小原英幹、松永多恵、西山典子、綾木麻紀、谷内田達夫、尾立磨琴、正木 勉,進行性腎細胞癌に対する分子標的治療薬中に重篤な消化管出血を来した3症例についての検討,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 三好久昭、前田瑛美子、坂本鉄平、藤田浩二、三村志麻、野村貴子、谷 丈二、森下朝洋、米山弘人、出口章広、樋本尚志、正木 勉,当院におけるうつ病合併C型慢性肝炎患者に対するIFNβの使用経験,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 藤森崇行、鎌田英紀、小林聖幸、大倉亮一、加藤清仁、有友雄一、小野昌弘、筒井邦彦、正木 勉,当院におけるInterventional EUSの現状と検討,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 小林三善、前田 剛、大浦杏子、 森田 翼,H.pylori感染状態とメタボリック症候群との関連性,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 森 宏仁,小原英幹,正木 勉,Endoscopic submucosal dissection 前の口腔内洗浄および胃洗浄法が治療後に及ぼす影響:胃内細菌培養の変化と臨床,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 谷 丈二、前田瑛美子、野村貴子、三好久昭、米山弘人、樋本尚志、守屋昭男、小川 力、森下朝洋、高口浩一、正木 勉,脈管侵襲を伴う高度進行肝細胞癌に対する当科の治療戦略と今後の展開,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 桑村英里、松岡裕士、小林伸也、渡邊桂子、細見直樹、阿河直子、正木 勉,当院における胆石性膵炎27例の検討~早期EST施行群と非施行群を比較して~,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、正木 勉,原発性胆汁性肝硬変患者における血中LPS値に相関する因子の解析,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、犬飼道雄、合田文則、正木 勉,C型慢性肝疾患患者における血清testosterone値に相関する因子の解析,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 小原英幹、森 宏仁、正木 勉、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、谷内田達夫、綾木麻紀,抗血栓薬服用例の胃ESD後,後出血リスク群の検討とマネージメント,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 杵川文彦、松田和也、木田裕子、中尾克之、井上利彦、正木 勉,脳梗塞患者の胃機能 ―胃電図による検討―,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.25, 東京都
  • 藤田浩二、桂 明子、坂本鉄平、森下朝洋、前田瑛美子、三村志麻、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、米山弘人、樋本尚志、正木 勉,メトホルミンの脂肪細胞に対する分化抑制機構を介したNASHの治療戦略―基礎的検討,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 千代大翔、井上秀幸、藤田直樹、山名浩喜、冨田悠介、神野有子、西 理子、吉武 晃、前田 純、國土泰孝,Collagenous colitisの3例,第100回日本消化器病学会総会,2014.4.23-26, 東京都
  • 森 宏仁,軟性内視鏡用・治療デバイスの最先端,Development of flexible endoscopic devices 2014 BIO Tech,2014.5.14, 東京都
  • 森 宏仁、小原英幹、正木 勉,術前口腔内洗浄および胃洗浄による術後感染への影響:ESDからLECSへの応用,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 加藤清仁、鎌田英紀、正木 勉,当科における膵炎後の仮性嚢胞・WON(Walled-off necrosis)に対する治療戦略と成績,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 森 宏仁、小原英幹、正木 勉,胃GISTに対するhybrid EFTR臨床導入の経験とpure EFTR臨床導入への機器開発の成果,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 小原英幹、森 宏仁、正木 勉、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、綾木麻紀、谷内田達夫、尾立磨琴,腫瘍径10mm以下,粘膜下層以内,転移のないNET G1に対するESD治療法の標準化に向けて,第87回日本消化器内視鏡学会総会2014.5.15-17, 福岡市
  • 西山典子、森 宏仁、正木 勉,従来法にて対処困難な上部消化管出血に対するOTSCの適応と有用性 ,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 松永多恵、内多訓久、森 宏仁、小原 英幹、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、谷内田達夫、尾立磨琴、正木 勉,潰瘍瘢痕併存早期胃癌のNBI拡大内視鏡の有用性についての検討,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 小林聖幸、鎌田英紀、藤森崇行、加藤清仁、有友雄一、小野昌弘、正木 勉,当科における超高齢者総胆管結石症に対する内視鏡的治療の検討,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 藤森崇行、鎌田英紀、小林聖幸、加藤清仁、有友雄一、小野昌弘、正木 勉,当科における内視鏡的経乳頭的胆嚢内挿管の成績,第87回日本消化器内視鏡学会総会2014.5.15-17, 福岡市
  • 小林伸也、松岡裕士, 桑村英里, 細見直樹, 丸岡敬幸, 小林聖幸, 正木勉,当院における胃瘻造設時横行結腸誤穿刺例の検討,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 綾木麻紀、森 宏仁、松永多恵、藤原新太郎、西山典子、谷内田達夫、尾立磨琴、小原英幹、正木 勉,十二指腸内視鏡治療後創面縫縮法の検討~当院でのOver-the-scope-clipを用いた縫縮の経験から~,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 谷内田達夫、森 宏仁、藤原新太郎、松永多恵、西山典子、綾木麻紀、尾立磨琴、小原英幹、正木 勉,大腸ESDにおける順方向と反転操作の比較検討,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • 尾立磨琴、森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、前田瑛美子、大浦杏子、河野知樹、菅間一乃、前田 剛、安田 貢、正木 勉,大網原発EGIST,第87回日本消化器内視鏡学会総会,2014.5.15-17, 福岡市
  • Touge T. Kume K, Ikeda K, Kamada M, Deguchi K, Nakamura Y.Changes of motor function in elder persons induced by ranscranial magnetic stimulation with maximum voluntary muscle contraction for serial 4 days.30th International Congress of Clinical Neurophysiology (ICCN) of the IFCN.2014.5.19-23, Berlin
  • 池田和代,全身型重症筋無力症に対する免疫グロブリン定期補充療法の有用性,第55回日本神経学会学術大会,2014.5.21-23, 福岡市
  • 藤田浩二、桂 明子、正木 勉,メトホルミンの脂肪細胞に対する分化抑制機構を介した Nonalcoholic steatohepatitis(NASH)の治療戦略―基礎的検討,第50回日本肝臓学会総会,2014.5.29-30, 東京都
  • 三好久昭、谷 丈二、正木 勉,当科における肝硬変の成因別実態,第50回日本肝臓学会総会,2014.5.29-30, 東京都
  • 藤田浩二、坂本鉄平、正木 勉,ガレクチン9 は肝癌細胞の増殖をin vitro及びin vivoで抑制する,第50回日本肝臓学会総会,2014.5.29-30, 東京都
  • 谷 丈二、米山弘人、正木 勉,カルシウムイオン受容タンパク S100 の HCV 複製複合体の結合と HCV複製の制御因子として役割,第50回日本肝臓学会総会2014.5.29-30, 東京都
  • 野村貴子、谷 丈二、前田瑛美子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、樋本尚志、正木 勉,脈管浸潤を伴う切除不能進行肝細胞癌に対する局所放射線併用リザーバー動注治療 fail 後ソラフェニブ導入例の検討,第50回日本肝臓学会総会,2014.5.29-30, 東京都
  • 小林聖幸、大倉亮一、藤田浩二、龍田美和、桂 明子、野村 圭、谷 丈二、三好久昭、坂本鉄平、藤森崇行、加藤清仁、鎌田英紀、有友雄一、小野昌弘、米山弘人、樋本尚志、正木 勉,胆管細胞癌におけるガレクチン9 の増殖抑制:in vitro及び in vivoでの検討,第50回日本肝臓学会総会,2014.5.29-30, 東京都
  • 樋本尚志、米山弘人、正木 勉,C型慢性肝疾患患者における亜鉛欠乏とインスリン抵抗性または肝脂肪化との関連について,第50回日本肝臓学会総会,2014.5.29-30, 東京都
  • 新井明治、松永多恵、原田正和、寺中正人、藤原新太郎、小原英幹、森 宏仁、柳田哲矢、迫 康仁、正木 勉 ,駆虫で得た本邦最長クラスの虫体2隻から展示用標本を作成した日本海裂頭条虫症の1例 ,第25回日本臨床寄生虫学会大会,2014.6.14, 東京都
  • 拓磨 慧、谷 丈二、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、正木 勉,胃壁に直接浸潤をきたした肝細胞癌の1例,第101回日本消化器病学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 小林三善, 大浦杏子, 森田 翼, 安田 貢, 前田 剛, 厚井文一,腸閉塞で発祥した小腸アニサキス症の1例,第101回日本消化器病学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 杵川文彦、松田和也、井上利彦、木田裕子、中尾克之、正木 勉,糖尿病患者における便秘は胃機能と関連し、QCLにも影響を及ぼす,第101回日本消化器病学会四国支部例会/第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 安田 貢、小林三善、前田 剛、大浦杏子、森田 翼,H.Pylori感染状態における問診内容の信頼度についての検討,第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 藤田浩二、坂本鉄平、前田瑛美子、龍田美和、桂 明子、豊田由花、三村志麻、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、樋本尚志、正木 勉,メトホルミンによるNASHの進行抑制効果に関連するmiRNAの網羅的解析,第101回日本消化器病学会四国支部例会/
  • 第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 河野寿明、谷内田達夫、小原英幹、松永多恵、藤原新太郎、綾木麻紀、森 宏仁、香月奈穂美、羽場礼次、正木 勉,診断的ESDにて診断し得た直腸Lymphoid hyperplasiaの1例,,第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 小原英幹、森 宏仁、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、森下朝洋、筒井邦彦、尾立磨琴、串田吉生、羽場怜次、正木 勉,粘膜下トンネル生検法で得られた直視下胃粘膜腫瘍像の診断的付加価値,第101回日本消化器病学会四国支部例会/第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 綾木麻紀、森 宏仁、松永多恵、藤原新太郎、西山典子、谷内田達夫、尾立磨琴、小原英幹、正木 勉,当院の十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の現状と課題,第101回日本消化器病学会四国支部例会/第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、松永多恵、谷内田達夫、綾木麻紀、正木 勉,Hybrid EFTR(LFCS)臨床導入17例の経験とpure EFTRへの機器開発,第101回日本消化器病学会四国支部例会/第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 小林聖幸、鎌田英紀、山下拓磨、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、筒井邦彦、正木 勉,当院におけるtherapecutic EUSの現況,第101回日本消化器病学会四国支部例会/第112回日本内視鏡学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • 波間大輔、松岡裕士、桑村英里、小林伸也、渡邊桂子、細見直樹、山下拓磨、小林聖幸、正木 勉,経胃瘻的なイレウス管挿入が有用であった重度認知症イレウス患者の1例,第101回日本消化器病学会四国支部例会,2014.6.14-15, 松山市
  • Touge T, Kume K, Takata K, Kokudo Y, Deguchi K, Ikeda K, Kamada M, Ying-zu H.Clinical Application of Transcranial Magnetic Stimulation with Maximum Voluntary Muscle Contraction (TMS with MVC): A Report in Three Cases with Lower Motor Neuron Disability. 2014 International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2014),2014.6.26-29, Taiwan
  • 久米広大、國土曜平、高田忠幸、池田和代、 鎌田正紀、出口一志、田中恵子、正木 勉、峠 哲男,抗ガングリオシド抗体を伴った抗NMDA受容体脳炎の1例,第96回日本神経学会 中国・四国地方会,2014.6.28, 岡山市
  • 國土曜平、池田和代、杵川文彦、谷内田達夫、高田忠幸、久米広大、鎌田正紀、出口一志、峠 哲男、正木 勉、樋口 理、中根俊成,消化器症状のみを呈し、免疫療法が奏功した自己免疫性自律神経節障害の一例,第96回日本神経学会 中国・四国地方会,2014.6.28, 岡山市
  • 樋本尚志、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、正木 勉,C型慢性肝疾患患者における自己免疫現象とインスリン抵抗性との関連について,第51回日本消化器免疫学会総会,2014.7.10-11, 京都市
  • 岩間久和、藤田浩二、井町仁美、村尾孝児、正木 勉,ヒト・マイクロRNAの生起時期と発現量及びターゲット機能,日本進化学会 第16回大阪大会2014.8.21-24, 高槻市
  • 舛形 尚、千田彰一、樋本尚志、犬飼道雄、谷内田達夫、合田文則、岡田宏基,甲状腺ホルモン補充療法によるCEAの変化に関する検討,第9回日本病院総合診療医学会学術総会,2014.9.19-20, 高崎市
  • Fujita K, Sakamoto T, Morishita A, Niki T, Iwama H, Hirashima M, Masaki T.Galectin-9 induces apoptosis of HCC in vitro and in vivo through up-regulation of miR-1246. 19th World Congress on Advances in Oncology and 17th International Symposium on Molecular Medicine,2014.10.9-11, Greece
  • Kobara H, Mori H, Fujihara S, Nishiyama N, Matsunaga T, Ayaki M, Yachida T, Masaki T. EVALUATION OF GASTRIC SUBMUCOSAL TUMORS BY ENDOSCOPIC VISUALIZED FEA-TURES ON SUBMUCOSAL ENDOSCOPY.UEG Week Vienna 2014,2014.10.18-22, Austria
  • 谷 丈二、野村貴子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、永野拓也、高口浩一、守屋昭男、安東正晴、小川 力、正木 勉,高度脈管侵襲を伴う切除不能進行肝細胞癌に対する内科的治療戦略,第18回日本肝臓学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 森下朝洋、桂 明子、谷 丈二、坂本鉄平、龍田美和、藤田浩二、前田瑛美子、野村貴子、三好久昭、米山弘人、正木 勉,NASHに対するメトホルミン作用機序に関連するマイクロRNAの網羅的解析,第18回日本肝臓学会2014.10.23-26, 神戸市
  • 藤田浩二、坂本鉄平、桂 明子、前田瑛美子、龍田美和、山名由花、三村志麻、野村貴子、谷 丈二、三好久昭、森下朝洋、米山弘人、樋本尚志、正木 勉,メトホルミンはNASHマウスモデルにおいて肝線維化の進行を抑制する,第18回日本肝臓学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 坂本鉄平、森下朝洋、正木 勉,治療抵抗性の原発性胆汁肝硬変に関連するmicroRNAの同定,第18回日本肝臓学会/第56回日本消化器病学会/第88回日本消化器内視鏡学会./第12回日本消化器外科学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 小林伸也、松岡裕士、桑村英里、波間大輔、渡邊桂子、細見直樹、阿河直子、山下拓磨、小林聖幸、正木 勉,当院における中腸回転異常症の成人発見21症例の検討,第56回日本消化器病学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 樋本尚志、米山弘人、正木 勉,非アルコール性脂肪肝炎患者における抗核抗体とインスリン抵抗性との関連について,第18回日本肝臓学会/第56回日本消化器病学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 小林聖幸、藤田浩二、大倉亮一、龍田美和、桂 明子、野村 圭、谷 丈二、三好久昭、坂本鉄平、藤森崇行、加藤清仁、鎌田英紀、米山弘人、樋本尚志、正木 勉,胆管癌におけるガレクチン-9の増殖抑制効果に関連するmi-RNAの同定,第56回日本消化器病学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 谷内田達夫、小原英幹、森 宏仁,大腸ESDにおけるはさみ型Clutch Cutter併用の安全性及び有用性に関する比較検討,第88回日本消化器内視鏡学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 大浦杏子、小林三善、森田 翼、安田 貢、前田 剛,80歳以上の高齢者に対するERCP(特に総胆管結石治療)の検討,第88回日本消化器内視鏡学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 藤森崇行、鎌田英紀、小林聖幸、大倉亮一、加藤清仁、正木 勉,当院における急性胆嚢炎に対する内視鏡的治療の成績と工夫,第88回日本消化器内視鏡学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 野村貴子、谷 丈二、出口章広、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、山本尚樹、岡野圭一、鈴木康之、正木 勉,門脈圧亢進症を有する肝障害度Cの肝細胞癌症例に対する摘脾の有効性,第18回日本肝臓学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 三好久昭、坂本鉄平、野村貴子、谷 丈二、森下朝洋、米山弘人、正木 勉,当院における肝硬変に合併した難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注療法(CART)の現状~トルバプタンとの併用効果も含めて~,第18回日本肝臓学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 小島康司、内多訓久、岩崎丈絋、川田 愛、中山 瑞、岡崎三千代、岩村伸一、西山典子、小原英幹、森 宏仁,NBI拡大内視鏡にて範囲診断困難であったピロリ除菌後胃癌の3例の検討,第88回日本消化器内視鏡学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 小原英幹、森 宏仁、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、綾木麻紀、谷内田達夫、尾立磨琴、正木 勉,優秀演題 消化管救急医療におけるOver-The-Scope-Clipの臨床的有用性,第88回日本消化器内視鏡学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 小林聖幸、鎌田英紀、山下拓磨、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、筒井邦彦、正木 勉,悪性十二指腸狭窄に対するメタリックステント留置術にて偶発症を来たした2症例,第88回日本消化器内視鏡学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 大島 稔、岡野圭一、谷内田真一、串田吉生、加藤清仁、鎌田英紀、和唐正樹、西平友彦、福田 洋、前場隆志、井上秀幸、正木 勉、鈴木康之,優秀演題 十二指腸乳頭部癌における病理組織学的サブタイプを含む予後規定因子の検討,第12回日本消化器外科学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 加藤清仁、鎌田英紀、正木 勉,巨大胆管結石に対する直接胆道鏡下EHL砕石術における当院での工夫,第88回日本消化器内視鏡学会/第56回日本消化器病学会/第12回日本消化器外科学会,2014.10.23-26, 神戸市
  • 出口一志,Head-up tilt試験・起立試験,第67回日本自律神経学会総会,2014.10.30-31, さいたま市
  • 小野正大、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、正木 勉,繰り返す膵炎を契機に発見されたcholedococeleの1例,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 河野知樹、菅間一乃、藤森絢子、尾立磨琴、森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木 勉,Uncovered Metallic Stentが有用だった下部胆管腫瘍の一例,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 桑村英里、松岡裕士、波間大輔、小林伸也、阿河直子、正木 勉,当院でけいけんした広範な消化管病変を認めた成人Henoch-Schonlein紫斑病の2症例,第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 藤田直樹、小野昌弘、河野寿明、山名浩喜、冨田悠介、西 理子、吉武 晃、出口章広、井上秀幸、千代大翔、正木 勉,減黄に苦慮した膵頭部癌による閉塞性黄疸の1例,第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 谷内田達夫、小原英幹、千代大翔、松永多恵、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、森 宏仁、正木 勉,大腸ESDにおけるはさみ型デバイス併用の有用性に関する比較検討,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 千代大翔、森 宏仁、藤原新太郎、西山典子、松永多恵、綾木麻紀、谷内田達夫、小原英幹、正木 勉、尾立磨琴,結腸巨大有茎性ポリープに対する内視鏡的茎部切除の有用性,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 加藤清仁、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、正木 勉,当院における総胆管結石に対するEndoscopic papillary large balloon dilation(EPLBD)の検討,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 小林聖幸、鎌田英紀、山下拓磨、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、正木 勉,当院における胆道疾患に対するinterventional EUSの現状,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 藤森崇行、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、加藤清仁、正木 勉,当院における膵疾患に対するinterventional EUSの現状,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 山名浩喜、出口章広、河野寿明、藤田直樹、富田悠介、西 理子、吉武 晃、井上秀幸、國土泰孝、正木 勉,マイクロスフィアを用いた冠動脈塞栓術が有効であった巨大肝細胞癌の一例,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 菅間一乃、河野知樹、藤森絢子、井上達史、尾立磨琴、小原英幹、森 宏仁、西山典子、藤原新太郎、千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木 勉,Submucosal tumorに対する粘膜下トンネル生検法の臨床経験からみえた利点と課題-Peel and Peeping methodのESDへの応用も踏まえて-,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 杉森千聖、出口章広、河野寿明、山名浩喜、藤田直樹、冨田悠介、西 理子、吉武 晃、井上秀幸、國土泰孝、正木 勉,長時間にわたり肝血管腫として経過観察された細胆管癌の1例,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 河野知樹、菅間一乃、藤森絢子、井上達史、尾立磨琴、小原英幹、森 宏仁、西山典子、藤原新太郎、千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木 勉,内視鏡治療偶発症および術後合併症においてOver-The-Scope Clip(OTSC)は有用である,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 松永多恵、森 宏仁、小原英幹、千代大翔、藤原新太郎、西山典子、綾木麻紀、谷内田達夫、正木 勉,子宮頸部出血に対する内視鏡的止血凝固術の臨床応用,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 出口章広、國土泰孝、河野寿明、藤田直樹、山名浩喜、富田悠介、西 理子、吉武 晃、井上秀幸、正木 勉,肝細胞癌に対する薬剤溶出性ビーズの初期治療成績,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3,高松市
  • 中原麻衣、山名佳美、室田将之、橋本 希、近藤彰宏、竹林隆介、近藤昭宏、岡田節雄、正木 勉,肺動脈血栓塞栓症を契機に発見された上行結腸癌重積の1例,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 谷 丈二、大浦杏子、西岡智子、前田瑛美子、三村志麻、藤田浩二、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、森下朝洋、正木 勉,脈管侵襲を伴う高度進行肝細胞癌に対する当科の治療戦略,第102回日本消化器病学会四国支部例会/第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 菅間一乃、河野知樹、藤森絢子、尾立磨琴、森 宏仁、小原英幹、西山典子、藤原新太郎、千代大翔、綾木麻紀、松永多恵、谷内田達夫、正木 勉,急性および慢性閉塞症状をきたした腸管子宮内膜の2例,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 山名佳美、中原麻衣、室田將之、正木 勉,早期胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術に対するネオベール貼付の効果についての検討,第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 波間大輔、松岡裕士、桑村英里、小林伸也、山下拓磨、渡邊桂子、小林聖幸、正木 勉,急性胆嚢炎により惹起されたイレウスに対して経胃瘻的イレウス管留置が奏功した1例,第113回日本消化器内視鏡学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 千代大翔,症例1,消化管疾患(内科)症例提示,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 綾木麻紀,症例1 消化管疾患(内科)症例解説,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 大浦杏子,症例2 肝臓疾患(内科)症例提示,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 森田 翼,症例2 肝臓疾患(内科)読影・ディスカッサー,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 出口章広,症例2 肝臓疾患(内科)読影・ディスカッサー,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 米山弘人,症例2 肝臓疾患(内科)症例解説,第102回日本消化器病学会四国支部例会,2014.11.2-3, 高松市
  • 小塚和弘、鎌田英紀、山下拓磨、小林聖幸、大倉亮一、藤森崇行、加藤清仁、正木 勉,有症状の慢性膵炎症例に対して超音波内視鏡下胃膵吻合が有用であった1例,平成26年度香川県医学会,2014.11.9, 丸亀市
  • 出口章広、山名浩喜、藤田直樹、河野寿明、富田悠介、西 理子、吉武 晃、井上秀幸、國土泰孝、正木 勉,肝細胞癌に対する薬剤溶出性ビーズの初期治療成績,平成26年度香川県医学会,2014.11.9, 丸亀市
  • 多田尚矢、谷 丈二、大浦杏子、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、正木 勉,集学的治療が奏功した高度門脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌の1例,平成26年度香川県医学会,2014.11.9, 丸亀市
  • 中林良太、谷 丈二、大浦杏子、坂本鉄平、野村貴子、三好久昭、米山弘人、正木 勉,急性B型肝不全の1例,平成26年度香川県医学会,2014.11.9, 丸亀市
  • 久米広大、鎌田正紀、國土曜平、高田忠幸、池田和代、出口一志、正木 勉、峠 哲男,Babinski徴候を認め,運動誘発電位検査により錐体路障害を確認できたギランバレー症候群の1例,第44回日本臨床神経生理学会学術大会,2014.11.19-21, 福岡市
  • 森 宏仁,先進内視鏡治療・手術の現状,第26回東予消化器疾患カンファレンス,2014.11.28, 新居浜市
  • 大久保友人、河上 良、飛梅 淳、石川かおり、村上和司、野間貴久、大森浩二、河野雅和、坂本鉄平、正木 勉,門脈血栓を有する門脈圧亢進症に伴った肺動脈性肺高血圧症の1例,第111回日本内科学会四国地方会,2014.11.30, 松山市
  • 小林伸也、松岡裕士、桑村英里、波間大輔、渡邊桂子、阿河直子、合田吉徳、山下拓磨、小林聖幸、正木 勉,当院におけるPEG困難症例の検討,第111回日本内科学会四国,2014.11.30, 松山市
  • 久米広大,フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)とレボカルニチンの併用療法によりジストニアに改善を認めたL-2-ヒドロキシグルタル酸尿症(L2HGA)の1例,第97回日本神経学会 中国・四国地方会,2014.12.6, 広島市
  • 國土曜平,尿路感染症を契機に反復するADH分泌異常症候群(SIADH)を呈した多系統萎縮症(MSA)の1例,第97回日本神経学会 中国・四国地方会,2014.12.6, 広島市
  • 高田忠幸,ビタミンB1(VB1)欠乏下にギラン・バレー症候群(GBS)軸索型を併発したと考えられる1例,第97回日本神経学会 中国・四国地方会,2014.12.6, 広島市
  • 高田忠幸,ビタミンB1(VB1)欠乏下にギラン・バレー症候群(GBS)軸索型を併発したと考えられる1例,第97回日本神経学会 中国・四国地方会,2014.12.6, 広島市
  • 加地 智洋、太田 健一、鈴木 辰吾、割田 克彦、三木 崇範. 脳発達期の母子分離は海馬BDNFとその下流シグナルを低下させる. 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会
  • Ken-ichi Ohta, Shingo Suzuki, Katsuhiko Warita, Takashi Kusaka, Takanori Miki. Early life stress reduces BDNF expression and its related factors in rat hippocampus during brain development. 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回日本生理学会大会合同大会
  • 坪井 一人,田井 達也,宇山 徹,芳地 一,山野 由美子,和田 昭盛,上田 夏生.脂肪酸エタノールアミドを加水分解する酸性アミダーゼの内因性活性化因子の探索および蛍光基質を用いた阻害剤の評価(Oral).第56回日本脂質生化学会,June 6-7,2014,大阪府東大阪市(近畿大学東大阪キャンパス)
  • 宇山 徹,井上 愛美,岡本 蓉子,Iffat Ara Sonia Rahman,坪井 一人,井上 智人,徳村 彰,上田 夏生.LRATに相同性を示す新規リン脂質代謝酵素PLA/AT-1の機能解析(Oral).日本ビタミン学会第66回大会,June 13-14,2014,兵庫県姫路市(姫路商工会議所)
  • Uyama, T., Inoue, M., Okamoto, Y., Shinohara, N., Tai, T., Watanabe, M., Rahman, I.A.S., Tsuboi, K., Inoue, T., Tokumura, A., Ueda, N., Peroxisomal dysfunction by PLA/AT family proteins is not related to their NAPE-forming N-acyltransferase activity (Poster). 24th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, June 28-July 3, 2014, Baveno (The Grand Hotel Dino), Italy
  • 坪井 一人,田井 達也,Rahman Iffat A.S.,井上 智人,宇山 徹,藤内 武春,上田 夏生.蛍光基質を用いたヒト酸性セラミダーゼの酵素活性測定法の開発(Poster)第87回日本生化学会大会,October 15-18,2014,京都市左京区(国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都)
  • 上田 夏生.新規リン脂質代謝酵素群PLA/ATファミリーの生理機能解析(Invited, Oral).酵素研究助成 第40回日本応用酵素協会研究発表会,Nov 10,2014,大阪市(ホテル阪急インターナショナル)
  • Uyama, T., Watanabe, M., Kawai, K., Kono, N., Tsuboi, K., Araki, N., Arai, H., Ueda, N., Regulation of peroxisome levels by PLA/acyltransferase-3 (Oral). 6th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015), Feb 10-12,2015, Tokyo (Keio Plaza Hotel), Japan
  • Tsuboi, K., Okamoto, Y., Rahman, I.A.S., Uyama, T., Inoue, T., Tokumura, A., Ueda, N., Glycerophosphodiesterase GDE4 is a novel lysophospholipase D generating N-acylethanolamine and LPA (Oral). 6th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015), Feb 10-12,2015, Tokyo (Keio Plaza Hotel), Japan
  • Watanabe, M., Uyama, T., Inoue, M., Okamoto, Y., Shinohara, N., Tsuboi, K., Tokumura, A., Ueda, N., PLA/acyltransferase family proteins are involved in generation of N-acylphosphatidylethanolamine in living cells (Poster). 6th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015), Feb 10-12,2015, Tokyo (Keio Plaza Hotel), Japan
  • Tai, T., Tsuboi, K., Rahman, I.A.S., Inoue, T., Uyama, T., Ueda, N., Development of a fluorescence-based assay system for acid ceramidase activity (Poster). 6th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators (PLM2015), Feb 10-12,2015, Tokyo (Keio Plaza Hotel), Japan
  • 上田 夏生,宇山 徹,渡邊 政博,坪井 一人,川合 克久,荒木 伸一,河野 望,新井 洋由.LRATに相同性を示すホスホリパーゼA1/A2型酵素によるペルオキシソーム形成の制御(Oral).第346回脂溶性ビタミン総合研究委員会,March 13,2015,東京都港区(東京慈恵会医科大学)
  • 三宅克也,江上洋平,川合克久,荒木伸一:ライブセルイメージングによる細胞膜修復を行う小胞膜の起源についての検討. 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会 2014年10月25日~2014年10月26日 広島県広島市
  • 馬場智朗,三宅克也,川合克久,秦勝志,大内史子,反町洋之,荒木伸一:骨格筋特異的カルパイン-3の膜損傷時における動態. 日本解剖学会第69回中国・四国支部学術集会 2014年10月25日~2014年10月26日 広島県広島市
  • Kato, T., Kawai, K., Egami, Y., Araki, N., Kakehi, Y.: Optogenetic control of Rac1-dependent lamellipodial motility in prostate cancer PC-3 cells. 第66回西日本泌尿器学会総会 2014年11月6日~2014年11月8日 岡山県倉敷市
  • 寺坂慎平,前川大志,荒木伸一,田口友彦,新井洋由PIPs代謝によるマクロピノサイトーシスの制御機構の解明. 第87回日本生化学会大会 2014年10月15日~2014年10月18日 京都市
  • 江上洋平,川合克久,荒木伸一:RhoC GTPaseはマクロファジーにおけるファゴゾーム形成に関与する. 第87回日本生化学会大会 2014年10月15日~2014年10月18日 京都市
  • Miyake, K., Goda, M., Inoue, S., Araki, N. : Directly observed membrane disruption and resealing during centrifugation of sea urchin eggs. The 2014 ASCB Annual Meeting 2014年12月6日~2014年12月9日, Pennsylvania(USA)
  • Egami, Y., Kawai, K., Araki, N. : RhoC GTPase regulates phagosome formation through mDia1 promoting actin assembly during FcγR-mediated phagocytosis in macrophages. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第92回日本生理学会大会合同大会、平成27年3月21日~平成27年3月23日, 兵庫県神戸市
  • Kawai, K., Nishigaki, A., Egami, Y., Araki, N.: Rab10-positive macropinosome-like structures provide a novel endocytic pathway. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第92回日本生理学会大会合同大会、 平成27年3月21日~平成27年3月23日, 兵庫県神戸市
  • Miyake, K., Goda, M., Nakagawa, T., Inoue, S., Araki, N.: Directly observed membrane disruption and resealing during centrifugation of sea urchin eggs by centrifuge polarizing microscope. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第92回日本生理学会大会合同大会、平成27年3月21日~平成27年3月23日, 兵庫県神戸市
  • Ikeda, Y., Kawai, K., Araki, N.: Molecular mechanism of phagosome formation by Rac1switching control both in space and time.第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第92回日本生理学会大会合同大会、 平成27年3月21日~平成27年3月23日, 兵庫県神戸市
  • Nishigaki, A., Sawada, K., Yagi K., Kawai, K., Araki, N.: Sequential recruitments of Rab35, Rab8 and Rab10 during macropinosome formation. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第92回日本生理学会大会合同大会、 平成27年3月21日~平成27年3月23日, 兵庫県神戸市
  • Araki, N.: Optogenetic analysis of spatiotemporal regulation of macropinocytosis and phagocytosis through Rac1 switching in macrophages. 第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会, 第92回日本生理学会大会合同大会、平成27年3月21日~平成27年3月23日, 兵庫県神戸市(シンポジウム)
  • 吉田裕美,吉原明秀,寺岡美沙,林順司,田仲広明,伊中浩治,太田和敬,何森健,神鳥成弘,「宇宙空間を利用した希少糖生産酵素の結晶化」,第14回日本蛋白質科学会年会,2014年6月,横浜
  • Yuji Terami, Hiromi Yoshida, Keiko Uechi, Goro Takata & Shigehiro Kamitori, Crystal structure of L-ribose isomerase from Cellulomonas parahominis MB426, International Union of Crystallography 2014, August 5-12, 2014, Montreal, Canada
  • Hiromi Yoshida, Akihide Yoshihara, Misa Teraoka, Yuji Terami, Goro Takata, Ken Izumori and Shigehiro Kamitori, X-ray structure analysis of Acinetobacter sp. L-ribose isomerase for metabolizing non-natural sugar L-ribose, FEBS-EMBO 2014, August 30-September 4, 2014, Paris, France
  • 吉田裕美,吉原明秀,石井 知彦,何森健,神鳥成弘,「希少糖生産酵素Pseudomonas cichorii由来 D-タガトース 3-エピメラーゼの変異酵素を用いた糖アルコールおよびデオキシ希少糖との複合体構造解析」2015年度農芸化学会大会, 2015年3月, 岡山
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範 アフリカツメガエルの皮膚および遍在型ガレクチンの立体構造解析 第14回日本蛋白質科学会年会 2014年6月 横浜
  • 野中康宏, 小川崇, 吉田裕美, 東海林博樹, 西望, 神鳥成弘, 中村隆範 アフリカツメガエル皮膚由来ガレクチンの立体構造と機能の解析 第87回日本生化学会大会、2014年10月 京都
  • 山下賀容子, 中村隆範 K562細胞の増殖における必要因子について 第87回日本生化学会大会、2014年10月 京都
  • 小川 崇,東海林 博樹,野中 康宏, 舘野 浩章, 平林 淳, 西 望,中村 隆範 ツメガエル消化管およびヒト大腸がん細胞におけるガレクチン4の発現及び機能解析 第87回日本生化学会大会2014年10月15日~18日京都
  • Takashi Ogawa,Biological activity of galectin-4 and its roles in CRCs growth. 第73回日本癌学会学術総会2014年9月25日~27日京都
  • ウェルシュ菌の菌体表層に存在するフィブロネクチン結合タンパク質の機能解析.第67回日本細菌学会 中国・四国支部総会、2014年10月、徳島.
  • 溶菌酵素Psm のSH3_3 domain の機能解析.第67回日本細菌学会 中国・四国支部総会、2014年10月、徳島.
  • Identification of the cell wall-associated fibronectin-binding proteins of Clostridium perfringens.第88回日本細菌学会総会、2015年3月、岐阜.
  • Determination of the Clostridium perfringens-binding site on fibronectin.第88回日本細菌学会総会、2015年3月、岐阜.
  • Development of T7 expression system for AT-rich genes using avirulent Clostridium perfringens.第88回日本細菌学会総会、2015年3月、岐阜.
  • Functional analysis of the hypothetical gene, orf540, in retron- Vc95 of Vibrio cholerae O1 El Tor.第88回日本細菌学会総会、2015年3月、岐阜.
  • Eukaryotic protein kinase and phosphatase regulate morphology of Clostridium perfringens.第88回日本細菌学会総会、2015年3月、岐阜.
  • 今大路治之、山本高成、芳池 一、桑原知巳、Raoultella ornithinolytica におけるhistidine decarboxylase 遺伝子の発現制御.第67回日本細菌学会中国・四国支部総会、2014年10月、徳島.
  • 今大路治之、Raoultella ornithinolyticaのhistamine産生機構.2014中国・四国乳酸菌研究会、2014年5月、岡山.
  • Genetic relatedness of Enterococcus faecalis between eye-associated isolates and the other clinical isolates Daisuke Todokoro; Hisoshi Eguchi; Motoo Suzuki; Takashi Suzuki; Shinichiro Kobayakawa; Saichi Hoshi; Tomoyuki Inoue; Ryohei Nejima; Tomomi Kuwahara ARVO 2014 Annual Meeting, 2014.05
  • "マウス腸内難培養菌の胞子精製.鈴木基生; 今大路治之; 桑原知巳.日本遺伝学会第86回大会、
  • 2014年9月."
  • 経腸栄養管理に難渋した胎便性腹膜炎の1例.田中 彩、下野 隆一、久保 裕之、藤井 喬之、桑原 知巳、鈴木 基生.第53回日本小児外科学会中国四国地方会、2014年9月、
  • 小腸瘻造設児に対する遠位腸管への注入療法の経験.田中 彩、下野 隆一、久保 裕之、藤井 喬之、桑原 知巳、鈴木 基生.第44回日本小児外科代謝研究会、2014年10月.
  • 腸管出血性大腸菌の志賀毒素産生性と酸化ストレス.内田景子、今大路治之、堀内功典、岡崎勝一郎、綿引正則、大西 真、桑原知巳.第37回日本分子生物学会年会、2014年11月、横浜.
  • Raoultella ornithinolyticaのhistidine decarboxylase遺伝子はCRPまたはFisによって正に制御されている。山本高成、今大路治之、大岡唯祐、後藤恭宏、芳地 一、林 哲也、桑原知巳.第37回日本分子生物学会年会、2014年11月、横浜.
  • 西山 成、Asadur R、藤澤良秀、Sufiun A、中野大介、小堀浩幸、Rafiq K腎交感神経切除術はSGLT-2経路の抑制を介してインスリン抵抗性を改善する 福岡 第87回日本内分泌学会学術総会 2014.4
  • 西山 成、小堀浩幸、中野大介、柴山弓季(プロ)レニン受容体のWnt/β-catenin系活性化を介した膵癌進展メカニズム 第87回日本内分泌学会学術総会 2014.4
  • 竜崎正毅、森本 聡、水口悠貴、新山道大、吉田尚弘、関 康史、渡辺大輔、森 典子、福田いずみ、小堀浩幸、西山 成、安藤 孝、市原淳弘 本態性高血圧患者における腎機能と組織レニンーアンジオテンシン系指標との関連広島 第3回臨床高血圧フォーラム 2014.5
  • 西山 成、藤澤良秀、小堀浩幸、ラフィーカジ 腎交感神経切除術はSGLT-2発現を抑制してメタボリックシンドロームでのインスリン抵抗性を改善する広島 第3回臨床高血圧フォーラム 2014.5
  • 西山 成、藤澤良秀、中野大介、小堀浩幸、ラフィーカジ、サフィンアブ―ダール食塩感受性ラットに対する急性食塩負荷はextremely dipperパターンの昇圧を示す:ビルタグリプチンによる改善効果広島 第3回臨床高血圧フォーラム 2014.5
  • 西山 成、藤澤良秀、中野大介、小堀浩幸、Kazi R、Sufiun A 食塩感受性ラットの高血圧発症時に生じるextremely dipperパターンは、ビルタグリプチン投与によって改善する 岡山 第125回日本薬理学会近畿部会 2014.6
  • 西山 成、Asadur R、藤澤良秀、Sufiun A、小堀浩幸、Kazi R 腎交感神経を介した腎糖代謝連関;メタボリックシンドロームラットでの検討 岡山 第125回日本薬理学会近畿部会 2014.6
  • 中野大介、西山 成 敗血症急性期における腎尿細管細胞周期の移行は急性腎障害の重症度と関連する 岡山 第125回日本薬理学会近畿部会 2014.6
  • 武重由依、藤澤良秀、Sufiun A、Asadur R、Rafiq K、中野大介、小堀浩幸、緒方浩顕、西山 成 OLETFラットにおけるSGLT2阻害薬エンパグリフロジンの降圧作用 横浜 第57回日本腎臓学会学術総会 2014.7
  • 西山 成、藤澤良秀、Asadur R、Sufiun A、小堀浩幸、Rafiq K 腎交感神経切除術はSGLT2発現を抑制してインスリン抵抗性を改善する 横浜 第57回日本腎臓学会学術総会 2014.7
  • 中野大介、西山 成 生体イメージングによる敗血症性急性腎障害の病態解析 横浜 第57回日本腎臓学会学術総会 2014.7
  • 西山 成、藤澤良秀、小堀浩幸、Rafiq K、Sufiun A 食塩感受性高血圧ラットにおけるDPP-4阻害薬ビルダグリプチンの降圧作用の検討 横浜 第57回日本腎臓学会学術総会 2014.7
  • 西山 成、Kazi R 肥満ラットのインスリン抵抗性は、腎交感神経切除によってSGLT-2発現減少を介して改善する 神戸 第44回日本腎臓学会西部学術大会 2014.10
  • 西山 成 Rahman A SGLT2阻害薬によるナトリウム利尿作用は、利尿薬の併用によって影響を受けない 神戸 第44回日本腎臓学会西部学術大会 2014.10
  • 武重由依、緒方浩顕、西山 成 SGLT2阻害薬エンパグリフロジンは、ナトリウム利尿を介してdippingパターンの正常化を伴った降圧を示す第44回日本腎臓学会東部学術大会 東京 2014.10
  • 西山 成 DDP-4阻害薬は食塩感受性高血圧ラットにおいて尿中Na排泄増加を伴ったdipping patternの改善と降圧作用を示す第44回日本腎臓学会東部学術大会 東京 2014.10
  • 西山 成、カジラフィー、森川 貴、柴田幹子、岸田真嗣、濱田真宏、北林千津子、小西啓夫、今西政仁 食塩感受性高血圧ラットにおいて生じた腎組織障害は、減塩とARB・CCBによる厳密な降圧により後退しうる 名古屋 第25回腎とフリーラジカル研究会 2014.9
  • 西山 成、藤澤良秀、Sufiun A、Rafiq K、中野大介、小堀浩幸、Asadur R メタボリックシンドロームラットにおけるSGLT2阻害薬ルセオグリフジンのナトリウム利尿作用は、他の利尿薬によって影響をうけない 横浜 第37回日本高血圧学会総会 2014.10
  • 武重由依、藤澤良秀、Sufiun A、Asadur R、Rafiq K、中野大介、小堀浩幸、緒方浩顕、西山 成 SGLT2阻害薬エンパグリフロジンは、メタボリックシンドロームラッットのdippingパターンの正常化を伴った降圧を示す 横浜 第37回日本高血圧学会総会 2014.10
  • 藤澤良秀、中野大介、小堀浩幸、西山 成 覚醒下自由行動ラットにおける高食塩食負荷初期の血圧・腎交感神経活動の変化 横浜 第37回日本高血圧学会総会 2014.10
  • 中野大介、武重由依、藤澤良秀、Sufiun A、Rahman A Kazi R、緒方浩顕、西山 成 メタボリックシンドロームラットにおけるSGLT2阻害薬エンパグリフロジンの降圧作用 和歌山 第126回日本薬理学会近畿部会 和歌山
  • 西山 成、緒方浩顕、武重由依 SGLT2阻害薬エンパグリフロジンは、塩分過剰メタボリックシンドロームラットで生じるnon-dipperパターンの血圧変化を改善する西山 成、緒方浩顕、武重由依 横浜 第18回日本心血管内分泌代謝学会学術集会 2014.11
  • 柴山弓季、谷内田真一、西山 成 (プロ)レニン受容体は、Wnt/β-catenin 経路を活性化して膵臓癌の進展に寄与する 横浜 第37回日本分子生物学会年会 2014.11
  • Sufiun A、中野大介、西山 成 ダール食塩感受性高血圧ラットの高血圧発症時における血圧 日内変動とDPP-4阻害薬の影響 和歌山 第50回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 2014.12
  • 武重由依、緒方浩顕、西山 成 塩分負荷した肥満OLETFラットにおいてSGLT2阻害薬はナトリウム利尿を伴った降圧を示す 和歌山 第50回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 2014.12
  • 中野大介、土井研人、西山 成 生体リアルタイムイメージングによる敗血症性急性腎障害の機序解析 山形 第24回日本循環薬理学会 2014.12
  • Nakano D, Nishiyama A Multiphoton imaging of microcirculation in the septic kidney.The 18th International Vascular Biology Meeting Kyoto 2014.4
  • Takeshige Y,Fujisawa Y, Sufiun A, Rahman A, Rafiq K, Nakano D, Ogata H Effects of a SGLT2 inhibitor empagliflozin, on blood pressure and urinary excretion of sodium in salt-treated metabolic syndrome rats. The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology Tokyo 2014.5
  • Rafiq K, Sherajee S, Fujisawa Y, Mogi M, Sufiun A, Rahman A, Nakano D, Koepsell H, Nishiyama A Effects of renal sympathetic denervation on blood pressure andglucose metabolism in obese type 2 diabetic rats.The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology Tokyo 2014.5
  • Sufiun A, Rahman A, Kitada K, Fujisawa Y, Nakano D, Rafiq K, Nishiyama A Effects of high salt and renal denervation on blood pressure and dipping pattern in rats treated with adenine.The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology Tokyo 2014.5
  • Sufiun A, Fujisawa Y, Rahman A, Nakano D, Rafiq K, Kobori H, Nishiyama A Effect of vildagliptin, a dpp-4 inhibitor, on blood pressure and dippiping pattern in dahl salt-sensitive rats.The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology Tokyo 2014.5
  • Rafiq K, Sherajee S, Fujisawa Y, Mogi M, Rahman A, Sufiun A, Nakano D, Koepsell H, Nishiyama A Renal sympathetic denervation suppresses insulin resistance in pre-diabetic obese oletf rats. The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology Tokyo 2014.5
  • Nishiyama A, Fujisawa Y, Rahman A, Nakano D, Kobori H, Rafiq K, Sufiun A Effects of vildagliptin on blood pressure and dipping pattern in Dahl salt-sensitive rats..International Society of Hypertension Athens 2014.6
  • Nishiyama A, Fujisawa Y, Sufiun A, Rafiq K, Nakano D, Kobori H, Rahman A Effect of Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibition on Blood Pressure and its Dipping Pattern in Dahl Salt-Sensitive Rats. International Society of Hypertension Athens 2014.6
  • Nishiyama A, Fujisawa Y, Sufiun A, Rafiq K, Nakano D, Kobori H, Rahman A Effects of Diuretics on Sglt2 Inhibitor-induced Changes in Urinary Sodium Excretion Rate In Obese Metabolic Syndrome Rats. High Blood Pressure Research San Francisco 2014.9
  • Nishiyama A, Fujisawa Y, Sufiun A, Rafiq K, Nakano D, Kobori H, Rahman A Effect of Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibition on Blood Pressure and its Dipping Pattern in Dahl Salt-Sensitive Rats. High Blood Pressure Research San Francisco 2014.9
  • Rafiq K, Fujisawa Y, Nishiyama A.Role of the renal sympathetic nerve in renal glucose metabolism during the development of type 2 diabetes in rats.ISN NEXUS Symposium Hypertension and Kidney Brisbane 2014.9
  • Rahman A, Nishiyama A.Effect of diuretics on SGLT2 inhibitor-induced natriuresis in obese metabolic syndrome rats.ISN NEXUS Symposium Hypertension and Kidney Brisbane 2014.9
  • Takeshige Y, Nishiyama A.Effects of the SGLT2 inhibitor, empagliflozin, on blood pressure and its circadian pattern in salt-treated obese rats.ISN NEXUS Symposium Hypertension and Kidney Brisbane 2014.9
  • Nishiyama A.Effect of SGLT2 inhibitors on circadian blood pressure in metabolic syndrome.ISN NEXUS Symposium Hypertension and Kidney Brisbane 2014.9
  • Nakano D, Doi K, Kuwabara T, Mori K, Masashi Mukoyama M, Nishiyama A. Reduction of Tubular Flow Rate as a Mechanism of Oliguria in Endotoxemia Revealed by Intravital Imaging American Society of Nepjrology, Kidney week 2014 Philladerphia Nov. 2014
  • タイトジャンクション蛋白tricellulinの内耳における機能
  • 内リンパ嚢上皮細胞におけるPannexin1の発現
  • Whole-mount fluorescent imaging of the endolymphatic sac using prox1-GFP transgenic mice(ポスター)

2013

  • 山下哲生; 橋本 剛; 五十嵐 淳介; 小坂 博昭 、Apoptosis-inducing factor (AIF)の膜への結合様式の解析、第91回日本生理学会大会
  • The S1P1 receptor subtype for sphingosine 1-phosphate mediates angiogenic responses elicited by a novel nucleic acid analogue COA-Cl. 五十嵐淳介、窪田泰夫、小路和代、榊原紀和、丸山徳見、高田麻紀、小坂博昭、小西良士、塚本郁子 日本血管生物医学会、2013年9月、豊中市
  • S1P1 Receptors Mediate Angiogenic Responses of a Novel Adenosine Analogue COA-Cl in Human Umbilical Vein Endothelial Cells (HUVEC). Igarashi J, Kubota Y, Shoji K, Sakakibara N, Maruyama T, Takata M, Kosaka H, Konishi R and Tsukamoto I. American Heart Associations Scientiffic Sessions. 2013年11月、アメリカ合衆国テキサス州
  • S1P1 receptors are necessary, but not sufficient, for the angiogenic responses induced by a novel nucleic acid analogue COA-Cl. J. Igarashi, Y. Kubota, K. Shoji, N. Sakakibara, T. Maruyama, M. Takata, H. Kosaka, Y. Takuwa, T. Hashimoto, T. Yamashita, R. Konishi and I. Tsukamoto. 日本生理学会、2014年3月、鹿児島市
  • 橋本剛; 五十嵐淳介; 山下哲生; 小坂博昭, 普通食で飼育したマウスの腹腔内脂肪組織に対するMifepristoneの影響, 第34回日本肥満学会, 2013.10
  • 橋本 剛、五十嵐淳介、山下哲生、小坂博昭, アディポネクチン分泌促進能を有するMifepristoneの脂肪細胞分化への関与, 第91回日本生理学会, 鹿児島大学 群元キャンパス, 2014.3
  • Ameliorative effects of Yokukansan on behavioral deficits following ischemic dementia in gerbils. Yanan Liu, Takehiro Nakamura, Tetsuhiko Toyoshima, Feng Lu, Toshifumi Itano. 第22回日本脳神経外科漢方医学会学術集会
  • 腎移植後再発IgA腎症のリスク因子に関する検討 祖父江理、乾政志、森脇久美子、原大雅、串田吉生、西山成、筧善行、河野雅和 第56回日本腎臓学会学術総会
  • 腎虚血プレコンディショニングにおけるp21の抗酸化酵素群を介した腎保護効果 西岡聡、中野大介、北田研人、大崎博之、祖父江理、森脇久美子、原大雅、西山成、河野雅和 第56回日本腎臓学会学術総会
  • ガレクチン-9誘導形質細胞アポトーシスによるループス腎炎モデルの症状改善 守時政宏、門脇健、仁木敏朗、中野大介、河野雅和、平島光臣 第56回日本腎臓学会学術総会
  • 当院の選択基準におけるマージナルドナーからの腎移植成績 祖父江 理、乾 政志、原 大雅、守時 政宏、西岡 聡、西島 陽子、森脇 久美子、林田 有史、上田 修史、筧 善行、河野 雅和 第58回日本透析医学会学術集会
  • 腎移植後IgA再沈着に関するリスク因子の検討 祖父江理、乾政志、原大雅、森脇久美子、林田有史、上田修史、串田吉生、筧善行、河野雅和 移植腎病理研究会・第17回学術集会
  • Bone and mineral metabolism is satisfactory in patients treated with early rapid corticosteroid reduction after kidney transplantation Satoshi Nishioka,Tadashi Sofue,Masashi Inui,Takuro Fujita,Kazuyo Kawakami,Hiroko Nogami,Kumiko Moriwaki,Taiga Hara,Tasuku Mashiba,Yoshiyuki Kakehi,Masakazu Kohno The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • Acceptable prognosis of living-donor kidney transplantation from hypertensive donors with high normal albuminuria Tadashi Sofue,Masashi Inui,Taiga Hara,Kumiko Moriwaki,Yoshio Kushida,Yoshiyuki Kakehi,Masakazu Kohno The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation
  • 会長要望演題:腎移植後のIgA再沈着と移植腎機能との関連に関する検討 祖父江理、乾政志、林田有史、上田修史、筧善行、河野雅和 第49回日本移植学会総会
  • Circadian Rhythm of Plasma and Urinary Angiotensinogen in Patients with Chronic Kidney Diseases Yoko Nishijima, Hiroyuki Kobori, Tomoko Mizushige, Taiga Hara, Akira Nishiyama, Masakazu Kohno HBPR2013 Scientific Sessions of the American Heart Association
  • P21 is essential for the beneficial effects of renal ischemic preconditioning in ischemic acute kidney injury Satoshi Nishioka,Daisuke Nakano,Kento Kitada,Hiroyuki Ohsaki,Tadashi Sofue,Masakazu Kohno,Akira Nishiyama High Blood Pressure Research 2013 Scientific Sessions
  • 腎移植後高尿酸血症に対するフェブキソスタットの有用性と安全性 祖父江理、乾政志、原大雅、林田有史、上田修史、筧善行、河野雅和 第47回日本臨床腎移植学会
  • 人見浩史、劉 雅、Diah S、中野大介、小堀浩幸、西山 成 アンジオテンシンⅡによる細胞内pH変化と酸化ストレスを介したポドサイト障害の解明 第86回日本内分泌学会 2013.4 仙台
  • Rafiq K, Nishiyama A. Azelnidipine enhances protective effects of olmesartan against bbb and renal injuries in type 2 diabetic mice, independent of blood pressure changes.World Congress of Nephrology.2013.5 Hong Kong
  • 中野大介、森田龍頼、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、森本 聡、市原淳弘、西山 成 STZ糖尿病モデルマウス近位尿細管における鉄畜積は細胞老化には必須ではない 第56回日本腎臓学会学術総会 2013.5 東京
  • Nishioka S, Nakano D, Kitada K, Ohsaki H, Sofue T, Kohno M, Nishiyama A. P21 is Essential for the Beneficical Effects of Renal Ischemic Preconditioning in Ischemic Acute Kidney Injury.High Blood Pressure Research Conference 2013.9 New Orleans,LA
  • Shibayama Y, Urushihara M, Nishiyama A, Kobori H. AngiotensinⅡ Promotes Proliferation and Fibrosis in Parietal Epithelial Cells Contributing to the Development of Crescentic Glomerulonephritis High Blood Pressure Research Conference 2013.9 New Orleans,LA
  • 森田龍頼、北田研人、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、森本 聡、市原淳弘、西山 成 STZ糖尿病マウスにおいて経口鉄キレート薬は腎への鉄沈着および炎症を抑制する 第36回日本高血圧学会総会 2013.10 大阪
  • Rafiq K, Fujisawa Y, Asadur R, Sufin A, Nakano D, Nishiyama A Suppression of insulin resistance by renal sympathetic denervation in obese rats.Annual Meetings of the American Society of Nephrology.2013.11 Atlanta,GA
  • Nishiyama A, Shibayama Y. (Pro)renin receptor is crucial for Wnt/β-cathenin-dependent genesis of pancreatic ductal adenocarcinoma.Gordon Research Conference, The renin-Angiotensin System Beyond Angiotensin II 2014.5 Lucca
  • Rac1の光制御により生細胞のマクロパイノサイト―シス過程を顕微鏡で操作する, 荒木伸一, 川合克久, 藤井誠, 江上洋平, 日本顕微鏡学会第69回学術講演会, 大阪, 5.20-22, 2013.
  • Zymosan貪食過程におけるRit1 GTPaseの機能解析, 江上洋平, 川合克久, 荒木伸一, 平成25年度第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会, 9.27-28, 2013
  • 細胞膜修復時におけるアネキシン,MICAL1およびアネキシン結合タンパクS100タンパクの動態とエクトサイトーシス, 三宅克也, 松田知栄, 濵田萌, 川合克久, 江上洋平, 林由起子, 荒木伸一, 日本解剖学会第68回中国・四国支部学術集会, 10.19-20, 2013.
  • 水銀アーク光源蛍光顕微鏡をベースとしたphoto-manipulationシステムの構築, 荒木伸一, 池田結香, 加藤琢磨, 川合克久, 江上洋平, 三宅克也, 日本解剖学会第68回中国・四国支部学術集会, 10.19-20, 2013.
  • Annexins and the Partner Proteins S100 in Plasma Membrane Repair and EctosomeGeneration. K. Miyake, C. Matsuda, M. Hamada, K. Kawai, Y. Egami, Y. Hayashi, P. L. McNeil, N. Araki, 2013 ASCB Annual Meeting, 12.14-18, 2013.
  • 前立腺癌細胞移動(migration)における低分子量GTPase Rac1を介した制御機構のoptgenetics解析, 加藤琢磨, 川合克久, 江上洋平, 荒木伸一, 筧善行, 3.14-15, 2013.
  • Zymosan貪食過程におけるRit1 GTPaseのライブセルイメージングと機能j解析, 江上洋平, 川合克久, 荒木伸一, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 3.27-29, 2013
  • ファゴゾーム成熟過程におけるRab35の役割, 川合克久, 江上洋平, 荒木伸一, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 3.27-29, 2013
  • 骨格筋特異的カルパイン-3の膜修復時における動態, 三宅克也, 馬場智朗, 秦勝志, 大内史子, 反町洋之, 荒木伸一, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 3.27-29, 2013
  • MICAL1 an F-actin-disassembly factor links membrane repair., Miyake K., Egami Y., Matsuda C., Hamada M., Hayashi Y., McNeil P.L., Araki N. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • Requirement for cholesterol in membrane repair indicates a possible mechanism by which statins cause muscle injury., Miyake K., Tanaka T., McNeil P.L., Araki N., 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • ○吉田裕美,西望,寺岡美沙,山下哲,神鳥成弘,「安定型ヒト由来ガレクチン9変異体のX線結晶構造解析」第13回日本蛋白質科学会年会, 2013年6月, 鳥取
  • ○Hiromi Yoshida, Nozomu Nishi, Misa Teraoka, Satoshi Yamashita, and Shigehiro Kamitori, X-ray structure of a stable protease-resistant glectin-9 with short linker, 38th FEBS Congress, July 2013, St.Petersburg (Russia)
  • ○寺岡美沙,吉田裕美,西望,中北愼一,神鳥成弘,「ヒトガレクチン9変異体のX線構造と糖鎖親和性の解析」第86回日本生化学会大会, 2013年9月, 横浜
  • ○神鳥 成弘,吉田 裕美,玉井 栄治,関谷 洋志,牧 純,「ウェルシュ菌ファージ由来エンドライシン(Psm)のX線結晶解析」2013年10月,熊本
  • ○吉田裕美,吉田裕美,吉原明秀,寺岡美沙,何森健,神鳥成弘,「希少糖生産酵素Acinetobacter sp.由来 L-リボースイソメラーゼのX線結晶構造解析」2014年度農芸化学会大会, 2014年3月, 神奈川
  • K. Nakai, S. Inoue, R. Haba, Y. Kushida, N., Katsuk3, Y. Hosokawa, T. Moriue, K. Yoneda, H. Kosaka, Y. KubotaβKlotho is required for the epidermal differentiation, and its expression is suppressed in human nonmelanoma skin cancer IID 2013
  • 宇山 徹,市 育代,河野 望,井上 飛鳥,坪井 一人,荒木 伸一,青木 淳賢,新井 洋由,上田 夏生.LRATに相同性を示す新規リン脂質代謝酵素によるペルオキシソームの機能調節(Oral).日本ビタミン学会第65回大会,May 17-18,2013,東京都千代田区(一橋大学・一橋講堂)
  • 坪井 一人,田井 達也,山野 由美子,宇山 徹,保崎 有紀,高橋 清宏,芳地 一,和田 明盛,上田 夏生.脂質メディエーターであるN-アシルエタノールアミンを水解する酸性アミダーゼの活性化因子と阻害剤の検討(Oral).第54回日本生化学会中国・四国支部例会,May 31-June 1,2013,徳島市(徳島大学大塚講堂)
  • 宇山 徹,井上 愛美,岡本 蓉子,篠原 尚樹,田井 達也,Iffat Ara Sonia Rahman,坪井 一人,井上 智人,徳村 彰,上田 夏生.Phospholipase A/acyltransferase-1によるN-アシルホスファチジルエタノールアミンの生成(Oral).第55回日本脂質生化学会,June 6-7,2013,宮城県宮城郡松島町(ホテル松島大観荘)
  • Uyama, T., Inoue, M., Okamoto, Y., Shinohara, N., Tai, T., Iffat Ara Sonia Rahman, Tsuboi, K., Tonai, T., Tokumura, A., Ueda, N., Generation of N-acylphosphatidylethanolamine by PLA/AT-1 in mammalian cells (Oral). 23nd Annual Symposium on the International Cannabinoid Research Society, June 22-25, 2013, Vancouver (The University of British Columbia), Canada
  • 坪井 一人,田井 達也,山野 由美子,宇山 徹,保崎 有紀,高橋 清宏,芳地 一,和田 明盛,上田 夏生.脂質メディエーターである脂肪酸エタノールアミドを分解するリソソーム酵素の活性化因子と阻害剤(Oral).日本農芸化学会中四国支部第37回講演会・日本ビタミン学会中国四国地区第2回講演会 2013年度合同広島大会,September 5-6,2013,広島市(県立広島大学広島キャンパス)
  • 宇山 徹,井上 愛美,岡本 蓉子,篠原 尚樹,田井 達也,Iffat Rahman,坪井 一人,井上 智人,藤内 武春,徳村 彰,上田 夏生.Phospholipase A/acyltransferase-1による動物細胞におけるN-アシルホスファチジルエタノールアミンの生成(Talk & Poster).第86回日本生化学会大会,September 11-13,2012,横浜市(パシフィコ横浜)
  • 上田夏生.がん抑制因子HRASLSファミリータンパク質のリン脂質代謝酵素としての機能解析(Invited, Oral).第39回日本応用酵素協会研究発表会,Nov 18,2013,大阪市(ホテル阪急インターナショナル)
  • 宇山 徹,篠原 尚樹,田井 達也,Iffat Ara Sonia Rahman,坪井 一人,上田 夏生,井上 愛美,岡本 蓉子,徳村 彰,井上 智人.LRATに相同性を示す新規リン脂質代謝酵素によるN-アシルホスファチジルエタノールアミンの生成(Oral).第341回脂溶性ビタミン総合研究委員会,December 6,2013,奈良市(奈良女子大学)
  • 希少糖D-アロースによるTXNIPの発現誘導は破骨細胞分化を抑制する (日本薬学会134年会・熊本・2014.3・野口知里)
  • 希少糖D-アロースの体内動態 (日本薬学会134年会・熊本・塚本郁子)
  • "Thioredoxin interacting protein(TXNIP)の癌治療法への応用に向けた制御解析
  • Regulation analysis of thioredoxin interacting protein (TXNIP) for the development of new cancer
  • therapies (第91回日本生理学会大会・鹿児島大学・2014.3・神鳥 和代 、山口 文徳 、董 有毅 、ホセイン アクラム 、平田 祐子 、片木 絢子、 野口 知里 、久岡 雅弘 、徳田 雅明)"
  • "S100 蛋白質による Helix Repeat 蛋白質の機能制御 -βカテニンを介した癌細胞増殖の調節機構-
  • Regulation of Helix Repeat protein function by S100 proteins—Regulatory mechanism of tumor
  • cell growth by beta-catenin— (第91回日本生理学会大会・鹿児島大学・2014.3・山口 文徳、平田 祐子、ホセイン アクラム、神鳥 和代、董 有殻、野口 知里、片木 絢子、徳田 雅明)"
  • Rare sugar D-allose inhibits osteoclast differentiation in vitro and in vivo via induction of the expression of thioredoxin interacting protein(TXNIP) Regional Young Scientists Scientific Forum (Universiti Brunei Darussalam・ 2013.6・ Chisato noguchi,Kana Yamada,Fuminori Yamaguchi,Kazuyo Kamitori,Youyi Dong,Yuko Hirata,Akram Hossain,Ikuko Tukamoto,Masaaki Tokuda)
  • 希少糖D-プシコース及び希少糖含有シロップの抗糖尿病作用について (第34回日本肥満学会・東京・2013.10・豊田行康、喜田江里奈、今井佑圭、山根志保、櫻井美来、田口忠緒、山田貴子、飯田哲郎、Akram Hossain、德田雅明)
  • PTEN regulates hair cell proliferation, differentiation and innervation in the mammalian inner ear. (The 37thCongress of the International Union of Physiological Sciences.Birmingham. UK. 2013.7・Dong Y, Sui L, Yamaguchi F, Kamitori K, Hirata Y, Suzuki A, TokudaM.)
  • The role of PTEN in the development of the interdental cells in mouse postnatal cochlea (86th Biochemical conference of Japan, Yokohama 横浜 Dong Y, Sui L, Yamaguchi F, Kamitori K, Hirata Y, Hossain MA,Noguchi C, Katagi M, Nishio M, Suzuki A, Tokuda M.)
  • さぬき新糖(希少糖)の未来 (第62回日本医学検査学会 市民公開講座 高松 徳田雅明、ホセイン・アクラム、神鳥和代、山口文徳、塚本郁子、董有毅、隋麗、平田祐子)
  • 上野正樹、松本晃一、阪本晴彦。グルコーストランスポーター5の脳内局在について。第54回日本神経病理学会総会学術研究会、(平成25年4月24-26日)
  • Jun-Qian Liu,Takanori Miki,Yoshiki Matsumoto,Ken-ichi Ohta,Shingo Suzuki,Katsuhiko Warita,Motoki Tamai,Yoshiki Takeuchi The role of WGA for decreasing the accumulation of Aβ:A new approach to promote transsynaptic transport of Aβ in the rat. 日本解剖学会第68回中国・四国支部学術集会 2013.10.19-20
  • 稲本隆平, 宮下武憲, 森  望,  イソプロテレノールによる内リンパ圧に対する影響, 第114回日本耳鼻咽喉科学会, 2013.5.16-18, 札幌市
  • 宮下武憲, 森  望,  マウス内リンパ嚢におけるProx1の発現, 第114回日本耳鼻咽喉科学会, 2013.5.16-18, 札幌市
  • N.Mori, Recent evidence on the involvement of catecholamines in the pathophysiology of meniere's disease, 20th IFOS world congress, 2013.6.1-5, Seoul, Korea,
  • 松原あい, 宮下武憲, 稲本隆平, 星川広史, 森  望,  ラット内リンパ嚢におけるcystic fibrosis transmembrane conductance regulator(CFTR)の発現, 第31回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会, 2013.8.24, 大阪市
  • 宮下武憲, James Burford, Young-Kwon Hong, Janos Peti-Peterdi, 森  望, マウス内リンパ嚢上皮細胞におけるProx1の発現, 第31回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会, 2013.8.24, 大阪市
  • 星川広史, 森 照茂, 神鳥和代, 山口文徳, 塚本郁子, 徳田雅明, 森  望,  頭頸部扁平上皮癌に対する希少糖D-alloseの抗腫瘍効果, 第51回日本癌治療学会, 2013.10.24-26, 京都市
  • 宮下武憲, 森  望,  内リンパ嚢におけるPannexin1の発現, 第23回日本耳科学会, 2013.11.24-26, 宮崎市
  • 稲本隆平, 宮下武憲, 森  望,  イソプロテレノールによる内リンパ圧に対する影響, 第23回日本耳科学会, 2013.11.24-26, 宮崎市
  • T.Miyashita, James L.Burford, Young-Kwon Hong, Haykanush Gevorgyan, Lisa Lam, N. Mori, Lanos.Peti-Peterdi, Localization and proliferation of lymphatic vesseles in the tympanic membrane in normal state and regeneration, Association for research in otolaryngology 37th annual midwinter meeting, 2014.2.22-26, San Diego, California, USA
  • 今大路治之、堀内功典、桑原知己.腸管内常在菌がClostridium difficileの病原性に与える影響.第83回日本感染症学会西日本地方会、大阪、2013年11月.
  • 今大路治之、大岡唯祐、後藤恭宏、成谷宏文、堀内功典、鈴木基生、岡崎勝一郎、林哲也、桑原知己.Raoultella ornithinolyticaにおけるhistamine産生は酸素ストレス耐性に関与する.第87回日本細菌学会総会、東京、2014年3月.
  • 成谷宏文、今大路治之、宮田茂、桑原知己.Novel cloning system of large exogenous DNA as artificial chromosome in Clostridium perfringens. 第87回日本細菌学会総会、東京、2014年3月.
  • 堀内功典、今大路治之、鈴木基生、桑原知己.“亜塩素酸水”の殺微生物効果について.第87回日本細菌学会総会、東京、2014年3月.
  • アルドステロン全身投与が網膜神経節細胞に及ぼす影響
  • 網膜虚血再灌流障害におけるアリスキレンの神経保護効果

2012

  • Presence of adrenergic receptors in the rat endolymphatic sac epithelial cells, Ai Matsubara, Takenori Miyashita, Ryuhei Inamoto, Nozomu Mori, The first asian otology meeting & the 3rd east asian symposium, 2012
  • ラット内リンパ嚢におけるアドレナリンレセプターの発現、松原あい、宮下武憲、稲本隆平、森  望、第30回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会、2012
  • イソプロテノールの内耳への影響、稲本隆平、宮下武憲、森  望、 第30回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会 2012
  • 鼓膜のリンパ管局在、鼓膜再生時の反応、宮下武憲、James Burford, Young-Kwon Hong, 森  望、Janos Peti-Petendi, 第30回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会 2012 
  • マウス鼓膜におけるリンパ系-鼓膜再生時の反応- 宮下武憲、森  望、第22回日本耳科学会 2012
  • マウス鼓膜におけるリンパ管-正常鼓膜での局在と鼓膜再生時の反応- 宮下武憲、森  望、日本耳鼻咽喉科学会第38回四国四県地方部会連合学会 2012
  • 頭頸部扁平上皮癌に対する希少糖D-alloseの抗腫瘍効果、星川広史、森 照茂、神鳥和代、山口文徳、塚本郁子、徳田雅明、森  望、第2回研究EXPO、2013
  • Effect of olmesartan on intrarenal angiotensin Ⅱ and oxidateive stress in aortic regurgiation model rats .西山 成、Kazi R 第49回日本臨床分子医学会学術集会 2012.4
  • アルドステロンにより老化した細胞はTNF-α発現および分泌の増大を介して近位尿細管細胞のアポトーシスを惹起する 北田研人、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第49回日本臨床分子医学会学術集会 2012.4
  • 酸化ストレスは食塩感受性高血圧ラットの腎糸球体における鉱質コルチコイド受容体を活性化し、減塩により得られる蛋白尿抑制効果を減弱する 北田研人、中野大介、Liu Y、藤澤良秀、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第49回日本臨床分子医学会学術集会 2012.4
  • 糖尿病腎に認められる近位尿細管細胞老化メカニズムの解明 北田研人、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第49回日本臨床分子医学会学術集会 2012.4
  • 食塩感受性高血圧で減塩治療しても蛋白尿が改善しないのは、腎糸球体で生じる酸化ストレスが鉱質コルチコイド受容体を活性化するのが原因である(ラットによる検討) 西山 成、中野大介、LiuY、藤澤良秀、人見浩史、小堀浩幸、北田研人第1回臨床高血圧フォーラム 2012.5
  • 外来診療における尿アルブミン測定は早朝尿アルブミン/クレアニチン比が推奨される 海部久美子、西島陽子、祖父江理、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第1回臨床高血圧フォーラム 2012.5
  • 健常人における尿中アンジオテンシノーゲンの検体保存条件による測定値の変化と日内変動についての臨床研究 西島陽子、小堀浩幸、守時政宏、西岡 聡、祖父江理、原 大雅、人見浩史、西山 成、河野雅和 第1回臨床高血圧フォーラム 2012.5
  • 心機能障害でアルブミン尿が発症するのは、交感神経と腎内RASの活性化が原因である(大動脈閉鎖不全ラットでの検討) 西山 成、野間貴久、小堀浩幸、人見浩史、中野大介、河野雅和、Kazi R第1回臨床高血圧フォーラム 2012.5
  • 健常人における尿中アンジオテンシンノーゲンの検体保存条件による測定値の変化と日内変動についての臨床研究 西島陽子、小堀浩幸、原 大雅、西山 成、河野雅和 第55回日本腎臓学会学術総会 2012.6
  • アルドステロンにより老化した細胞はTNF-α分泌を介して近位尿細管細胞のアポトーシスを惹起する 北田研人、中野大介、谷田部淳一、人見浩史、小堀浩幸、西山 成第55回日本腎臓学会学術総会 2012.6
  • 2型糖尿病ラットOLETFにおいて蓄積した老化細胞はテルミサルタン投与により除かれる 中野大介、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第55回日本腎臓学会学術総会 2012.6
  • Renal sympathetic denervation suppresses de novo albuminuria rats with aortic regurgitation Kazi R, Noma T, Kitada K, Nakano D, Hitomi H, Kobori H, Nishiyama A 第121回日本薬理学会近畿部会 2012.6
  • Azelnidipine enhances protective effects of olmesartan against BBB and renal injuries in type 2 dibetic mice Kazi R, Kitada K, Nagai Y, Nakano D, Hitomi H, Kobori H, Nishiyama A 第121回日本薬理学会近畿部会 2012.6
  • Roles of NHE-1 and intracellular pH in angiotensin Ⅱ-induced reactive oxygen species generation and podocyte apoptosis Liu Y, 人見浩史、北田研人、中野大介、小堀浩幸、西山 成 第121回日本薬理学会近畿部会 2012.6
  • Restoration of glomerular and tubulointerstitial injuries by salt withdrawal with combination therapy of olmesartan and azelnidiine in Dahl salt-sensitive ratsrats rats Kazi R, Shamshad J , Hitomi H, Nakano D, Kobori H, Nagai Y, Nishiyama A 第121回日本薬理学会近畿部会 2012.6
  • ダール食塩感受性高血圧ラットの腎糸球体における酸化ストレスは、ミネラロコルチコイド受容体を活性化し、減塩による蛋白尿抑制効果を減弱する 西山 成、中野大介、北田研人 第12回日本NO学会学術集会 2012.6
  • 健常人における血漿アンジオテンシノーゲン(AGT)の日内変動についての検討 海部久美子、小堀浩幸、西島陽子、西山 成、河野雅和 第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • アルドステロンはp21発現およびTNF-α分泌を介してアポトーシスを惹起する 西山 成、北田研人、谷田部淳一、人見浩史、小堀浩幸、中野大介 第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • Renal sympathetic denervation suppresses de novo albuminuria in rats with aortic regurgitation Kazi R、Noma T、Fujisawa Y、Nakano D、Hitomi H、Kobori H、Kohno M、Nishiyama A第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • 2型糖尿病OLETFラットの腎において蓄積した老化細胞はテルミサルタン投与により除かれるが、テンポールによる影響は受けない西山 成、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、今西政仁、小西啓夫、森川 貴、北林千津子、中野大介 第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • 覚醒下SHRにおけるシルニジピンの腎交感神経活性への影響 近藤直樹、藤澤良秀、祖父江理、森脇久美子、原 大雅、河野雅和、西山 成 第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • 尿中アンジオテンシノージェン排泄量はメタボリック症候群患者におけるオルメサルタンの腎保護予測マーカーとなりうる人見浩史、小堀浩幸、供田文宏、森本 聡、福井敏樹、長谷川浩一、中村 司、中野大介、河野雅和、西山 成 第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • Azelnidipine enhances protective effects of olmesartan against BBB and renal injuries in type 2 diabetic mice Kazi R、Shamshad S、Hitomi H、Nakano D、Kobori H、Kondo N、Nishiyama A 第35回日本高血圧学会総会 2012.9
  • Azelnidipine enhances protective effects of olmesartan against BBB and renal injuries in type 2 diabetic mice Kazi R, Shamshad J, Hitomi H, Nakano D, Kobori H, Kondo N, Nishiyama AThe Fourth Kagawa University- Chiang Mai University Joint Symposium 2012.9
  • Restoration of glomerular and tubulointerstitial injuries by dietary salt reduction with combination therapy of olmesartan and azelnidipine in dahl salt-sensitive rats Kazi R, Shamshad J, Hitomi H, Nakano D, Kobori H, Nagai Y, Nishiyama A The Fourth Kagawa University- Chiang Mai University Joint Symposium 2012 9
  • Effect of high salt on blood pressure in adenine-induced renal injury in rats Abu S , Rahman A, Kitada K, Hitomi H, Nakano D, Kobori H, Nishiyama A The Fourth Kagawa University- Chiang Mai University Joint Symposium 2012 9
  • Adenine induced renal injury with severe anemia in rat and mice Asadur R, Abu S, Kitada K, Hitomi H, Nakano D, Kobori H, Nishiyama A The Fourth Kagawa University- Chiang Mai University Joint Symposium 2012 9
  • Roles of NHE-1 and intracellular pH in Angiotensin II-induced reactive oxygen species generation and podocyte apoptosis Ya L, Hitomi H, Suwarni D, Deguchi K, Mori H, Masaki T, Nakano D, Kobori H, Nishiyama A The Fourth Kagawa University- Chiang Mai University Joint Symposium 2012 9
  • Does iron cause cell senescence and renal inflammation in diabetic mouse model? Morita T, Nakano D, Kitada K, Hitomi H, Kobori H, Nishiyama A The Fourth Kagawa University- Chiang Mai University Joint Symposium 2012 9
  • Aldosterone Evokes senescence-associated secreting phenotype and subsequent apoptsis in proximal tubular cells Kitada K, Nakano D, Hitomi H, Yatabe J. Robin A, Kobori H, Nishiyama A High Blood Pressure Research 2012.9
  • The circadian rhythm of plasma angiotensinogen in healthy volunteers Kaifu K, Kobori H, Nishijima Y, Nishiyama A, Kohno M High Blood Pressure Research 2012.9
  • p21 plays a protective role against renal ischemia reperfusion injury and is an essential factor for ischemic preconditioning Nishioka S, Nakano D, Kitada K, Ohosaki H, Sofue T, Nishiyama A, Kohno M High Blood Pressure Research 2012.9
  • Oxidative stress-induced glomerular mineralocorticoid recepter activation limits the benefit of salt reduction in Dahl salt-sensitive hypertensive rats.Nishiyama A, Naksno D, Hitomi H, Kobori H, Shibata H, Kitada K 24th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2012.10
  • Renal sympathetic deneravation suppresses de novo albuminuria in rats with aortic regurgitation Nishiyama A, Noma T, Kobori H, Kosaka S, Houchi H, Minakuchi K, Kohno M, Rafiq k 24th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension 2012.10
  • アゼルニジピンは糖尿病マウスで生じる糸球体と血液脳関門障害に対するオルメサルタンの保護効果を増強する ゼルニジピンは糖尿病マウスで生じる糸球体と血液脳関門障害に対するオルメサルタンの保護効果を増強する 第42回日本腎臓学会西部学術大会 2012.10
  • 食塩感受性高血圧ラットで生じる腎組織障害は、減塩、CCB、ARBによる治療にて後退する 西山 成、Kazi R、中野大介、森川 貴、柴田幹子、岸田真嗣、濱田真宏、北林線津子、小西啓夫、今西政仁 第42回日本腎臓学会西部学術大会 2012.10
  • Identification of glucose-responsive elements in promoter regions of human angiotensinogen gene 劉 雅、柴山弓季、佐藤亮助、西山 成、小堀浩幸 第122回日本薬理学会近畿部会 2012.11
  • 2型糖尿病マウスにおけるARBとCCB合剤による脳腎同時保護の可能性 西山 成、中野大介、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、Kazi R 第16回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 2012.11
  • Roles of Na+/H+ exchanger type 1 and intracellular pH in angiotensin II-induced reactive oxygen species generation and podocyte apoptosis. Liu Y, Hitomi H, Nakano D, Kobori H, Nishiyama A Annual Meetings of the American Society of Nephrology 2012.11
  • Novel mechanisms of aldosterone mediated vascular injury: The forgotten A in the RAAS. Nishiyama A Annual Meetings of the American Society of Nephrology  2012.11
  • 2型糖尿病マウスにおけるARBとCCB合剤による脳腎同時保護の可能性 西山 成、中野大介、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、Kazi R 第16回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 2012.11
  • アルドステロンはp21発現およびTNF-α分泌を介して近位尿細管細胞アポトーシスを惹起する 西山 成、中野大介、北田研人 第16回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 2012.11
  • 腎内RASをターゲットとしたトランスレーショナル・リサーチ 西山 成、小堀浩幸、今西政仁 第33回日本臨床薬理学会学術総会 2012.11
  • メタボリック症候群患者におけるオルメサルタンの腎保護予測マーカーとしての尿中アンジオテンシノーゲン 西山 成、小堀浩幸、人見浩史 第33回日本臨床薬理学会学術総会 2012.11
  • RAS阻害薬投与で血圧がコントロ―ル不良である高齢者高血圧患者に体してエプレレノンを追加投与すると、血漿ノルエピネフリン低下を伴った降圧を示す 西山 成、小堀浩幸、人見浩史 第33回日本臨床薬理学会学術総会 2012.11
  • 1型糖尿病モデルマウス近位尿細管における鉄蓄積は尿細管細胞老化には関与しない 中野大介、森田龍頼、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第22回日本循環薬理学会 2012.11
  • (P)RR and pancreatic cancer. Shibayama Y, Nishiyama A. German Hypertension Society Dec 2012.12
  • Effect of high salt on blood pressure in adenine-induced renal injury in rats Abu S、Rahman A、Kitada K、Hitomi H、Nakano D、Kobori H、Nishiyama A 第42回日本心脈管作動物質学会 2013.2
  • Streptozotocin誘発性糖尿病モデルマウス近位尿細管における鉄畜積と細胞老化の関係 中野大介、森田龍頼、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第42回日本心脈管作動物質学会 2013.2
  • メタボリック症候群患者におけるARBの腎保護予測マーカーとして尿中アンジオテンシノージェン排泄量の有用性の検討 人見浩史、小堀浩幸、供田文宏、森本 聡、福井敏樹、長谷川浩一、中村 司、中野大介、西山 成 第42回日本心脈管作動物質学会 2013.2
  • RAS阻害薬投与で血圧がコントロ―ル不良である高齢者高血圧患者に体してエプレレノンを追加投与すると、血漿ノルエピネフリン低下を伴った降圧を示す 西山 成、苅尾七臣、矢野裕一朗 第42回日本心脈管作動物質学会 2013.2
  • 2型糖尿病ラットの腎近位尿細管に蓄積した老化細胞はテルミサルタン投与により除かれるが、テンポールでは効果はみられない 中野大介、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、今西政仁、西山 成 第42回日本心脈管作動物質学会 2013.2
  • 2型糖尿病腎において畜積した老化細胞はテルミサルタン投与により除かれるが、テンポールでは効果はみられない 中野大介、北田研人、大崎博之、人見浩史、小堀浩幸、今西正仁、西山 成 第86回日本薬理学会年会 2013.3
  • 1型糖尿病モデルマウス近位尿細管における鉄蓄積の細胞老化への関与 中野大介、森田龍頼、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第86回日本薬理学会年会 2013.3
  • 尿中アンジオテンシノージェン排泄量はメタボリック症候群患者におけるARBの腎保護予測マーカーとなりうる 人見浩史、小堀浩幸、供田文宏、森本 聡、福井敏樹、長谷川浩一、中村 司、中野大介、河野雅和、西山 成 第86回日本薬理学会年会 2013.3
  • カルシウム拮坑薬は、降圧に依存せずARBの糸球体と血液脳関門保護効果を増強させる~糖尿病マウスでの検討~西山 成、中野大介、北田研人、人見浩史、小堀浩幸、ラフィーカジ 第3回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 2013.3
  • 尿中アンジオテンシノージェン排泄量はメタボリック症候群患者におけるARBの腎保護予測マーカーとなりうる 人見浩史、小堀浩幸、供田文宏、森本 聡、福井敏樹、長谷川浩一、中村 司、中野大介、河野雅和、西山 成 第3回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 2013.3
  • Control of Macropinocytosis by Photo-manipulation of Rac1 Activity, Nobukazu Araki, Makoto Fujii, Katsuhisa Kawai, Youhei Egami, 14th Intienational Congress of Histochemistry and Cytochemistry,2012
  • Control of macropinosome formation and maturation by photo-activatable Rac1, Makoto Fujii, Nobukazu Araki, 分子生物学会, 2012
  • 多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:アネキシンA4およびA7小胞による細胞膜修復, 松尾巴瑠奈, 塚本真由, 濱田萌, 三宅克也, 松田知栄, 川合克久, 江上洋平, 林由起子, 荒木伸一, 日本解剖学会第67回中国・四国支部学術集会, 2012
  • GaAsP搭載型多光子顕微鏡によるLIVEイメージング:イカ神経線維の細胞膜修復, 三宅克也, H.M.Fishman, H.C.Pant, J.Zimmerberg, 荒木伸一 , 日本解剖学会第67回中国・四国支部学術集会, 2012
  • Dysferlin and affixin in sarcolemmal repair. New Directions in Biology and Disease of Skeletal Muscle Conference., Matsuda C, Miyake K, Kameyama K, Araki N, Nishino I and Hayashi Y., New Orleans, LA, USA. June 18, 2012.
  • Dysferlin and affixin is involved in sarcolemmal repair. 17th International congress of the World Muscle Society., Matsuda C, Miyake K, Kameyama K, Araki N, Nishino I and Hayashi Y., Perth, Australia. Oct.10, 2012
  • MICAL1 an F-actin-disassembly factor links membrane repair., Miyake K., Egami Y., Matsuda C., Hamada M., McNeil P.L., Araki N., America Society for Cell Biology, Annual Meeting, San Francisco, CA, USA, Dec.15-19, 2012.
  • GaAsP搭載型多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:アネキシン小胞による細胞膜修復.三宅克也,松田知栄,江上洋平,濱田 萌,林 由起子,荒木伸一.第117回日本解剖学会総会・全国学術集会,甲府,3.26-28. 2012.
  • GaAsP搭載型多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:イカ神経線維の細胞膜修復,三宅克也,H.M.Fishman, H.C.Pant, J.Zimmerberg, 荒木伸一.第67回中国・四国支部学術集会、宇部、2012.
  • 多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:アネキシンA4およびA7小胞による細胞膜修復. , 松尾巴瑠奈,塚本真由,濱田 萌,三宅克也,松田知栄,川合克久,江上洋平,林 由起子,荒木伸一.日本解剖学会,第67回中国・四国支部学術集会.宇部, 2012
  • GaAsP搭載型多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:細胞膜修復時におけるアネキシン結合タンパクS100A11の動態, 濵田 萌, 三宅克也, 松田知栄, 川合克久, 江上洋平, 林 由起子, 荒木伸一., 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • 多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:細胞膜修復時におけるアネキシンA4の動態, 松尾巴瑠奈, 三宅克也,塚本真由,濱田 萌,松田知栄,川合克久,江上洋平,林 由起子,荒木伸一., 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • 多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:細胞膜修復時におけるアネキシンA7の動態, 塚本真由,三宅克也,松尾巴瑠奈,濱田 萌,松田知栄,川合克久,江上洋平,林 由起子,荒木伸一.、第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • GaAsP搭載型多光子レーザー顕微鏡によるLIVEイメージング:イカ神経線維の細胞膜修復・三宅克也,H.M.Fishman, H.C.Pant, J.Zimmerberg, 荒木伸一..第118回日本解剖学会総会・全国学術集会,香川,3.28-30, 2013.
  • MICAL1 an F-actin-disassembly factor links membrane repair., Miyake K., Egami Y., Matsuda C., Hamada M., Hayashi Y., McNeil P.L., Araki N. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • Requirement for cholesterol in membrane repair indicates a possible mechanism by which statins cause muscle injury., Miyake K., Tanaka T., McNeil P.L., Araki N., 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 香川,3.28-30, 2013.
  • 「酵母Type II NADH脱水素酵素(Ndi1)の活性酸素の生成抑制機構の解析」 山下哲生; 橋本剛; 五十嵐淳介; 小坂博昭、第85回日本生化学会大会 2012年
  • 「ミトコンドリアNADH脱水素酵素(NDH-2)においてThr239残基は活性酸素の生成を抑制する」 山下哲生; 橋本剛; 五十嵐淳介; 小坂博昭、第90回日本生理学会大会、2013年
  • RU486 (Mifepristone) improved Diet-induced insulin resistance by increasing blood level of adiponectin. T. Hashimoto, J. Igarashi, Arif U Hasan, Y. Nagai, T. Yamashita, H. Kosaka 第85回日本薬理学会年会 2012
  • RU486 (Mifepristone) enhances adiponectin secretion from matured adipocytes T. Hashimoto, J. Igarashi, Arif U Hasan, Y. Nagai, T. Yamashita, H. Kosaka 第89回日本生理学会年会、長野県松本文化会館 2012
  • Mechanism of ROS suppression in yeast single subunit NADH-ubiquinone oxidore ductase (Ndi1) T. Yamashita, T. Hashimoto, J. Igarashi, H. Kosaka 第89回日本生理学会年会、長野県松本文化会館 2012
  • Mifepristoneは脂肪組織中のM2マクロファージを増加させる 橋本 剛、五十嵐淳介、Arif U Hasan、大森浩二、山下哲生、河野雅和、小坂博昭 第33回日本肥満学会、ホテルグランヴィア京都 2012
  • Mifepristone increases anti-inflammatory M2 macrophages in obese adipose tissues T. Hashimoto, J. Igarashi, T. Yamashita, H. Kosaka 第90回日本生理学会年会、タワーホール船堀 2013
  • Igarashi J, Kubota Y, Shoji K, Sakakibara N, Maruyama T, Kosaka H, Konishi R, Tsukamoto I. A novel nucleic acid analogue 2-Cl-C.OXT-A promotes angiogenesis via suramin-sensitive purinergic receptors and Src family tyrosine kinases (SFK). American Heart Association, 2012
  • 五十嵐淳介、窪田泰夫、小路和代、榊原紀和、丸山徳見、小坂博昭、小西良二、塚本郁子 新規核酸類似物質COA.Clはプリン受容体とSrcチロシンキナーゼを介して血管新生を促進する 日本生理学会、2013
  • 宇山 徹,市 育代,河野 望,井上 飛鳥,坪井 一人,金 星華,荒木 伸一,青木 淳賢,新井 洋由,上田 夏生.新規脂質代謝酵素H-rev107によるペルオキシソームの機能制御(Oral).第53回日本生化学会中国・四国支部例会,May 18,2012,岡山市(岡山大学創立五十周年記念館).
  • 宇山 徹,市 育代,河野 望,井上 飛鳥,坪井 一人,金 星華,荒木 伸一,青木 淳賢,新井 洋由,上田 夏生.新規脂質代謝酵素H-rev107の発現はペルオキシソームの機能異常を引き起こす(Oral).第54回日本脂質生化学会,June 7-8,2012,福岡市(九州大学医学部百年講堂).
  • 坪井 一人,岡本 安雄,池松 夏紀,井上 愛美,清水 嘉文,宇山 徹,Dale G. Deutsch,徳村 彰,上田 夏生. N-アシル化プラスマローゲン型リン脂質からのN-アシルエタノールアミンの生合成(Oral).第54回日本脂質生化学会,June 7-8,2012,福岡市(九州大学医学部百年講堂).
  • 坪井 一人,岡本 安雄,池松 夏紀,井上 愛美,清水 嘉文,宇山 徹,Dale G. Deutsch,徳村 彰,上田 夏生.遺伝子欠損マウスを用いた脂質メディエーターN-アシルエタノールアミンの生合成経路の解析(Oral).日本ビタミン学会第64回大会,June 22-23,2012,岐阜市(長良川国際会議場).
  • 上田 夏生,坪井 一人,岡本 安雄,池松 夏紀,井上 愛美,清水 嘉文,宇山 徹,Dale G. Deutsch,徳村 彰.抗炎症脂質分子パルミトイルエタノールアミドの脳におけるプラスマローゲンからの生成(Poster).第33回日本炎症・再生医学会,July 5-6,2012,福岡市(ホテル日航福岡).
  • Uyama, T., Ikematsu, N., Inoue, M., Shinohara, N., Jin, X.-H., Tsuboi, K., Tonai, T., Tokumura, A., Ueda, N., Generation of N-acylphosphatidylethanolamine by members of phospholipase A/acyltransferase (PLA/AT) family (Oral). 22nd Annual Symposium on the International Cannabinoid Research Society, July 23-26, 2012, Freiburg (Konzerthaus Freiburg), Germany.
  • Tai, T., Tsuboi, K., Uyama, T., Masuda, K., Cravatt, B.F., Hitoshi Houch, H., Ueda, N., Stimulatory effects of phospholipids and dihydrolipoic acid on N-acylethanolamine-hydrolyzing acid amidase (NAAA) (Poster). 22nd Annual Symposium on the International Cannabinoid Research Society, July 23-26, 2012, Freiburg (Konzerthaus Freiburg), Germany.
  • Tsuboi, K., Yamano, Y., Hozaki, Y., Takahashi, K., Jin, X.-H., Wada, A., Ueda, N., Lipophilic amines as inhibitors of N-acylethanolamine-hydrolyzing acid amidase (NAAA) (Poster) . 22nd Annual Symposium on the International Cannabinoid Research Society, July 23-26, 2012, Freiburg (Konzerthaus Freiburg), Germany.
  • Tsuboi, K., Okamoto, Y., Ikematsu, N., Inoue, M., Shimizu, Y., Uyama, T., Deutsch, D.G., Tokumura, A., Ueda, N., Biosynthetic pathways of N-acylethanolamines from N-acylated plasmalogen phospholipid (Poster). 22nd Annual Symposium on the International Cannabinoid Research Society, July 23-26, 2012, Freiburg (Konzerthaus Freiburg), Germany.
  • 宇山 徹,坪井 一人,金 星華,上田 夏生,市 育代,河野 望,新井 洋由,井上 飛鳥,青木 淳賢,荒木 伸一.LRATにホモロジーを示す新規リン脂質代謝酵素による細胞内ペルオキシソーム含量の調節(Oral).第337回脂溶性ビタミン総合研究委員会,November 30,2012,高松市(塩江温泉 新樺川観光ホテル).
  • 宇山 徹,市 育代,河野 望,井上 飛鳥,井上 愛美,坪井 一人,金 星華,荒木 伸一,青木 淳賢,徳村 彰,新井 洋由,上田 夏生.Phospholipase A/Acyltransferaseファミリーによる細胞内ペルオキシソーム含量の制御(Poster).第85回日本生化学会大会,December 14-16,2012,福岡市(福岡国際会議場・マリンメッセ福岡).
  • 坪井 一人,山野 由美子,保崎 有紀,高橋 清宏,金 星華,和田 明盛,上田 夏生.抗炎症・鎮痛作用を持つ脂質メディエーターであるN-アシルエタノールアミンを加水分解する酸性アミダーゼの阻害剤の開発(Poster).第85回日本生化学会大会,December 14-16,2012,福岡市(福岡国際会議場・マリンメッセ福岡).
  • 田井 達也,坪井 一人,宇山 徹,Kim Masuda,Benjamin F. Cravatt,芳地 一,上田 夏生.脂質メディエーターであるN-アシルエタノールアミンを加水分解する酸性アミダーゼに対するリン脂質およびジヒドロリポ酸の促進効果(Poster).第85回日本生化学会大会,December 14-16,2012,福岡市(福岡国際会議場・マリンメッセ福岡).
  • タンデムリピート型ガレクチン-9の二つの糖結合ドメインについてのNMRを用いた解析 野中康宏 , 小川崇 , 大水総一, 中北愼一 , 神鳥成弘 , 西望 , 平島光臣 , 中村隆範 第85回日本生化学会 2012年
  • 上野正樹、松本晃一、田中澄子、阪本晴彦。酸化ストレスとアミロイドベータ蛋白輸送体の発現との関係について。第101回日本病理学会総会。平成24年4月26-28日(東京)
  • 田中澄子、上野正樹、阪本晴彦。希少糖D-アロースは樹状細胞の抗原取り込みを抑制し、T細胞のアポトーシスを増加させる。第101回日本病理学会総会。平成24年4月26-28日(東京)
  • ウェルシュ菌のプロテインキナーゼの解析(5),成谷宏文,桑原知己,第65回日本細菌学会中国・四国支部総会,2012.
  • ウェルシュ菌のエタノールアミン利用能と病原性,八木弘文,成谷宏文,今大路治之,市村 穣,堀内功典,多田智世,宮本和明,桑原知己,第65回日本細菌学会中国・四国支部総会,2012.
  • Bacteroides thetaiotaomicronにおけるマリナートランスポゾン挿入変異ライブラリーの開発,内田景子,市村 穣,今大路 治之,岡崎 勝一郎,桑原 知己,第35回日本分子生物学会年会,2012.
  • 腸管内常在菌によるClostridium difficileの病原性抑制機構,市村 穣,今大路 治之,内田 景子,安友 康二,桑原 知己,第35回日本分子生物学会年会,2012.
  • 腸管内における宿主微生物間相互作用に関わる分子の検索,桑原知己.,第86回日本細菌学会総会、ワークショップ「細菌間および細菌宿主間の相互作用」,2013.
  • 細胞周期調節因子p21と急性腎障害における腎虚血プレコンディショニングの関係/西岡聡/第5回四国ネフロロジー研究会/2012
  • P21 plays a protective role against renal ischemia reperfusion injury and is an essential factor for ischemic preconditioning/Satoshi Nishioka,Daisuke Nakano,Kento Kitada,Hiroyuki Ohsaki,Tadashi Sofue,Akira Nishiyama,Masakazu Kohno/High Blood Pressure Research 2012 Scientific Sessions/2012
  • 健常人における尿中アンジオテンシノーゲンの検体保存条件による測定値の変化と日内変動についての臨床研究/西島陽子、小堀浩幸、原 大雅、西山 成、河野雅和/第55回日本腎臓学会学術総会/2012
  • 心血管病に対する酸素療法・陽圧換気療法-脂肪組織との関連―、石原靖大、4月度 香川県内科医会循環器部会,2012
  • 間欠的低酸素が脂肪細胞に及ぼす影響について、 石原靖大 第2回Shikoku Symphony研究会、2012"
  • Anti-inflammatory effects of Valsartan in 3T3-L1 adipocytes ~培養脂肪細胞におけるバルサルタンの抗炎症効果について~、Arif Ul Hasan、第6回香川RAAS研究会、2012
  • 野中康宏,小川崇,大水総一,中北愼一,神鳥成弘,西望,平島光臣,中村隆範 「免疫調節蛋白質ガレクチン‐9のNMRを用いた解析」第11回四国免疫フォーラム 2012年6月(高知)
  • 深田陽子,伊藤愛子,中村隆範,西 望 「生産型ガレクチン9:組換え蛋白質生産に向けたドメイン間構造の最適化」第85回日本生化学会大会 2012年12月(福岡)
  • 伊藤愛子, 中北愼一, 中北ゆかり, 中村隆範, 西 望 「マスト細胞の脱顆粒調節におけるIgE糖鎖の役割:ガレクチン9結合性糖鎖の同定とその構造解析」第85回日本生化学会大会 2012年12月(福岡)
  • 野中康宏, 小川崇, 大水総一, 中北愼一, 神鳥成弘, 西望, 平島光臣, 中村隆範 「タンデムリピート型ガレクチン−9の二つの糖鎖結合ドメインについてのNMRを用いた解析」第85回日本生化学会大会 2012年12月(福岡)
  • 小川 崇,東海林 博樹,野中 康宏,舘野 浩章,平林 淳,西 望,中村 隆範 「ツメガエル消化管およびヒト大腸がん細胞におけるガレクチン-4の発現及び機能解析」第85回日本生化学会大会 2012年12月(福岡)

2011

  • 橋本剛; 五十嵐淳介; Arif U Hasan; 永井由紀子; 山下哲生; 小坂博昭 「 RU486(Mifepristone)によるインスリン抵抗性の改善 」  第32回日本肥満学会
  • 橋本剛; 五十嵐淳介; Arif U Hasan; 永井由紀子; 山下哲生; 小坂博昭  「RU486:Mifepristoneは血中アディポネクチンを増加させインスリン抵抗性を改善させる(RU486(Mifepristone) improved Diet-induced insulin resistance by increasing blood level of adiponectin.)」  第85回日本薬理学会
  • 橋本剛; 五十嵐淳介; Arif U Hasan; 永井由紀子; 山下哲生; 小坂博昭  「RU486 (Mifepristone)は脂肪細胞からのアディポネクチン分泌を促進させる(RU486 (Mifepristone) enhances adiponectin secretion from matured adipocytes)」  第89回日本生理学会
  • 山下哲生; 楊宇; 中丸映子; 橋本剛; 村井正俊; 五十嵐淳介; 三芳秀人; 矢木明美; 矢木隆雄; 小坂博昭 「酵母シングルサブユニット・NADH-キノン酸化還元酵素の反応機構:活性酸素の生成抑制機構の解析」 第84回 日本生化学大会
  • 山下哲生; 楊宇; 小木曾(中丸)映子; 橋本剛; 村井正俊; 三芳秀人; 五十嵐淳介; 矢木明美; 矢木隆雄; 小坂博昭 「酵母Type II NADH脱水素酵素(NDH-2)において活性酸素の生成が負に制御される分子機構の解析」 日本生体エネルギー研究会 第37回討論会
  • 山下哲生; 橋本剛; 五十嵐淳介; 小坂博昭 「酵母シングルサブユニットNADH-キノン酸化還元酵素における活性酸素の生成抑 制機構(Mechanism of ROS suppression in yeast single subunit NADH-ubiquinone oxidore ductase (Ndi1))」第89回日本生理学会
  • 竹内義喜、三木崇範、割田克彦、太田健一、矢倉富子、劉俊騫、松本由樹, シナプスにおけるトランスサイトーシス,日本顕微鏡学会第67回学術講演会 
  • Tomiko Yakura, Takanori Miki, Jun-Qian Liu, Ken-ichi Ohta, Katsuhiko Warita, Yoshiki Matsumoto, Shingo Suzuki, Motoki Tamai, Yoshiki Takeuchi, Alterations of synaptic transcytosis induced by ethanol exposure: apocrine-likestructure in the rat, 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会
  • 太田健一、三木崇範、鈴木辰吾、矢倉富子、劉俊騫、竹内義喜, 幼若期の不遇な養育環境が脳発達に与える影響-神経回路網形成に関与する因子の変化-, 第117回日本解剖学会総会・全国学術集会
  • Ueda, N., Calcium-independent formation of N-acylphosphatidylethanolamine by novel phospholipid-metabolizing enzymes. Gordon Research Conference: Cannabinoid Function in the CNS, May 22-27, 2011, Les Diablerets, Switzerland.
  • 宇山 徹,篠原 尚樹,金 星華,坪井 一人,藤内 武春,芳地 一,上田 夏生.癌抑制遺伝子群HRASLSファミリー・メンバーHRASLS1のリン脂質代謝酵素活性.第53回日本脂質生化学会,May 12-13,2011,東京都文京区.
  • 宇山 徹,篠原 尚樹,金 星華,坪井 一人,藤内 武春,芳地 一,上田 夏生.LRATに相同性を示す癌抑制遺伝子群HRASLSファミリーの脂質代謝酵素活性.日本ビタミン学会第63回大会,June 4-5,2011,広島市.
  • Ueda, N., Intracellular formation of N-acylphosphatidylethanolamine by calcium-independent N-acyltransferases. NIDA-sponsored Satellite Symposium: Endocannabinoid Metabolic Enzymes and Drug Development (FAAH, MAGL, NAAA), July 10, 2011, St. Charles, Illinois, USA.
  • Shinohara, N., Uyama, T., Jin, X.-H.,Tsuboi, K., Tonai, T., Houchi, H., Ueda, N., The tumor suppressor A-C1 has an N-acyltransferase activity involved in NAPE formation. 21st Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, July 5-10, 2011, St. Charles, Illinois, USA.
  • 宇山 徹,池松 夏紀,井上 愛美,篠原 尚樹,金 星華,坪井 一人,藤内 武春,徳村 彰,上田 夏生.Phospholipase A/Acyltransferase (PLA/AT)ファミリーの細胞内におけるN-アシルホスファチジルエタノールアミン生合成への関与.第84回日本生化学会大会,September 21-24,2011,京都市.
  • 坪井 一人,岡本 安雄,池松 夏紀,井上 愛美,清水 嘉文,宇山 徹,Dale G. Deutsch,徳村 彰,上田 夏生. N-アシル化プラズマローゲンリン脂質からのN-アシルエタノールアミンの生合成.第84回日本生化学会大会,September 21-24,2011,京都市.
  • 上田 夏生,宇山 徹,金 星華,坪井 一人,芳地 一,藤内 武春.レシチン・レチノール・アシルトランスフェラーゼにホモロジーを示すがん抑制遺伝子HRASLSファミリー・メンバーのリン脂質代謝酵素活性.第332回脂溶性ビタミン総合研究委員会,September 30,2011,東京都町田市.
  • 池松 夏紀,坪井 一人,井上 愛美,清水 嘉文,宇山 徹,田中 保,上田 夏生,徳村 彰.マウス全脳におけるエタノールアミン含有脂質の分子種分析と関連酵素の基質特異性解析.第50回日本薬学会 日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,November 12-13,2011,高松市.
  • 篠原 尚樹,宇山 徹,坪井 一人,芳地 一,上田 夏生.がん抑制遺伝子群HRASLSファミリーはリン脂質代謝酵素として機能する.第50回日本薬学会 日本薬剤師会 日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,November 12-13,2011,高松市.
  • Ueda, N., Biochemical and physiological analyses of palmitoylethanolamide-metabolizing enzymes (Invited). The 1st International Workshop on Palmitoylethanolamide: Biochemistry, Pharmacology and Therapeutic Use of a Pleiotropic Anti-inflammatory Lipid Mediator, February 9-10, 2012, Pozzuoli, Naples, Italy.
  • "Fcγレセプター介在貪食を司る機械分子と制御シグナルの可視化,医学生物学電子顕微鏡技術学会 第27回学術講演会および総会 (2011.5)"
  • "低分子量Gタンパク質Rac1活性の光制御により分子スイッチの真の役割を解析する,日本顕微鏡学会第67回学術講演会 (2011.5)"
  • "MICAL an F-actin-disassembly factor links membrane repair.,Fifth Annual Dysferlin Conference Chicago(2011.7)"
  • "高感度多光子顕微鏡による細胞膜修復のLIVE イメージング,日本顕微鏡学会第55回シンポジウム(2011.9)"
  • "高感度多光子顕微鏡による細胞膜修復の LIVEイメージング,日本解剖学会,第66回中国・四国支部学術集会(2011.11)"
  • "多光子顕微鏡による筋ジストロフィーに関わる細胞膜修復装置のLIVEイメージング,平成23年度「西野班」班会議(2011.12)"
  • "Dysferlinopathyの分子病態の解明,平成23年度「西野班」班会議(2011.12)"
  • "Photo-activatable Rac1 を用いたマクロパイノサイトーシス過程の光制御,第117 回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2012.3)"
  • "GaAsP 搭載型多光子レーザー顕微鏡によるLIVE イメージング:アネキシン小胞による細胞膜修復,第117 回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2012.3)"
  • "Involvement of Rab35 in phagosome formation through regulating ARF6 activity by ACAP2,第117 回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2012.3)"
  • 金地伸拓 石井知也 田所明 坂東修二 東條泰典 山口真弘 肺癌診断時の気管支鏡下擦過細胞検体からのEML4-ALK遺伝子の検出 呼吸器内視鏡学会学術講演会 2011年6月
  • 1. N-acetyl-L-cysteine restores disrupted skin barrier function in flaky tail mice. Kozo Nakai, Kozo Yoneda, Yoichiro Hosokawa, Tetsuya Moriue and Yasuo Kubota. Society for Free Radical Biology and Medicine 18th Annual Meeting (2011)
  • 1. Reduced expression of EGF receptor, E-cadherin and occludin is due to loricrin deficiency in the skin of flaky tail mice. Kozo Nakai, Kozo Yoneda, Yoichiro Hosokawa, Tetsuya Moriue, Yasuo Kubota. 第36回日本研究皮膚科学会 (2011)
  • 1. Opposite effects of SIRT1 regulation on E-cadherin and epidermal growth factor receptor expression in HaCaT cells. Kozo Nakai, Kozo Yoneda, Yoichiro Hosokawa and Yasuo Kubota. European Society for Dermatological Research 41th annual meeting (2011)
  • 吉田裕美, 寺岡美沙, 何森健, 神鳥成弘, 「糖環開環機構の解明を目指したPseudomonas stutzeri 由来 L-ラムノースイソメラーゼ変異酵素の構造解析」 2012年度農芸化学会大会, 2012年3月, 京都
  • H. Yoshida, M. Teraoka, K. Izumori, S. Kamitori, Structure analysis of mutant L-rhamnose isomerase from Pseudomonas stutzeri to elucidate the ring opening mechanism, Rare Sugar Congress 2011, Nov. 2011, Kagawa (Japan)
  • H. Yoshida, M. Yamada, K. Takeda, T. Nishitani, Y. Ohyama, M. Yamaji, T. Ishii, G. Takada, K. Izumori, S. Kamitori, X-ray structures of the enzymes used for rare sugar production and their catalytic reaction mechanisms, Rare Sugar Congress 2011, Nov. 2011, Kagawa (Japan)
  • 寺岡美沙, 吉田裕美, 山下哲, 西望, 神鳥成弘, 「ヒトガレクチン8N末端糖鎖認識ドメインと3'-sialyl-Nlacetyllactosamine複合体のX線結晶解析」 第84回日本生化学会大会, 2011年9月, 京都
  • 山下哲, 吉田裕美, 殿塚隆史, 小熊惠二, 西河淳, 神鳥成弘, 「ボツリヌス菌C型神経毒素複合体におけるヘマグルチニンHA3・糖鎖複合体のX線結晶解析」 第84回日本生化学会大会, 2011年9月, 京都
  • H. Yoshida, M. Teraoka, A. Yoshihara, K. Izumori, S. Kamitori, Crystal structure of a rare sugar producible enzyme L-ribose isomerase from Acinetobacter sp., 36th FEBS Congress, June 2011, Torino (Italy)
  • 山下哲, 吉田裕美, 殿塚隆史, 小熊惠二, 西川淳, 神鳥成弘, 「ボツリヌス菌C型神経毒素複合体におけるヘマグルチニンの糖鎖認識機構の構造研究」 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011年6月, 大阪
  • 吉田裕美, 西望, 寺岡美沙, 山下哲, 中北愼一, 神鳥成弘, 「プロテアーゼ耐性型ヒト由来ガレクチン8/シアリルラクトース/ラクトース複合体のX線結晶解析によるドメイン間の基質親和性の検討」 第11回日本蛋白質科学会年会, 2011年6月, 大阪
  • 小川 崇、東海林 博樹、野中 康宏、舘野 浩章、平林 淳、西 望、中村 隆範 アフリカツメガエル消化管におけるガレクチンファミリーの発現解析 第84回日本生化学会大会 ポスター発表
  • 野中 康宏、小川 崇、大水 総一、中北 愼一、神鳥 成弘、西 望、中村 隆範 タンデムリピート型ガレクチン−9のC末側糖認識ドメインの役割について 第84回日本生化学会大会 ポスター発表
  • 山下 賀容子、中村 隆範 T細胞株の増殖の及ぼすLDLや増殖因子の効果について 第84回日本生化学会大会 ポスター発表
  • 野中康宏、小川崇、中北愼一、神鳥成弘、西望、中村隆範 ガレクチンの糖認識ドメインについてのNMRを用いた解析 日本生物物理学会 第3回中国四国支部大会 口頭発表
  • 桑原知巳:ゲノムからみたマウス腸内セグメント細菌の生態.ゲノム微生物学会ワークショップ, 仙台, 8月20日-21日, 2011.
  • "第85回日本細菌学会総会、2012.3..27-29、長崎ブリックホール、長崎新聞文化ホール: Eukaryotic protein kinase and phosphatase regulate morphology of Clostridium perfringens,Hirofumi Nariya, Tomomi Kuwahara
  • "第64回日本細菌学会中国・四国支部総会、 2011.10-22-23、岡山大学:ウェルシュ菌のプロテインキナーゼの解析 (3) 成谷 宏文; 宮田 茂; 鈴木 基生; 岡部 昭延; 桑原 知巳
  • Changes in Urinary Angiotensinogen by the Preservation Condition and the Circadian Rhythm of Urinary Angiotensinogen in Healthy Volunteers. Nishijima Y, Kobori H, Sofue T, Kaifu K, Hara T, Hitomi H, Kohno M, Nishiyama A. High Blood Pressure Research. Sep. 2011
  • Reno-protective effects of clinidipine in spontaneously hypertensive rats; effect independent of sympathetic nerve inhibition. Annual Meetings of the American Society of Nephrology. Annual Meetings of the American Society of Nephrology. Nov. 2011
  • Effects of aliskiren on podocyte injury and albuminuria in type 2 diabetic mice. Bai Lei, Fan Yu-Yan, Daisuke Nakano, Hirofumi Hitomi, Akira Nishiyama. Nov.2011The 13th China - Japan Joint Hypertension Symposium.
  • アリスキレンは糖尿病性腎症をバルサルタン処置後においても抑制する. 中野大介、Bai L、人見浩史、西山 成. 第54回日本腎臓学会学術総会. 2011. 6
  • ACE阻害薬はアンジオテンシンI投与ラットにおける腎アンジオテンシンIIの蓄積を阻害しない 大西啓右、村瀬美樹、中野大介、人見浩史、西山 成 第54回日本腎臓学会学術総会 2011. 6
  • Angiotensin Ⅱ increased renal p21 expression independent of subsequent increase in aldosterone in angiotensin Ⅱ-salt model. Nakano D, Lei B, Kitada K, Hitomi H, Nishiyama A. World Congress of Nephrology. Apr. 2011
  • Pre-existing donor arteriosclerotic Intimal thickening reflects allograft renal function as a possible predecting factor in livingdonor kidney transplantaion. Sofue T, Inui M, Kiyomoto H, Moritoki M, Nishioka S, Nishijima Y, kaifu K, Hara T, Kushida Y, Haba R, Kohno M, Kahehi Y, Nishiyama A. World Congress of Nephrology. Apr. 2011
  • High Glucose-Induced Increase in p21 Causes Cellular Senescence in Porximal Tubules of Diabetic Nephropathy. Kitada K, Nakano D, Hitomi H, Kobori H, Nishiyama A. High Blood Pressure Research.Sep. 2011
  • Activation of Mineralocorticoid Receptor by Oxidative Stress Induces Proteinuria After Salt Withdrawal in High Salt Diet-Fed Dahl Salt-Sensitive Rats. Kitada K, Liu Y, Fujisawa Y, Hitomi H, Nishiyama A, Nakano D. High Blood Pressure Research. Sep. 2011
  • 糖尿病腎における細胞老化はインスリンにより改善する. 北田研人、中野大介、人見浩史、西山 成. 第54回日本腎臓学会学術総会 2011. 6
  • Angiotensinogen is Excreted Into Urine Through a Pathway Different from Albumin: An in Viro Imaging Analysis. Nakano D, Kobori H, Hitomi H, Nishiyama A. High Blood Pressure Research .Sep. 2011
  • Specified Proximal Tubular Segments of Augmented Angiotensinogen mRNA and Protein Expression in Diabetic Rat Kdiney. Kamiyama M, Farragut K, Sofue T, Hara T, Nishiyama A, Kobori H. High Blood Pressure Research . Sep. 2011
  • D.Gao, N.Kawai, T.Nakamura, H.Fu, Z.Fei, F.Yamaguchi, M.Tokuda, T.Tamiya, Anti-inflammatory effect ofD-alose on cerebral ischemia-reperfusion injury. The VXth International Symposium of Brain edema and Cellular Injury. Oct. 22-24, Tokyo, Japan

2010

  • Nakano D, Fan Y, Kohno M, Osaki H, Kobori H, Suwarni D, Ohashi N, Hitomi H, Asanuma, K, Tomino Y, Fujita T, Nishiyama A, Clinidipine, an L/N-type calcium channel blocker, suppresses podocyte injury and proteinuria in metabolic syndrome rats, ISN Nexus, Apr.2010
  • Sherajee S, Nakano D, Kiyomoto H, Kohno M, Nishiyama A, Hitomi H, Aldosterone induces insulin resistance via up-regulation of IGF-1 receptor and its hybird receptor in vitro and in vivo, The Third International Aldosterone Forum in Japan, May.2010
  • Fan Y, Nakano D, Hitomi H, Asanuma K, Tomino Y, Fujita T, Nishiyama A, Reno-protective effect of cilnidipine in metabolic syndrome rats;possible involvement of n-type calcium channel in podocyte, 12th Asian Pacific Congress of Nephrology, Jun.2010
  • Rafiq K, Noma T, Nakano D, Kobori H, Hitomi H, Nishiyama A, Olmesartan ameliorates the impairment of renal function in aortic regurgitation model rats, 12th Asian Pacific Congress of Nephrology, Jun.2010
  • Nakano D, Rafiq K, Hitomi H, Kobori H, Nishiyama A, Mineralocorticoid receptor blockade suppresses hydrocortisone-induced renal injury in adrenalectomized rats, 12th Asian Pacific Congress of Nephrology, Jun.2010
  • Nishiyama A, Noma T, Nakano D, Hitomi H, Kobori H, Rafiq K, Olmesartan ameliorates the impairment of renal function in aortic regurgitation model rats, The 6th International Conferernce on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Jun. 2010
  • Nishiyama A, Nakano D, Hitomi H, Asanuma K, Tomino Y, Fujita T, Kohno M, Fan Y, Reno-protective effect of cilnidipine in metabolic syndrome rats;possible involvement of n-type calcium channel in podocyte, The 6th International Conferernce on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Jun. 2010
  • Pelish N, 細見直永、上野正樹、茂木正樹、島田健司、堀内正嗣、河野雅和、西山 成, Effects of efonidipine on TGF-B1-and Smad2-dependent protein synthesis in rat cardiac fibroblasts, 第117回日本薬理学会近畿支部, 2010.7
  • Nakano D, Fan Y, Hitomi H, Nishiyama A, Aldosterone induces cellular senescence in the kidney via mineralocorticoid/p21-dependent pathway,2010 APS Conference: Inflammation, Immunity and Cardiovascular Disease, Aug.2010
  • Bai L , Fan Y, Nakano D, Hitomi H, Nishiyama A, Aliskiren strongly suppressed the development of renal injury in KKAy mice, 64th Annual High Blood Pressure Research Conference 2010, Oct.2010
  • Nakano D, Bai L, Kitada K, Hitomi H, Nishiyama A, Angiotensin II increased renal p21 expression independent of subsequent increase in aldosterone in angiotensin II-salt model, 64th Annual High Blood Pressure Research Conference 2010, Oct.2010
  • Shamshad J, Kazi R, Nakano D, Hitomi H, Nishiyama A, Aldosterone shows an additional effect on glucose tolerance induced by high-fructose in rats, 第33回日本高血圧学会総会, 2010.10
  • Kazi R, Noma T, Kobori H, Nishiyama A, Olmesartan ameliorates the Impairment of renal function in aortic regurgitation model rats, 第33回日本高血圧学会総会, 2010.10
  • Bai L, Nakano D、Ryu Y、Hitomi H、Nishiyama A, The role of renal sympathetic nerve in renal protection provided by clinidipine in spontaneously hypertensive rat, 第33回日本高血圧学会総会, 2010.10
  • 西山 成、Pelish N、細見直永、上野正樹、茂木正樹、島田健司、堀内正嗣、河野雅和, ダール食塩感受性高血圧ラットで生じる脳関門障害に対するオルメサルタンの効果, 第33回日本高血圧学会総会, 2010.10
  • Bai L、中野大介、人見浩史、Liu Y、西山 成, The role of renal sympathetic nerve in reno-protective effects of cilnidipine in spontaneously hypertensive rat, 第40回日本心脈管作動物質学会, 2011.2
  • Bai L、Fan Y、中野大介、人見浩史、河野雅和、西山 成, Aliskiren suppressed the development of renal injury in valsartan-treated KKAy mice, 第40回日本心脈管作動物質学会, 2011.2
  • 大西啓右、村瀬美樹、中野大介、Pelish N、人見浩史、西山 成, テモカプリルはアンジオテンシンⅠ投与ラットにおける腎アンジオテンシンⅡの蓄積を阻害しない,第40回日本心脈管作動物質学会,2011.2
  • Kazi R, Takahisa N, 中野大介, 人見浩史, 河野雅和, 小堀浩幸、西山 成, Olmesartan ameliorates the impairment of renal function in aortic regurgitation model rats, 第40回日本心脈管作動物質学会, 2011.2
  • Shamshad Sherajee、藤田昌子、人見浩史、Kazi Rafiq、中野大介、清元秀泰、河野雅和、西山 成, Aldosterone induces insulin resistance via up-regulation of IGF-1 receptor and its hybrid receptor in vitro and in vivo, 第40回日本心脈管作動物質学会, 2011. 2
  • 大西啓右、村瀬美樹、中野大介、北田研人、人見浩史、西山 成, アンジオテンシン変換酵素テモカプリルはアンジオテンシンⅠ投与ラットにおける腎臓アンジオテンシンⅡ蓄積を抑制しない,第84回日本薬理学会年会, 2011.3
  • Bai L、中野大介、人見浩史、Liu Y、西山 成, Contributions of renal sympathetic nervous system to reno-protective effects of cilnidipine in spontaneously hypertensive rats, 第118回日本薬理学会近畿支部, 2010.11
  • Mitsuomi Hirashima. Galectin-9 beneficially modulates macrophage functions in inflammation and cancer. 18th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages(第18回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム) 2010.5.20-21, Kumamoto.
  • 平島光臣. ガレクチン9とマクロファージ. 第9回四国免疫フォーラム. 2010.6.19, 東温市
  • Hiromi Yoshida, Misa Teraoka, Nozomu Nishi, Takanori Nakamura, Mitsuomi Hirashima, Shigehiro Kamitori. Crystal structure of the C-terminal carbohydrate recognition domain of human galectin-9. 35th FEBS Congress, 2010.06, Gothenburg, Sweden
  • 吉田裕美、西望、寺岡美沙、中北愼一、中村隆範、平島光臣、神鳥成弘. ヒト由来ガレクチン9のC末端糖鎖認識ドメイン・シアリルラクトース複合体およびプロテアーゼ耐性型ヒト由来ガレクチン8のX線結晶解析. 第10回日本蛋白質科学会年会 2010.06, 札幌
  • Souichi Oomizu, Tomohiro Arikawa, Toshiro Niki, Akira Yamauchi, Mitsuomi Hirashima. Galectin-9 down-regulates Th17 cell differentiation independently of Tim-3/Galectin-9 interaction. 第14回国際免疫学会議 2010.8.23, 神戸市
  • Shigehiro Kamitori, Hiromi Yoshida, Shinichi Nakakita, Misa Teraoka, Nozomu Nishi, Takanori Nakamura, Mitsuomi Hirashima, Jun Hirabayashi. X-ray Structure of Galectin-9 C-terminal Domain in Complex with. The 25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010) 2010.08, 千葉
  • 平島光臣. Galectin-9とTim-3による免疫制御機構について. 東京医科歯科大学大学院. 2010.10.26、東京
  • Mitsuomi Hirashima. Galectin-9 in autoimmune pancreatitis and pancreatic cancer. 18th Yonsei International Gastroenterology Symposium. 2010.12.4, Seoul Korea
  • 第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会
  • 合同年会
  • 2010年12月7日~10日
  • 動物細胞培養のためのFBS代替材料開発の試み
  • ○中村 隆範、山下 賀容子
  • 第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会
  • 合同年会2010年12月7日~10日LDLはT細胞株の増殖に必須である。○山下 賀容子、中村 隆範
  • 第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会合同年会2010年12月7日~10日消化管におけるガレクチンファミリーの発現○小川 崇、東海林 博樹、西 望、中村 隆範
  • 第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会合同年会2010年12月7日~10日NMRによるガレクチン9の糖認識メカニズムについての解析○野中 康宏、小川 崇、西 望、中村 隆範
  • 高血糖は血管平滑筋におけるコレステロール逆転送系ABCA1を抑制する 井町仁美 第53回日本糖尿病学会年次学術集会 岡山 2010年5月27-29日 口演
  • GLP-1 analogによる膵GLUT2発現誘導 陳可、村尾孝児、井町仁美、村岡都美江、石田俊彦 第53回日本糖尿病学会年次学術集会 岡山 2010年5月27-29日 ポスター
  • GLP-1 analogによる膵ABCA1発現誘導 宮井由美、村尾孝児、井町仁美、村岡都美江、石田俊彦 第53回日本糖尿病学会年次学術集会 岡山 2010年5月27-29日 ポスター
  • 脂肪細胞におけるHDL受容体を介するアディポネクチン分泌について 村岡都美江、村尾孝児、井町仁美、石田俊彦 第53回日本糖尿病学会年次学術集会 岡山 2010年5月27-29日 口演
  • 血管内皮細胞において酸化LDLはHDL受容体依存性eNOS発現を調節する 菊池史、村尾孝児、井町仁美、村岡都美江、石田俊彦 第53回日本糖尿病学会年次学術集会 岡山 2010年5月27-29日 ポスター
  • プロラクチノーマにおける転写因子PREBの役割 村尾孝児、井町仁美、村岡都美江、菊池史、吉本卓生、石田俊彦、田宮隆 第10回日本内分泌学会四国支部学術集会 徳島 2010年9月4日 シンポジウム
  • HDLの脂肪細胞でのアディポネクチン分泌について 村岡都美江、村尾孝児、井町仁美、村尾孝児、村岡都美江、菊池史、吉本卓生、石田俊彦 第103回日本内科学会四国地方会 愛媛 2010年10月29・30日 口演
  • 転写因子LXRを介した酸化LDLによるHDL受容体依存性eNOS発現抑制 井町仁美、村尾孝児、村岡都美江、菊池史、吉本卓生、石田俊彦 第103回日本内科学会四国地方会 愛媛 2010年10月29・30日 口演
  • 荒木伸一, 脊椎動物のマクロファージの貪食作用:Fcγレセプター介在性貪食のメカニクスと制御 第50回日本リンパ網内系学会シンポジウム(2010.年6月・新潟)
  • Youhei Egami, Mitsunori Fukuda, Nobukazu Araki, Rab35 regulates Fcγ R-mediated phagosome formation viarecruitment of ACAP2, an ARF6 GAP, in macrophages 第116回日本解剖学会総会・学術集会(2011年3月・横浜)
  • Katsuya Miyake, Youhei Egami, Paul L. McNeil, Nobukazu Araki, MICAL an F-actin-disassembly factor links membrane repair 第116回日本解剖学会総会・学術集会(2011年3月・横浜) 
  • 寺岡美沙,吉田裕美,武田耕青,吉原明秀,何森健,神鳥成弘, 「Acinetobacter sp. strain DL-28由来L-ribose isomeraseの結晶化及び予備的X線回折実験」 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月, 神戸
  • Y. Tahara, T. Ishii, H. Yoshida, K. Izumori, S. Kamitori, Crystal Structure of D-tagatose 3-Epimerase Cys66Ser from Pseudomonas cichorii, 2010 Internationl Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Dec. 2010, Hawaii (USA)
  • S. Kamitori, H. Yoshida, S. Nakakita, M. Teraoka, N. Nishi, T. Nakamura, M. Hirashima, J. Hirabayashi, X-ray Structure of Galectin-9 C-terminal Domain in Complex with N-linked Oligosaccharide with a Branch, The 25th International Carbohydrate Symposium, Aug. 2010, Chiba (Japan)
  • H. Yoshida, K. Takeda, Y. Tahara, T. Ishii, K. Izumori, S. Kamitori, X-ray structures of rare sugar production related enzymes and the catalytic mechanisms, The 25th International Carbohydrate Symposium, Aug. 2010, Chiba (Japan)
  • H. Yoshida, M. Teraoka, N. Nishi, T. Nakamura, M. Hirashima, S. Kamitori, Crystal structure of the C-terminal carbohydrate recognition domain of human galectin-9, 35th FEBS Congress, June 2010, Gothenburg (Sweden)
  • 吉田裕美,西望,寺岡美沙,中北愼一,中村隆範,平島光臣,神鳥成弘, 「ヒト由来ガレクチン9のC末端糖鎖認識ドメイン・シアリルラクトース複合体およびプロテアーゼ耐性型ヒト由来ガレクチン8のX線結晶解析」 第10回日本蛋白質科学会年会, 2010年6月, 札幌
  • 稲本隆平、宮下武憲、森  望、 カテコールアミンによる内リンパ圧上昇作用-内耳各部位での検討- 第111回日本耳鼻咽喉科学会 2010,5仙台市
  • 宮下武憲、稲本隆平、松原あい、大﨑康宏、西  望、松下 治、安達栄治郎、森  望、 ラットにおける新素材を用いた鼓膜再生 第20回日本耳科学会 2010.10松山市
  • N.Mori, Role of ion transport in endolymphatic sac in pathogenesis of meniere's disease. Sixth International Symposium on Meniere's Disease and Inner Ear Disorders 2010.11 kyoto
  • A.Matsubara, T.Miyashita, T.Mori, K.Akiyama, R.Inamoto, N.Mori, mRNA expression of claudins in the rat endolymphatic sac. Sixth International Symposium on Meniere's Disease and Inner Ear Disorders 2010.11 kyoto
  • R.Inamoto, T.Miyashita, N.Mori, Isoproterenol elevates the hydrostatic pressure of the ampullar endolymph. Sixth International Symposium on Meniere's Disease and Inner Ear Disorders 2010.11 kyoto
  • 日本生理学会RU486 (Mifepristone) enhances adipogenesis pathways to cyclin-dependent kinase inhibitor, p27kip.
  • 第40回 日本心脈管作動物質学会 ステロイド受容体アゴニストはcaveolin-1(cav-1)発現を増加させることで血管内皮のVEGF反応を抑制する
  • 日本薬理学会Enhancement of adipogenesis induced by RU486(Mifepristone) is associated with perturbed expression patterns of cell-cycle proteins, p27kip, and Cyclin B1/D1/E.
  • 日本生理学会NADH-キノン酸化還元酵素の反応機構:活性酸素の生成抑制機構の解析
  • 日本生理学会糖質コルチコイド(GC:glucocorticoid)はcaveolin-1(cav-1)の誘導を介して血管内皮細胞(EC:endothelial cells)におけるVEGF反応を減弱させる
  • 第18回日本血管生物医学会学術集会 2CI-C.OXT-A stimulates angiogenesis both in vivo and in vitro.
  • 日本研究皮膚科学会第35回年次学術大会・総会 The effects of oxidized LDL on VEGF production in HaCaT cells:A possible mechanism for psoriasis in metabolic syndrome
  • American Heart Association Scientific Sessions Steroid Hormones Induce Caveolin-1 (cav-1) And Attenuate vascular endothelial growth factor (VEGF) Responses In Cultured Vascular Endothelial Cells (EC)
  • Society for Investigative Dermatology 2010 Annual Meeting Pitavastatin suppresses lipid peroxidation-induced VEGF expression in the skin of KKAy metabolic syndrome mice.
  • 宇山 徹,金 星華,篠原 尚樹,坪井 一人,上田 夏生.ヒト癌抑制遺伝子HRASLSファミリーのリン脂質代謝酵素としての同定.第51回日本生化学会中国・四国支部例会,2010.5.14-15,山口市
  • Uyama, T., Jin, X.-H., Shinohara, N., Tsuboi, K., Ueda, N., Identification of the human tumor suppressors TIG3 and HRASLS2 as phospholipid-metabolizing enzymes. Keystone Symposia: Bioactive Lipids: Biochemistry and Diseases, 2010.6.6-11, Kyoto, Japan
  • 宇山 徹,金 星華,篠原 尚樹,坪井 一人,藤内 武春,上田 夏生.LRATファミリーに属する4種のヒト新規脂質代謝酵素の機能解析.日本ビタミン学会第62回大会,2010.6.11-12,盛岡市
  • 宇山 徹,金 星華,篠原 尚樹,坪井 一人,上田 夏生.ヒト癌抑制遺伝子HRASLSファミリーの脂質代謝酵素活性の解析.第52回日本脂質生化学会,2010.6.14-15,群馬県渋川市
  • Uyama, T., Jin, X.-H., Shinohara, N., Tsuboi, K., Tonai, T., Ueda, N., Human tumor suppressors have a NAPE-forming N-acyltransferase activity. 20th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, 2010.7.23-27, Lund, Sweden
  • 篠原 尚樹,宇山 徹,金 星華,坪井 一人,藤内 武春,芳地 一,上田 夏生.癌抑制遺伝子群HRASLSファミリー・メンバーA-C1の脂質代謝酵素としての解析.第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会,2010.12.7-10,神戸市
  • 宇山 徹,篠原 尚樹,金 星華,坪井 一人,藤内 武春,芳地 一,上田 夏生.LRATファミリーに属するヒト新規脂質代謝酵素群の機能解析.日本農芸化学会中四国支部第29回講演会・日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会合同講演会,2011.1.22,徳島市
  • Tokumitsu et al. PRG-1 (plasticity related gene 1), a novel neuronal calmodulin-binding protein. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 2010年12月9日(神戸)
  • Fujimoto et al. Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase kinase can utilize GTP as a phosphate donor 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 2010年12月9日(神戸)
  • Shimamoto et al. Regulation of the E3 ubiquitin-ligase CHIP by the EF-hand calcium binding protein S100 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 2010年12月9日(神戸)
  • 松本由樹、三木崇範、割田克彦、矢倉富子、劉俊騫、竹内義喜 An approach for decrease of β-amyloid deposits in neuron 第50回日本先天異常学会 淡路夢舞台国際会議場 2010.7.8-10 
  • Tani J, Deguchi A, Miyoshi H, Yoneyama H, Masaki T. Hepatitis C virus RNA replication is suppressed by S100 protein. The International Liver CongressTM 2010 - the 45th annual meeting of the European Association for the Study of the Liver(EASL) 2010.4.14-18, Vienna, Austria
  • 宮 健、劉 石、谷 丈二、三好久昭、加藤清仁、野村貴子、小林三善、村松明美、吉田宏仁、井上秀幸、正木 勉 胃癌における活性化レセプター型チロシンキナーゼの網羅的解析
  • 第96回日本消化器病学会総会 2010.4.22-24, 新潟市 樋本尚志、米山弘人、出口章広、黒河内和貴、犬飼道雄、合田文則、正木 勉
  • C型慢性肝炎患者における肝組織中の8OHdG発現と血清亜鉛またはferritin値との関係について 第96回日本消化器病学会総会 2010.4.22-24, 新潟市 劉 石、宮 健、谷 丈二、三好久昭、加藤清仁、野村貴子、小林三善、村松明美、吉田宏仁、井上秀幸、正木 勉
  • 大腸癌におけるアダプター分子Shcの発現とそのTyr317のリン酸化状態 第96回日本消化器病学会総会 2010.4.22-24, 新潟市 樋本尚志、米山弘人、出口章広、黒河内和貴、正木 勉
  • C型慢性肝炎における肝脂肪化、繊維化と血清IGF-I値、IGF-I/IGFBP-3比との関連について第46回日本肝臓学会総会 2010.5.27-28, 山形市 樋本尚志、米山弘人、出口章広、黒河内和貴、正木 勉
  • 非アルコール性脂肪肝炎における肝脂肪化とoxidized LDLに対する自己抗体との関連について 第46回日本肝臓学会総会 2010.5.27-28, 山形市 樋本尚志、米山弘人、出口章広、黒河内和貴、正木 勉
  • 自己免疫現象を伴うC型慢性肝炎における血清B lymphocyte activating factor(BAFF)値測定の意義について 第47回日本消化器免疫学会総会 2010.7.8-9, 大津市
  • Himoto T, Yoneyama H, Deguchi A, Kurokohchi K, Inukai M, Masugata H, Goda F, Senda S, Masaki T. Clinical significance of anticardiolipin antibodies in chronic hepatitis C. 18th United European Gastroenterology Week 2010.10.23-27, Barcelona, Spain
  • Himoto T, Yoneyama H, Deguchi A, Kurokohchi K, Inukai M, Masugata H, Goda F, Senda S, Masaki T. Clinical significance of autoantibodies to P53 in autoimmune liver diseases. 18th United European Gastroenterology Week 2010.10.23-27, Barcelona, Spain
  • 第40回日本心脈管作動物質研究会 藤田昌子、海部久美子、人見浩史、清元秀泰、河野雅和、西山 成 Angiotensin Ⅱ diverges insulin signaling into vascular remodeling from glucose metabolism
  • The 3rd International Aldosterone Forum in Japan Yoshiko Fujita Aldosterone induces insulin resistance via up-regulation of IGF-1 receptor and its hybrid receptor in vitro and in vivo
  • 第53回日本腎臓学会学術総会 海部久美子、藤田昌子、人見浩史、西岡 聡、西島陽子、祖父江 理、原 大雅、清元秀泰、西山 成、河野雅和 アルドステロンはIGI-1受容体発現の増強を介して血管のインスリンシグナルに影響を与える


2009

  • 宇山 徹,森下 淳,金 星華,岡本 安雄,坪井 一人,上田 夏生.がん抑制遺伝子H-rev107のホスホリパーゼA1/2としての同定.第50回日本生化学会中国・四国支部例会, 2009.5.15-16,鳥取市
  • Uyama, T., Morishita, J.,Jin, X.-H.,Okamoto, Y.,Tsuboi, K. and Ueda, N., The tumor suppressor H-rev107 functions as a novel Ca2+ -independent cytosolic phospholipase A1/2. The 5th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences: Bioactive Lipid Molecules and Transporters, 2009.5.25-26, Tokyo
  • Uyama, T., Morishita, J.,Jin, X.-H.,Okamoto, Y.,Tsuboi, K. and Ueda, N., Characterization of the tumor suppressor H-rev107 as a novel Ca2+-independent cytosolic phospholipase A1/2. 4th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators, 2009.5.25-28, Tokyo
  • Ueda, N., Jin, X.-H., Zhao, L.-Y., Wang, J. and Uyama, T.Enzymes involved in the metabolism of anandamide. 4th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators, 2009.5.25-28, Tokyo
  • Ueda, N., Wang, J., Zhao, L.-Y., Uyama, T., Tsuboi, K. and Tonai, T., Amino acid residues important for pH dependency and proteolytic maturation of N-acylethanolamine-hydrolyzing acid amidase (NAAA). 19th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, 2009.7.7-11, St. Charles, Illinois, USA
  • Uyama, T., Morishita, J.,Jin, X.-H.,Okamoto, Y.,Tsuboi, K. and Ueda, N., The tumor suppressor H-rev107 functions as phospholipase A1/2 with a low N-acyltransferase activity. 19th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, 2009.7.7-11, St. Charles, Illinois, USA
  • Ueda, N., Wang, J., Zhao, L.-Y., Uyama, T., Tsuboi, K., Expression of anandamide-related enzymes in human prostate cancer cells. 19th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, 2009.7.7-11, St. Charles, Illinois, USA
  • 坪井一人,趙 麗頴,王 俊,宇山 徹,上田夏生.N-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼのpH依存性と限定分解を制御するアミノ酸残基.第51回日本脂質生化学会,2009.7.30-31,愛知県名古屋市
  • Ueda, N., The new enzymes related to endocannabinoid metabolism: NAAA and iNAT. Gordon Research Conference: Cannabinoid Function in the CNS, 2009.8.2-7, Biddeford, ME, USA
  • Uyama, T., Tumor suppressor gene H-rev107 encodes a Ca2+-independent cytosolic phospholipase A1/2 with a low phosphatidylethanolamine N-acyltransferase activity. Gordon Research Conference: Cannabinoid Function in the CNS, 2009.8.2-7, Biddeford, ME, USA
  • 宇山 徹,金 星華,坪井一人,藤内武春,上田夏生.がん抑制遺伝子TIG3とHRASLS2の脂質代謝酵素としての同定.第82回日本生化学会大会, 2009.10.21-24,神戸市.
  • 坪井一人,王 俊,趙 麗頴,宇山 徹,上田夏生.ヒト前立腺癌細胞におけるアナンダミド関連酵素の発現.第82回日本生化学会大会,2009.10.21-24,神戸市.
  • 上田夏生.N-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)の機能解析.第35回日本応用酵素協会研究発表会,2009.11.16,大阪市.
  • 上田夏生.脂肪酸:リン脂質代謝と脂質メディエーターに関する研究の進展.第326回脂溶性ビタミン総合研究委員会,2009.12.4,静岡県伊東市.
  • 吉田裕美,武田耕青,何森健,神鳥成弘「C末端領域の改変によるPseudomonas stutzeri由来L-ラムノースイソメラーゼの酵素活性への影響」2010年度農芸化学会大会,2010年3月29日(東京)
  • Hiromi Yoshida, Kosei Takeda, Ken Izumori and Shigehiro Kamitori “The role of flexible C-terminal region of Pseudomonas stutzeri L-Rhamnose Isomerase.” 34th FEBS Congress, July 4-9, 2009, (Prague, Czech Republic)
  • 吉田裕美,渡部優史,武田耕青,石井知彦,何森健,神鳥成弘「希少糖生産酵素Pseudomonas stutzeri L-rhamnose isomeraseの変異酵素を利用した糖環の開環機構」第50回日本生化学会中国・四国支部例会,2009年5月15日(鳥取)
  • 竹内義喜、松本由樹、三木崇範、横山俊史、割田克彦、汪治宇、矢倉富子、藤田守 WGA-HRPによる順行性シナプス輸送:ラット迷走神経へのRab3A-siRNA投与 Neuroscience2009/第32回日本神経科学大会 2009.9.16-18
  • Yoshiki Takeuchi, Yoshiki Matsumoto Takanori Miki, Katsuhiko Warita, Zhi-Yu Wang , Tomiko Yakura and Jun-Qian Liu  A protein conjugation of WGA essential for transsynaptic tracer in neuronal system: application for Amyloid-β in vivo. DRD2009 2009.12.11-12
  • 松本由樹、三木崇範、割田克彦、汪治宇、矢倉富子、劉俊騫、竹内義喜 WGA結合タンパクがもたらすシナプス膜輸送機構の新展開 日本解剖学会第64回中国・四国支部学術集会 2009.10.24-25
  • 秋山貢佐、宮下武憲、松原あい、稲本隆平、森 照茂、森  望、 ラット内リンパ嚢における11β-HSDの発現 第110回日本耳鼻咽喉科学会 2009.5
  • 稲本隆平、宮下武憲、森  望、 内リンパ嚢の内リンパ圧調節作用に関する研究 第110回日本耳鼻咽喉科学会 2009.5
  • T.Miyashita, H.Tatsumi, K.Hayakawa, M.Sokabe, N.Mori, Na+ influx in mitochondria-rich epithelial cells of the inner ear endolymphatic sac, 6th Estraordinary international symposium on recent advances 2009.5
  • T.Miyashita, Ion transport in the endolympahtic sac epithelical cells, 6th Estraordinary international symposium on recent advances 2009.5
  • 森 照茂、星川広史、森  望、 頭頸部扁平上皮癌細胞株に対するD-alloseの効果~docetaxelとの併用効果~ 第33回日本頭頸部癌学会 2009.6
  • 宮下武憲、秋山貢佐、稲本隆平、森 照茂、森  望、 内リンパ嚢上皮細胞におけるFXYD6の発現  第19回日本耳科学会 2009.10
  • 秋山貢佐、宮下武憲、稲本隆平、森 照茂、森  望、 レーザーキャプチャーマイクロダイセクションを用いた選択的内リンパ嚢由来RNA抽出方法 第19回日本耳科学会 2009.10
  • 稲本隆平、宮下武憲、森  望、 カテコールアミンによる前庭内リンパ圧の変化 第68回日本めまい平衡医学会 2009.11
  • 宮下武憲、内リンパ嚢におけるイオン輸送調節 第9回四国頭頸部外科研究会 2009.12
  • 森 照茂、希少糖D-alloseの抗がん作用-頭頸部扁平上皮癌細胞株に対する効果を中心に~  平成21年度日本耳鼻咽喉科学会香川県地方部会学術講演会 2009.11
  • Role of aldosterone in oxidative strees and renal injury Nishiyama A World Congress of Nephrology May.2009
  • Cilnidipine elicits renoprotective effects through reductions in intrarenal renin-angiotensin sysytem and oxidative stress in SHR/ND rats Fan Y, Mizutani T, Matsubara K, Nakano D, Kobori K, Fujita T, Kohno M, Nishiyama A  World Congress of Nephrology May.2009
  • High sodium augments angiotensin II-induced proliferation of rat vascular smooth muscle cells through an ERK1/2-dependent pathway Hitomi H, Liu G, Hosomi N, Kiyomoto H, Kohno M, Nakano D, Kimura S, Nishiyama A 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Effects of an angiotensin Ⅱreceptor blockade on brain renin-angiotensin system Pelisch N, Hosomi N, Nishiyama A, Kohno M 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Effects of angiotensin blockade on blood-brain barrier permeability and cognitive disorders in dahl salt-sensitive hypertensive rats Pelisch N, Hosomi N, Ueno M, Nishiyama A, Kohno M 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Effects of olmesartan on intrarenal angiotensin Ⅱ and oxidative stress in aortic regurgitation medel rats Rafiq K, Noma T, Nakano D, Nagai Y, Ishihara Y, Fan Y, Hitomi H, Ohashi N, Kobori H, Kiyomoto H, Kimura S, Nishiyama A 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Effects of mineralocorticoid receptor blockade on glucocorticoid-induced hypertension and renal injury in adrenalectomized rats Rafiq K, Noma T, Nakano D, Ihara G, Hitomi H, Fujisawa Y, Ohashi N, Kobori H, Kiyomoto H, Kimura S, Nishiyama A 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Effects of cilnidipine on interarenal renin-angiotensin system, oxidative stress and renal injury in shr/nd rats Fan Y, Kohno M, Nakano D, Ohashi N, Kobori H, Fujita T, Hitomi H, Kiyomoto H, Kimura S, Nishiyama A 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Aldosterone accelerates the renal senescence Fan Y, Kohno M, Nakano D, Hitomi H, Kimura S, Nishiyama A 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Urinary angiotensinogen as a biomarker for intrarenal angiotensin activity in patients with lga nephropathy Nishiyama A, Konishi Y, Ohashi N, Hitomi H, Kiyomoto H, Kobori H, Imanishi M 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Mechanical stretch-augments insulin-induced vascular smooth muscle cell proliferation via insulin-like growth factor 1 receptor upregulation Hitomi H, Liu G, Hosomi N, Kiyomoto H, Kohno M, Nakano D, Kimura S, Nishiyama A 36th International Congress Of Physiological Sciences July. 2009
  • Mineralocorticoid receptor blockade suppresses glucocorticoid-induced renal injury in adrenalectomized rats Rafiq K, Nakano D, Hitomi H, Ihara G, Fujisawa Y, Ohashi N, Kobori H, Kiyomoto H, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Relationship between sodium sensitivity of blood pressure and urinary angiotensinogen in patients with lga nephropathy Rafiq K, Nakano D, Hitomi H, Ihara G, Fujisawa Y, Ohashi N, Kobori H, Kiyomoto H, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Eplerenone and amlodipine have different renoprotective effects on glomerular interstitial injury in dahl salt-sensitive rats Nakano D, Du J, Fan Y, Hitomi H, Kiyomoto H, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • High sodium augments angiotensin II-induced proliferation of rat vascular smooth muscle cell through ERK1/2-dependent pathway Hitomi H, Liu G, Hosomi N, Kiyomoto H, Kohno M, Nakano D, Kimura S, Nishiyama A, Iwamoto T63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Long- term infusion of handle-region peptide (HRP)inhibits development of glomerulosclerosis in the nonclipped kidney of 2-kidney,1-clip(2K1C)goldblatt hypertensive rats Ryuzaki M, Ohshima Y, Sakoda M, Kurauchi-Mito A, Narita T, Kinouchi K, Murohashi-Bokuda K, Nishiyama A, Itoh H, Ichihara A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Aldosterone indudes the senescence in renal proximal tubular cells Fan Y, Nakano D, Hitomi H, Kiyomoto H, Kohno M, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Mechanical stretch augments insulin-induced vascular smooth muscle cell proliferation by insulin-like growth factor-1 receptor Hitomi H, Liu G, Hosomi N, Nakano D, Kiyomoto H, Kimura S, Kohno M, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Early treatment with an angiotensin receptor blocker prevents the onset of podocyte injury and microalbuminuria in type 2 diabetic rats Sofue T, Kiyomoto H, Nishioka S, Nishijima Y, Kaifu K, Hara T, Nakano D, Hitomi H, Kobori H, Kawachi H, Kohno M, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Angiotensin-converting enzyme inhibitor does not suppress renal angiotensin Ⅱlevel in angiotensin Ⅰ-infused rats Ohnishi K, Murase M, Nakano D, Pelisch N, Hitomi H, Nishiyama A 63rd High Blood Pressure Research Conference Sep. 2009
  • Mechanism of Intrarenal AngⅡ Activation by Podocyte Injury Matussaka T, Niimura F, Nishiyama A, Kobori A, Navar G, Ichikawa K  American Society of Nephrology Renal Week 2009 Oct. 2009
  • Urinary Angiotensinogen and Sodium Sensitivity of Blood Pressure in Patients with IgA Nephropathy American Society of Nephrology Renal Week 2009 Oct. 2009
  • Increased Tubular Prorenin and Renin in Rats with Chronic Anti-Thymocyte Serum(ATS)Nephritis under High Salt Intake(HSI) Huang Y, Yamamoto T, Misaki T, Suzuki H, Togawa A, Fukasawa H, Fujigaki Y, Kato A, Ichihara A, Senbonmatsu T, Nishiyama A, Ikegaya N, Hishida A American Society of Nephrology Renal Week 2009 Oct. 2009
  • Psicose Containing Solution Suppresses Glucose-Induced Reactive Oxygen Species(ROS) Dependent Epithelial to Mesenchymal Transition (EMT)in Cultured Rat Peritoneal Kiyomoto H, Moriwaki K, Fujita Y, Hitomi H, Sofue T, Nishijima Y, Nishioka S, Kaifu K, Nakano D, Hara T, Kohno M, Izumori K, Tokuda M, Nishiyama A American Society of Nephrology Renal Week 2009 Oct. 2009
  • Renal Angiotensinogen in Liver and Kidney Angiotensinogen Knockout Mice Niimura F, Matsusaka T, Nishiyama A, Kobori H, Navar G, Ichikawa I American Society of Nephrology Renal Week 2009 Oct. 2009
  • シルニジピンはメタボリックシンドロームモデルラットで生じる腎内RASとROS亢進を抑制して腎保護効果を示す 西山 成、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、藤田敏郎、河野雅和、 Fan Y 第9回日本NO学会学術集会 2009.5 静岡
  • CKDの病態形成における局所RA系の活性化の重要性と尿中マーカー 西山 成、今西政人、人見浩史、小堀浩幸 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • 副腎摘出ラットにおけるグルココルチコイドによる高血圧および腎障害はエプレレノンにより抑制できる Kazi R、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、西山 成 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • シルニジピンはメタボリックシンドロームモデルラットで生じる腎内RASとROS亢進を抑制して腎保護効果を示す 西山 成、中野大介、人見浩史、小堀浩幸、藤田敏郎、河野雅和、Fan Y 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • 食塩負荷はアンジオテンシンⅡによる血管平滑筋細胞の増殖作用を増強する 人見浩史、劉 鋼、細見直永、清元秀泰、中野大介、岩本隆宏、河野雅和、西山 成 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • ラットにおいてエンドセリン-1慢性投与は血漿アルドステロン値に影響を与えない 中野大介、藤沢良秀、人見浩史、西山佳宏、西山 成 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • アルドステロンは腎臓の老化を加速する Fan Y、中野大介、人見浩史、河野雅和、西山 成 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • 大動脈弁閉鎖不全モデルラットにおける腎障害に対するオルメサルタンの影響 Kazi R、 野間貴久, 人見浩史、中野大介、西山 成、小堀浩幸 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • 顕性蛋白尿を呈する2型糖尿病ラットで生じる表層・傍髄質糸球体上皮細胞障害と、オルメサルタンの保護効果 西山 成、井原玄英、人見浩史、小堀浩幸、伊藤貞嘉、河野雅和、清元秀泰 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • 機械的伸展刺激とインスリンの血管平滑筋細胞増殖に対する影響 人見浩史、劉 鋼、細見直永、清元秀泰、中野大介、河野雅和、西山 成 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • オルメサルタンの早期投与は2型糖尿病ラットにおけるアルブミン尿発症を抑制する 祖父江理、清元秀泰、西島陽子、黒住知宏、海部久美子、原 大雅、中野大介、人見浩史、河内 裕、小堀浩幸、河野雅和、西山 成 第52回日本腎臓学会学術総会 2009.6横浜
  • アルドステロンは腎近位尿細管の老化を生じる Fan Y、中野大介、人見浩史、木村正司、河野雅和、西山 成 第115回日本薬理学会近畿支部 2009.6
  • Ⅱ型糖尿病ラットにおけるARBオルメサルタンの早期投与はアルブミン尿発症を予防する 祖父江理、清元秀泰、西岡 聡、西島陽子、海部久美子、原 大雅、藤田昌子、中野大介、人見浩史、河内 裕、小堀浩幸、河野雅和、西山 成 第45回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 2009.9
  • 顕性蛋白尿を呈するⅡ型糖尿病ラットにおける表層・傍髄質糸球体上皮細胞障害とARBの保護効果 西山 成、井原玄英、人見浩史、小堀浩幸、伊藤貞嘉、河野雅和、清元秀泰 第45回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 2009.9
  • The effect of pre-diabetic high calorie diet or calorie restriction in OLETF rats Suwarni D、中野大介、西山 成 第45回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 2009.9
  • 肥満・メタボリックシンドロームから糖尿病を発症するOLETFラットにおける腎障害と局所レニン・アンジオテンシン系 西山 成、今西政仁、小堀浩幸 第45回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 2009.9
  • 機械的伸展刺激によるJGF1受容体を介した血管インスリン抵抗性の解明 人見浩史、劉 鋼、細見直永、清元秀泰、中野大介、木村正司、河野雅和、西山 成 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • IgA腎症における腎内レニン・アンジオテンシン系と血圧の食塩感受性との関連:尿中アンジオテンシンノーゲン測定よりの検討 小西啓夫、西山 成、森川 貴、岸田真嗣、濱田真宏、奥本幹子、北林千津子、斉藤俊恵、大橋 温、小堀浩幸、今西政仁 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • アルドステロンは腎近位尿細管の細胞老化を誘導する Fan Y、中野大介、人見浩史、河野雅和、西山 成 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • Ⅱ型糖尿病ラットにおけるARBオルメサルタンの早期投与はアルブミン尿発症を予防する 祖父江理、清元秀泰、西岡 聡、西島陽子、海部久美子、原 大雅、藤田昌子、中野大介、人見浩史、河内 裕、小堀浩幸、河野雅和、西山 成 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • プロレニンの血管平滑筋細胞における細胞内情報伝達系の解明 人見浩史、劉 鋼、細見直永、清元秀泰、中野大介、木村正司、市原淳弘、伊藤 裕、西山 成 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • 食塩負荷とアンジオテンシンⅡによる血管平滑筋細胞増殖作用の解明 人見浩史、劉 鋼、細見直永、清元秀泰、中野大介、木村正司、岩本隆宏、河野雅和、西山 成 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • Dahl食塩感受性ラットにおいてエプレレノンとアムロジピンはそれぞれ糸球体障害と尿細管間質障害に対して保護的に働く Du Jun、Fan Y、人見浩史、清元秀泰、西山 成、中野大介 第32回日本高血圧学会総会 2009.10
  • 食塩負荷とアンジオテンシンⅡによる血管平滑筋増殖作用の解明 人見浩史、劉 鋼、中野大介、西山 成 第13回日本心血管内分泌代謝学会 200910
  • IgA腎症患者における腎内レニン・アンジオテンシン系と血圧の食塩感受性との関連 西山 成、小西啓夫、小堀浩幸、今西政仁 第13回日本心血管内分泌代謝学会 200910
  • シルニジピンによる腎糸球体足細胞N型カルシウムチャンネル阻害を介したタンパク尿抑制作用 中野大介、Fan Y、大崎博之、小堀浩幸、人見浩史、河野雅和、藤田敏郎、西山 成 第116回日本薬理学会近畿支部 2009.11
  • IgA腎症患者における尿中アンジオテンシノーゲンと食塩感受性との関連 西山 成、小西啓夫、小堀浩幸、今西政仁 第116回日本薬理学会近畿支部 2009.11
  • T. Hashimoto, J. Igarashi, Y. Nagai, T. Yamashita, H. Kosaka, RU486(Mifepristone), Progesterone/Glucocorticoid receptor antagonist, enhances adipogenesis, The 83th Journal of Pharmacological Sciences、Vol.112, (2010)65P
  • Galectin-9 expands myeloid-derived suppressor cells in T cell-mediated lung inflammation./ 有川智博、大水総一、平島光臣/四国免疫フォーラム/2009.6.27、香川
  • ガレクチン9:免疫・アレルギー疾患へのtranslational researchーガレクチン9による動物疾患モデルの治療効果とメカニズムー/平島光臣/第14回Asthma Research in 熊本/2009.7.25、熊本
  • ガレクチン9はO-グリカンを介してTh17細胞への分化を抑制する(Galectin-9 suppresses Th17 cell differentiation through interaction with O-glycan.)/大水総一、有川智博、加藤茂樹、仁木敏朗、山内清明、平島光臣/第39回日本免疫学会総会・学術集会/2009.12.2-4, 大阪
  • ガレクチン9によるマクロファージのFcgammaレセプター発現制御とコラーゲン抗体誘導関節炎への効果(Galectin-9 ameliorates immune complex-induced arthritis by regulating FcgR expression on macrophages.)/有川智博、渡邊浩大、松川昭博、大水総一、仁木敏朗、山内清明、平島光臣/第39回日本免疫学会総会・学術集会/2009.12.2-4, 大阪
  • 豊田行康、森茂彰、秦毅、三輪一智、徳田雅明、村尾孝児、石田俊彦 肝グルコ キナーゼの核外移行促進による血糖上昇抑制 第52回日本糖尿病学会 2009.5大阪 "
  • 梅村展子,森 茂彰,秦 毅司,井上博貴,三輪一智,徳田雅明,村尾孝児,石田俊彦,西山 成,豊田行康(名城大薬,香川大医) D-タガトースによる肝グルコキナーゼの核/細胞質間移行 第55回日本薬学会当会支部総会・大会 2009.7愛知 "
  • Kazuyo Kamitori, Fuminori Yamaguchi, Naoya Hatano,Li Sui, Yuko Hirata, Youyi Dong, Masaaki Tokuda ROLE OF THIOREDOXIN INTERACTING PROTEIN(TXNIP)IN CELL CYCLE REGULATIONThe 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009.7京都 "
  • Yuko Hirata, Ikuko Tsukamoto, Fuminori Yamaguchi, Sui Li, Kazuyo Kamitori, Youyi Dong, Masaaki Tokuda ANALYSIS OF THE INHIBITORY EFFECT OF D-ALLOSE ON LEUKEMIA CELLPROLIFERATION The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009.7京都 "
  • Fuminori Yamaguchi, Kamitori Kazuyo, Dong Youyi, Yuko Hirata, Masaaki Tokuda RARE SUGAR D-ALLOSE ENHANCES ANTITUMOREFFECT OF 5-FLUOROURACIL ON THE HUMAN HEPATOCELLULAR CARCINOMA CELL LINE HuH-7 The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009.7京都 "
  • Ikuko Tsukamoto, Norikazu Sakakibara, Tokumi Maruyama, Junsuke Igarashi, Hiroaki Kosaka, Masaaki Tokuda, Yasuo Kubota, Ryoji Konishi A NUCLEIC ACID ANALOGUE STIMULATED TUBE FORMATION OF HUMAN UMBILICAL VEIN ENDOTHELIAL CELLS (HUVEC) The 36th Congress of the International Union of Physiological Sciences 2009.7京都 "
  • 董有毅; yamaguchi; Sui; kamitori; Tokuda TEMPORAL AND SPATIAL EXPRESSION OF PTEN PROTEIN IN DEVELOPMENT OF MAMMALIAN AUDITORY SYSTEM 36th international congress of physiological sciences (IUPS2009)   2009.07  神戸"
  • 董有毅; Yamaguchi; Sui; Kamitori; Tokuda Novel role for PTEN in the development of the inner ear 82th congress of Japanese biochemical society 2009.10 Kobe"
  • 神鳥和代、波多野直哉、下村幸子、山口文徳、徳田雅明 Thioredoxin interacting protein(TXNIP)リン酸化を介した細胞周期G1/Sチェックポイントにおける制御機構 第82回日本生化学会大会 2009.10神戸 "
  • 高橋智紀; 田中啓充; 岡本研正; 平田裕子; 山口文徳; 徳田雅明(Tomoki TAKAHASHI; Hiromitsu TANAKA; 岡本研正; Yuko HIRATA; Fuminori YAMAGUCHI; 徳田雅明) 青色LEDを用いた白血病細胞増殖抑制 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会 2009.09 愛媛大学工学部城北キャンパス"
  • 田中啓充; 高橋智紀; 岡本研正; 平田裕子; 山口文徳; 徳田雅明(Hiromitsu Tanaka; TOMOKI TAKAHASHI; Kensho OKAMOTO; Yuko HIRATA; Fuminori YAMAGUCHI; Masaaki TOKUDA) 新光源Biocell Lightを用いた白血病細胞の光抑制 平成21年度電気関係学会四国支部連合大会 2009.09 愛媛大学工学部城北キャンパス"
  • 血液内皮細胞におけるガレクチン9の機能解析,第8回四国免疫フォーラム:西 望,山本ひとみ,東海林博樹,中村隆範

2008

  • 松本由樹、三木崇範、谷賀、割田克彦、汪治宇、竹内義喜 Early postnatal ethanol exposure alters the BDNF and neural interactions in the olfactory bulb. 第113回日本解剖学会総会・全国学術集会 2008.3.27-29
  • 吉田裕美,武田耕青,高田悟郎,何森健,神鳥成弘 「X線結晶解析に基づくPseudomonas stutzeri 由来L-ラムノースイソメラーゼにおけるSer329の基質認識への影響」2008年度農芸化学会大会,2008年3月26-29日(名古屋)
  • 唐木將行、小林隆一、秋山貢佐、小林英治、石井玄吾、森  望喘息合併鼻茸におけるIL-16の発現 第26回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  • 上田夏生,岡本安雄,神鳥成弘.新規リン脂質代謝関連酵素群の探索と機能解析.第2回香川メディカルサイエンスフォーラム,2008.2.28,香川大学医学部

2007

  • Yoshiki Takeuchi, Qiang Xie, Yoshiki Matsumoto, Katsuhiko Warita, Takanori Miki Fos-immunoreactive neurons in the lateral central nucleus of amygdala activated by hypotension with special reference to the parabrachial nucleus in the rat. Italian Society of Neuroscience 2007 Congress, 2007.9.27-30, Verona, Italy
  • Yoshiki Matsumoto, Masaharu Kaneko, Weiwen Yang, Fujiko Watt, Katsuhiko Warita, Takanori Miki, Yoshiki Takeuchi, Keiko Funa A nobel enhancer of the PDGF beta-receptor gene activated uring the differentiation of neuroblastoma through GATA factor. Italian Society of Neuroscience 2007 Congress, 2007.9.27-30, Verona, Italy
  • 三木崇範、横山俊史、植木正明、汪治宇、割田克彦、松本由樹、前川信博、竹内義喜 中枢神経発達時期におけるイソフルラン曝露の影響:臭球における神経栄養因子の変化 第47回日本先天異常学会学術集会 2007.7.7-9
  • Zhi-Yu Wang, Takanori Miki, Toshifumi Yokoyama, Yoshiki Matsumoto, Katsuhiko Warita, Kazunori Sumitani, Feng Lu, Yoshiki Takeuchi Short-term ethanol exposure caused changes in neurotrophins and its receptors expression in mice cerebellum. 日本解剖学会第62回中国・四国支部学術集会 2007.10.27-28
  • 三木崇範 母性剥奪症侯群(Maternal Deprivation Syndrome)の発達神経科学的アプローチ 第52回 日本未熟児新生児学会(教育講演3)2007.11.24-26
  • 吉田裕美,武田耕青,高田悟郎,何森健,神鳥成弘 「Pseudomonas stutzeri 由来L-ラムノースイソメラーゼ変異酵素S329Fの構造解析と基質結合様式」第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,2007年12月11-15日(横浜)
  • 吉田裕美,武田耕青,高田悟郎,何森健,神鳥成弘 「土壌菌D-タガトースエピメラーゼの構造と触媒反応機構」2007年度酵素・補酵素研究会,2007年11月9-10日(倉敷)
  • Takeda, K., Yoshida, H., Takada, G., Izumori, K. and Kamitori, S. “Substrate-recognition mechanism of Pseudomonas stutzeri L-rhamnose isomerase based on X-ray structures and site-directed mutagenesis”, 2nd International Symposium on Diffraction Structural Biology 2007, September 10 – 13, 2007 (Tokyo, Japan)
  • Yamada, M., Yoshida, H., Ohsawa, K., Imai, Y., Kohsaka, S. and ○Kamitori, S. “Binding Modes of Microglia-specific EF-hand Protein Iba1 with Targets Deduced from X-ray Structures”, 32nd FEBS Congress Molecular Machines, July 7 – 12, 2007 (Vienna, Austria)
  • Yoshida, H., Yamaji, M., Yamada, M., Takada, G., Izumori, K. Ishii, T. and Kamitori, S. “The Role of Metal Ion on Active Site in Pseudomonas stutzeri L-Rhamnose Isomerase”, 32nd FEBS Congress Molecular Machines, July 7 – 12, 2007 (Vienna, Austria)
  • 藤本千草,村主 節雄, Arif -UL-Hasan, Itaki Rodney, 原田正和. パプア・ニューギニアにおけるマラリア媒介蚊の調査(13)Anopheles puntulatus groupの分布とITS2 および COII 領域を用いた系統解析. 第59回日本衛生動物学会大会, April. 2 - 4, 2007. 大阪
  • Itaki Rodney, Setsuo Suguri, Hasan Arif-Ul, Fujimoto Chigusa and Masakazu Harada. Behavior of Anopheles stephensi, Aedes albopictus and Culex pipiens larvae: differences in behavior organization. 第59回日本衛生動物学会大会, April. 2 - 4, 2007. 大阪
  • Hasan Arif-Ul, Setsuo Suguri, Fujimoto Chigusa, Itaki Rodney and Masakazu Harada. Phylogeography and dispersion pattern of Anopheles farauti s. s. mosquitoes in Melanesia. 第59回日本衛生動物学会大会, April. 2 - 4, 2007. 大阪
  • 影井昇、原田正和、村主節雄. 香川大学医学部国際医動物学教室に鑑別を依頼された眼虫属線虫類について(附,わが国におけるヒト眼虫症感染の現状について). 第18回臨床寄生虫学会大会. シンポジウム: 現代に蘇った寄生虫,その実態を探る. June 8 - 9, 2007. 東京
  • 原田正和、藤本千草、Hasan Arif-Ul、Itaki Rodney、村主節雄. 巻貝類とその寄生吸虫類を指標とした干潟の環境評価?香川県の干潟の重要性?. 平成19年度「瀬戸内海研究フォーラムin香川」. Sep. 6 - 7, 2007. 高松
  • 原田正和, 橋本温, 大田直友, 記野秀人, Arif-Ul Hasan, 藤本千草, 村主節雄. 日本のホソウミニナに寄生するセルカリアの形態とその鑑別. 第63回日本寄生虫学会西日本支部大会. October 6 - 7. 高知
  • M. Harada, S. Sato, C. Fujimoto, A.-U. Hasan and S. Suguri.Cercarial infection of snails living in Saemangeum tidal flat in Korea. Forum Cheju 13. October 23 ? 25. Chungcheon. Korea.
  • 森 照茂、宮下武憲、秋山貢佐、森  望 ラット内リンパ嚢におけるP2Y受容体の発現の検討 第108回日本耳鼻咽喉科学会
  • 秋山貢佐、森 照茂、宮下武憲、星川広史、森  望 ラット内リンパ嚢におけるNa-K-2Cl共輸送体の発現についての検討 第108回日本耳鼻咽喉科学会
  • 秋山貢佐、宮下武憲、森 照茂、星川広史、森  望 リンパ嚢におけるNa-K-2Cl共輸送体(NKCC)の発現についての検討 日本耳鼻咽喉科学会第33回中国四国地方部会連合学会
  • 森 照茂、宮下武憲、秋山貢佐、星川広史、森  望内リンパ嚢におけるP2Y受容体の発現の検討 日本耳鼻咽喉科学会第33回中国四国地方部会連合学会
  • 小林隆一、唐木將行、石井玄吾、森  望、秋山貢佐、唐木りえ、小林英治AIA合併鼻茸におけるIL-16の発現 日本耳鼻咽喉科学会第33回中国四国地方部会連合学会
  • 三谷知生、星川広史、森 照茂、森  望 頭頸部扁平上皮癌細胞株に対するD-alloseの効果 第31回日本頭頸部癌学会
  • 秋山貢佐、唐木將行、森  望 マウスアレルギーモデルを用いたIL-16の変動および抗アレルギー剤の効果の検討 日本耳鼻咽喉科学会第33回四国四県地方部会連合学会
  • Akiyama Kosuke, Karaki Masayuki, Kobayashi Ryuichi, Mori Nozomu The examinations of IL-16 in mouse allergic rhinitis model and effect of anti-allergic drugs 12th Congress of the International Rhinologic Society
  • Ueda, N., Enzymes responsible for the biosynthesis of the endocannabinoid anandamide. 3rd International Conference on Phospholipases A2 and Lipid Mediators, 2007.5.9-12, Sorrento, Italy
  • 金星華,岡本安雄,森下淳,坪井一人,藤内武春,上田夏生.内因性マリファナ様物質アナンダミドの生合成に係わる新規N-アシル転移酵素の同定と性状解析.第48回日本生化学会中国・四国支部例会, 2007.5.19-20,高知市
  • 岡本安雄,金星華,森下淳,坪井一人,藤内武春,上田夏生. N-アシルPEを生成する新規N-アシル転移酵素の同定と性状解析.第49回日本脂質生化学会,2007.6.5-6,札幌市
  • Ueda, N., Jin, X.-H., Okamoto, Y., Morishita, J., Tsuboi, K. and Tonai, T. Discovery of a calcium-independent phosphatidylethanolamine N-acyltransferase (iNAT). International Cannabinoid Research Society 17th Annual Symposium on the Cannabinoids, 2007.6.27-30, Saint-Sauveur, Quebec, Canada
  • Tsuboi, K. Zhao, L.-Y., Okamoto, Y., Araki, N., Ueno M., Sakamoto, H. and Ueda, N. Immunochemical studies reveal predominant expression of lysosomal N-acylethanolamine-hydrolyzing acid amidase in macrophages. International Cannabinoid Research Society 17th Annual Symposium on the Cannabinoids, 2007.6.27-30, Saint-Sauveur, Quebec, Canada
  • 上田夏生,坪井一人,趙 麗頴,岡本安雄,荒木伸一,上野正樹,阪本晴彦.抗炎症脂質N-アシルエタノールアミンを加水分解する酸性アミダーゼのマクロファージにおける発現.第28回日本炎症・再生医学会,2007.8.2-3,東京都新宿区
  • 上田夏生.アナンダミドと関連アミド化合物の生合成と分解に関与する酵素.平成19年度北陸大学学術フロンティア公開シンポジウム カンナビノイド—毒変じて薬となる?—,2007.9.13-14,金沢市
  • Ueda, N., Enzymes involved in the formation of anandamide and related amide compounds. 10th International Conference Bioactive Lipids in Cancer, Inflammation, and Related Diseases, 2007.9.16-19, Montreal, Canada
  • Ueda, N., Calcium-independent N-acyltransferase, a novel enzyme involved in the anandamide formation. 17th Neuropharmacology Conference Cannabinoid Signaling in the Nervous System, 2007.10.31-11.2, San Diego, USA
  • 上田夏生,趙 麗頴,坪井一人,岡本安雄,荒木伸一,上野正樹.新規リソソーム酵素としてのN-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼの性状解析.第318回脂溶性ビタミン総合研究委員会,2007.12.7,さぬき市
  • 金星華,岡本安雄,森下淳,坪井一人,宇山徹,藤内武春,上田夏生.レシチン・レチノール・アシル転移酵素構造類似タンパク質のホスファチジルエタノールアミンN-アシル転移酵素としての同定.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会,2007.12.11-15,横浜市
  • 王 俊,岡本安雄,坪井一人,上田夏生.生体膜成分とリン脂質によるN-アシルホスファチジルエタノールアミン水解ホスホリパーゼD(NAPE-PLD)の活性化.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会,2007.12.11-15,横浜市
  • 趙 麗頴,坪井一人,岡本安雄,荒木伸一,上野正樹,阪本晴彦,上田夏生.N-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼの免疫化学的解析.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会,2007.12.11-15,横浜市
  • 永井由紀子他 フルクトース負荷ラットで生じるインスリン抵抗性におけるプロレニンの関与 第30回 日本高血圧学会学術総会2007.10.25-27
  • Yukiko Nagai他 Mechanical stretch-induced reduction in 11 beta-hydroxysteroid dehydrogenase 2 expression in rat vascular smooth muscle cells. 61st Annual High Blood Pressure Research Conference 2007 2007.9.26-29 Tucson, AZ
  • 永井由紀子他 高食塩負荷はアンジオテンシンⅡによるラット血管平滑筋細胞の増殖をERK1/2依存的に増加させる 第81回 日本薬理学会 2003.17-19
  • 中村隆範、山下賀容子、山本ひとみ、東海林博樹、西望 「浮遊細胞の細胞接着を阻害する血清タンパク質について」 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会 ポスター発表 2007年12月 2P-0528
  • 東海林博樹、Louise Deltour、Vasilios Georgiadis,中村隆範、Diana j. Lawrence-Watt、Shahragim Tajbakhsh、Francoise Poirier 「ガレクチン1の骨格筋形成における役割」 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会 ポスター発表 2007年12月 4P-0008
  • 西望、伊藤愛子、東海林博樹、中村隆範 「ガレクチン-9の細胞膜受容体非依存性作用の解析」 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会 ポスター発表 2007年12月 4P-0013
  • 山本ひとみ、山下賀容子、東海林博樹、西望、中村隆範 「ガレクチン-9によるウイルス増殖抑制」 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会 ポスター発表 2007年12月 4P-0014
  • 神鳥和代, 山口文徳, 波多野直哉, 徳田雅明 Function of TXNIP in the cell cycleregulation of D-allose treated cancer cells 第80回 日本生化学会大会
  • 董有毅, 山口文徳, 隋麗, 徳田雅明 PTENの発現は内耳の有毛細胞の分化に関連される 第80回 日本生化学会大会