私たちの目指す精神看護学について

精神看護学は、全ての人を対象として精神健康の保持増進を目的とする学問です。人は、人との関わりや社会の中で、時に疎外感や孤立を体験することがあります。しかし、人によって傷ついた心は人によって癒され、他者との出会いに支えられ、成長していくことができます。この人間という存在が持つ精神は、目で見ることも手に触れることもできませんが、精神を持つ人間だけが、自己を成長させる潜在的な可能性をもっています。

看護系大学では、すべての学生が精神看護学を学びますが、様々な理論や方法論を学んでも、“精神のことは、よくわからない”という感覚が拭えないのも事実です。時代とともに疾患概念や精神障害者への処遇が変遷することや、精神というものの全容を科学的に捉えきれないことに加えて、そもそも、人生と言うものが多様で難しいために、どのような支援が本当にその人にとって最善なのか、はっきりと確かめることができないからかもしれません。

心の病に対する人々の反応は様々ですが、スティグマ(差別的態度や偏見)は最も大きな問題です。看護者には、精神障害者がその人らしく生き生きと地域で生活できるよう、社会との架け橋となる姿勢が求められます。

精神看護学は、一般にはあまり知られていない学問領域ですが、わが国の専門看護師制度の中では最も歴史があり、全国で多くの精神看護専門看護師が活躍しています。また、精神看護の高度な専門性を活かして、独立開業する看護師も誕生しており、今後、地域での精神看護のさらなる充実が期待されています。

ストレス社会とされる現代の日本社会で、一人一人が人生各期を通じて精神健康を保ち、心の発達を促すケアができるよう、学部では基礎となる実践力を養います。以下に、本学での精神看護学教育の概要を紹介します。

画像:イメージ

精神看護学教育について

誠実に、心に寄りそう

豊かな感性や教養、そして自己の確固たる看護観を備えた看護職となるために、精神看護学での学びは大きな役割を担います。精神看護では、対象となる方の話に耳を傾け、思いを聴き、受けとめていく共感的かかわりが基本となります。その際、言葉にならない心の声を感じ取ろうとする姿勢も必要です。他者の心に寄り添い続けるには自己洞察が欠かせませんが、対象に向き合う時、人は自らの未熟さに直面します。学部での講義や臨地実習を通して、自己を客観視し、課題を解決しながら、誠実に、謙虚に、病む人の心に寄り添える態度を養っていきたいと思います。

また、看護者の心身の健康は、看護実践における重要な資本です。健全な心身を土台に、先の見えにくい時代の中でも希望に向かって自己変革できる存在でありたいと願っています。生涯にわたる自己成長の出発点となる看護基礎教育において、自己理解を深めながら軸となる価値や看護観を築くことができるよう、ともに学んでいきたいと思います。

地域での共生社会のあり方を考える

近年の精神保健の施策は、厚生労働省より2004年に提示された「精神保健医療福祉の改革ビジョン」を皮切りに「入院医療中心から地域生活中心へ」という方向にシフトしています。精神科病床の削減、地域支援の充実など様々な取り組みが行われていますが、順調に進んでいるとは言い難い実状もあります。精神の健康障害を持つ方も私たちも、生活者という点では同じです。疾患や障害があることはその人の全てではなく、その人を構成する一部にすぎません。単に疾患を持った人という見方ではなく、生きづらさを抱えながらも共に地域で生活し、自己実現に向かって、かけがえのない人生を歩む人という見方が大切ではないでしょうか。このような当事者の地域生活支援を実現させるために、地域で活動されている方々との協働を基盤とした看護のあり方を探求し、開拓できる人材を育成したいと考えています。

画像:イメージ

授業科目

画像:年次別授業科目

*附属病院精神科医師による講義
**オムニバス科目

1年次

精神看護学概論

精神看護学概論は、精神の健康の定義や精神保健活動の考え方、精神障害者と家族・社会の関わりにおける看護の役割や地域生活における精神看護の専門的活動など、精神看護の基本的知識を学ぶための導入科目です。皆さんも、人間のこころの不思議や精神のあり方について、一度は考えたことがあると思います。精神看護では、自分を知ることを通して、相手を理解していくことがとても大切になります。自分自身がどういう特性を持った人間なのか、これまでどのようなことに影響を受けながら成長発達してきたのかなど、自己への理解も授業の大きな柱となります。講義を通して、自分のことを振り返る機会としていきましょう。

2年次

精神保健対象論

精神保健対象論では、精神看護学概論で学んだ「精神」のあり方を基盤として、精神に健康障害を持つことの意味や及ぼす影響について学びます。一体、精神を病むというのはどのような体験なのでしょう。もしも、自分が精神科病院に入院することになったら、どのように感じるでしょうか。このような問いを念頭におきながら、精神看護の第一線で活躍する専門家による講義や映像教材などにより学びを深めていきます。また、精神科医療や精神保健福祉において、チームの中で対象と関わる看護職として、共に生活支援を担う専門職との協働のあり方についても考えていきましょう。

精神援助論

精神援助論では、疾患別の看護の基本知識を得るとともに、実際に病棟実習を想定しながら、ロールプレイを通したコミュニケーション技術やリラクゼーション技術などの習得に向けて演習を行います。また、当事者に学ぶ姿勢を大切にし、対象に向き合っていく姿勢を養うため、地域で社会生活を送りながら回復途上にある当事者の方々に貴重な体験談を聴かせていただきます。心の病気にかかることによる生活の変化や、どのように回復していかれたのかなど、体験談での学びを通して、リカバリーを目指す看護のあり方について、自分の考えを深めていきます。

疾病論Ⅴ

疾病論Ⅴは、精神看護において必要となる精神疾患に関する知識の習得を目的とする科目です。香川大学医学部附属病院の精神科医師による講義を通して、精神医学の歴史や法律、代表的な疾患や治療法の概要など、精神看護実践に必要となる精神医学のエッセンスを学びます。

精神援助論 講義

3年次

看護倫理

看護倫理は、オムニバスでの開講になります。精神科領域では倫理的な問題を切り離して考えることはできません。患者の人権や権利を守ることと、患者の安全を守ること、スタッフの安全を守ることなど、いずれも必要です。また、何が本当に当事者の方々にとって必要なことなのか、治療的な関わりとなるのか、社会との関係性の中で、歴史的に多くの問題を抱えていることも事実です。精神看護に伴う倫理的な諸問題について考えていきましょう。

精神看護学実習

講義や演習で学んだ知識と技術を統合し、精神の健康障害をもつ対象者への看護の基礎実践力を養います。短期間での関係形成という制約はありますが、それぞれの思考や感性を大切にした看護過程を実践します。また、対象者との関わりを通して自分自身を見つめる機会をもつことで、自己成長に向けた課題を明らかにしていきます。精神科病棟や地域の様々な施設で実習を行い、病棟-地域をつなぐ切れ目のない支援を考えていきます。

実習場所(4年次の統合実習も含む)
精神科病棟実習
香川大学医学部附属病院 精神科神経科病棟
医療法人社団 光風会 三光病院
地域精神保健実習
デイケア
医療法人社団 以和貴会 いわき病院
精神科デイケア グリーンホープ
地域活動支援
地域活動支援センター むつみ会第1・第2作業所
障害者地域生活支援センター ほっと
地域活動支援センター クリマ
ライブサポートセンター
相談支援事業
障害者地域生活支援センター ほっと
地域活動支援センター クリマ
ライブサポートセンター
就労移行・就労継続支援、自立訓練(生活支援)
障害福祉サービス事業所 かわしま
自立訓練・就労継続支援B型事業所 牟原寮
就労移行・就労継続支援B型事業所 ワイワイ創造館
グループホーム
コミュニティハウス未来
訪問看護
香川県立丸亀病院
断酒会
医療法人社団 光風会 三光病院 断酒センター
AA(Alcoholics Anonymous)
AA栗林グループ

4年次

統合実習

3年次の領域別実習における学習をふり返り、学生個々の能力や適性、志向に適合する分野を選択し、各自の学習課題の解決にむけた実習を行います。実習を通して看護実践能力を高めるとともに、精神看護や地域精神保健に関する学びや理解を深めることで、精神看護観の形成を図ります。

看護研究

看護学における研究の必要性や意義について学習し、看護研究活動の基盤となる研究方法を学びます。

精神看護学ゼミでは、個人もしくはグループで協力しながら、学生の興味や関心に根差した研究を行っています。

過去の研究テーマ
  • 看護学生における防衛機制と自己肯定感との関連
  • 看護学生のひきこもりへの関心と共感的理解度、社会的距離、知識との関連について
  • 精神障害者の就労継続支援に携わるスタッフの職務ストレスへの対処とやりがい
  • 看護系大学生のキャリアコミットメントと臨地実習における経験との関連の検討
  • 看護学生に対するHRVを用いたほうじ茶摂取によるリラックス効果の検討
  • 看護大学生の生活習慣と自己肯定感の関連

教育環境

精神看護学のカンファレンスルームでは、学習支援のための専門書や学会誌などを閲覧することができます。また、看護研究において論文の検索やデータ分析、論文の執筆に使用できるようパソコンを設置しています。

実習でのレクリエーションで使用するための楽器や様々な物品も準備しており、学生のアイデアを実習場所で活かすことができます。

また、教育環境は学内だけにとどまりません。地域の支援事業所や個人の皆様のご支援を頂いています。2019年度から講義の一環として、香川県内の就労支援事業所・地域活動支援センター等に学生が訪問し、地域生活支援の実際を学ぶ機会を持てるよう「訪問プログラム」という取り組みを始めました。

2019年度訪問プログラムにご協力いただいた施設一覧(敬称略、順不同)

  • むつみ会(地域活動支援センター)
  • ラ・レコルト高松瓦町(就労移行支援事業所)
  • hito.toco(就労移行支援事業所)
  • あじさい(ナザレの村)(地域活動支援センター・就労移行支援事業所・就労継続支援B型事業所など)
  • ピアハート(就労継続支援A型・B型事業所)
  • シエンタ(すてっぷ)(就労継続支援B型事業所)
  • まなびやもも(子どもの日中居場所支援)
  • リール(就労継続支援A型事業所)
  • かがわ若者サポートステーション(引きこもり支援・就労支援など)
  • 香川障害者職業センター(職業準備支援・職場復帰支援・ジョブコーチなど)
  • らいおんハート(就労継続支援B型事業所)

香川県内の精神科病院、地域との連携をさらに深めて、大学の責務である研究・教育の充実を図っていきます。

スタッフ紹介

渡邉 久美教授

認知症専門病棟での臨床看護、看護系大学での精神看護学教育及び、大学院での保健師養成課程における教育を経て、現職に至る。

岡山大学医学系研究科小児医科学で、摂食障害の家族支援に関する研究テーマで博士課程修了。(医学博士)

地域で生活する精神障害者や、その家族の生活、そして、人々の自己実現を視野に入れた看護の視点を養う教育研究を目指しています。今後、さらに精神看護の重要性が高まる時代背景を受け、地域やそれぞれの持ち場で、自律した精神看護活動ができる専門職を育成したいと考えています。

モットー
念ずれば道ひらく
学生へのメッセージ
人間の尊厳と誇りを護り、その人らしさに寄り添う精神看護をともに学んでいきましょう。

> 研究実績(研究者サイトへ)

蔵本 綾助教

看護系大学卒業後、総合病院での臨床経験を経たのちに、大学院に進学。修士課程修了し、現職に至る。

精神看護学というのは、なんとなく親しみにくい、興味の湧きにくい分野ではないでしょうか。私自身もそうでした。ゆっくり取り組んでみると面白さが見えてきます。これからの時代に求められる精神看護のあり方について、学生とともに学び、考えていきたいと思います。

モットー
「志」を持って仕事をする
学生へのメッセージ
病気の人も元気な人も対象にするのが、精神看護学の魅力です。一緒に学びを深めていきましょう。

> 研究実績(研究者サイトへ)

非常勤講師(五十音順)

  • 國方弘子氏(香川県立保健医療大学・教授)
  • 小西佐登美氏(香川県立丸亀病院・看護部長)
  • 東川千晶氏(社会福祉法人翠睦福祉会 社会福祉サービス事業所かわしま・サービス管理責任者)
  • 森田伸子氏(香川大学医学部附属病院・看護師長)

協力研究員

  • 三谷容子氏(香川県立高松東高等学校 養護教諭)

精神看護学研究室における研究テーマ

在宅認知症高齢者の介護家族の支援に関する研究

  • 訪問看護師によるパートナーシップに基づく支援モデルの構築

セルフナーシングによる健康生活行動改善の効果検証

  • 睡眠セルフケア行動と自律神経活動(HRV)との関連
  • 精油の生活への取り入れによる健康指標への影響の評価

養護教諭との連携を基盤とする児童生徒と家族のメンタルヘルス支援

  • 看護職と養護教諭の職種間連携による摂食障害児の家族支援プログラムの開発
  • 養護教諭を中心とする生徒の精神健康の多職種連携のあり方に関する研究

看護学生・看護職のメンタルヘルスに関する研究

  • 精神看護学教育における精神看護コミットメントの概念検討
  • 日本語版看護学生ストレス尺度の開発
  • 特殊な部署に転属した看護師のメンタルヘルス支援に関する基礎的研究

業績一覧

論文等掲載

  • 渡邉久美, 蔵本綾(2019):新カリキュラム改訂に向けた香川大学医学部精神看護学領域における検討状況, 看護展望, 44(9), 148-159.
  • 渡邉裕美, 渡邉久美(2019):認知症高齢者の家族介護者における介護肯定感の形成に至るプロセス,家族看護学研究, 25(1), 27-40.
    日本家族看護学会研究奨励賞受賞 日本家族看護学会研究奨励賞受賞
    日本家族看護学会研究奨励賞受賞
  • 蔵本綾, 渡邉久美, 難波峰子, 矢嶋裕樹(2019):手術室に配置転換となった看護師のストレス要因に関する文献研究, 香川大学看護学雑誌, 23(1), 33-45.
  • 芦沢直之, 上野知恵子, 渡邉久美(2018):精神科看護師が用いる統合失調症の「不穏」に関する概念検討, 香川大学看護学雑誌, 22(1), 1-10.
  • 渡邉裕美, 渡邉久美(2015):軽度認知症高齢者との関わりの中で家族介護者が抱く気持ちの推移とコミュニケーションの変化, 家族看護学研究, 21(1), 38-49.
  • 渡邉久美, 國方弘子, 三好真琴(2015):精神障害者へのハンドケアリング前後の変化―自立神経活動および不安, 対人距離の心理的指標から―, 日本看護科学会誌, 35(1), 146-154.
  • 渡邉久美, 國方弘子(2014):地域生活をおくる精神障害者の自己概念の変容プロセス―自尊心回復グループ認知行動療法プログラム参加者へのインタビューから―, 日本看護科学会誌, 34(1), 263-271.

学会等発表

  • 蔵本綾, 渡邉久美, 長尾みゆき(2020):文献検討による精神科看護師の「待つ」ことに関する一考察(日本精神保健看護学会第30回学術集会)
  • Aya Kuramoto, Kumi Watanabe(2020):A Study of the guidance of Psychiatric Nursing Practice from the SOC score of the third-year Undergraduate Nursing Students, International Conference on Complex Medical and Engineering(CME2020), Japan 
    Best Nursing Paper Award受賞
    Best Nursing Paper Award受賞
  • 野口朋恵, 下谷美宙, 蝶野帆香, 横店莉歩, 蔵本綾, 渡邉久美(2020):看護学生における防衛機制と自己肯定感との関連(日本看護研究学会中国・四国地方会第33回学術集会)
  • 蔵本綾, 渡邉久美, 浅尾友博, 芦沢直之, 廣地希, 三谷容子(2019):「精神障害書の就労支援」の教育に関する検討―「就労支援」の知識を有した看護職の育成に向けて―(就労支援フォーラムNIPPON2019)
  • 蔵本綾, 渡邉久美, 難波峰子(2019):手術室に配置転換後5年以内の看護師のストレスと職場適応およびSense of Coherenceとの関連(日本看護研究学会第45回学術集会)
  • 蔵本綾, 渡邉久美(2018):手術室に配置転換となった看護師のストレス要因に関する文献検討(第38回日本看護科学学会学術集会)
  • 渡邉裕美, 渡邉久美(2017):認知症高齢者の家族介護者における介護肯定感の形成に至る方略(第24回日本家族看護学会学術集会)
  • 林知恵子, 渡邉久美(2016):心拍変動パラメータをストレス指標とする看護大学生の睡眠セルフケア行動への介入とその評価(第36回日本看護科学学会学術集会)
  • Kumi Watanabe, Chieko Hayashi, et al.(2016):Perceptions of Carrer Commitment of Undergraduate Nursing Students:Relationship Between Nursing Students' Experience of Clinical Practice and Affective Commitment, Optimizing Healthcare Quality:Teamwork in Education, Research, and Practice, Thailand
  • Chieko Hayashi, Kumi Watanabe, et al.(2016):Perceptions of Career Commitment of Undergraduate Nursing Students:A Comparison between Grades, Optimizing Healthcare Quality:Teamwork in Education, Research, and Practice, Thailand
  • Hiromi Watanabe, Kumi Watanabe(2016):Positive Appraisal of Japanese Family Caregivers:A Concept Analysis, Optimizing Healthcare Quality:Teamwork in Education, Research, and Practice, Thailand
  • 林知恵子, 渡邉久美(2015):ハンドマッサージの導入プログラムを受講した訪問看護師による家族介護者への介入事例の変化(第22回日本家族看護学会学術集会)
  • 渡邉裕美, 渡邉久美(2014):軽度認知症高齢者の家族介護者のコミュニケーションとそれに影響する思い(第21回日本家族看護学会学術集会)

なお、2020年度より、精神障害者の就労支援に関する教育研究活動と地域貢献活動の一部を、(株)サニーサイドの助成により行っています。