2016年度

1 学術論文,総説,著書

非該当

2 学会発表

非該当

3 研究支援活動

3.1 施設を利用した研究成果/学術論文,総説,著書

1
西山 成 アンジオテンシンU受容体拮抗薬 腎と透析,80(4): 459-462, 2016
2
西山 成 RASと糖尿病性腎症 腎臓内科・泌尿器科,3(6): 565-569, 2016
3
西山 成 ARBには本当に腎保護効果があるのか?Heart View, 20(10): 80-85, 2016
4
Isobe S, Ohashi N, Ishigaki S, Tsuji T, Sakao Y, Kato A, Miyajima H, Fujigaki Y, Nishiyama A, Yasuda H. Augmented circadian rhythm of the intrarenal renin-angiotensin systems in anti-thymocyte serum nephritis rats.Hypertens Res. 2016; 39(5):312-20.
5
Takenaka T, Inoue T, Miyazaki T, Kobori H, Nishiyama A, Ishii N, Hayashi M, Suzuki H.Klotho suppresses the renin-angiotensin system in adriamycin nephropathy. Nephrol Dial Transplant. 2016 Oct 17. pii: gfw340.
6
Hussain Z, Uyama T, Kawai K, Rahman IA, Tsuboi K, Araki N, Ueda N, Comparative analyses of isoforms of the calcium-independent phosphatidylethanolamine N-acyltransferase PLAAT-1 in humans and mice. J Lipid Res 57:2051-2060, 2016
7
Sakura Y, Tsuboi K, Uyama T, Zhang X, Taoka R, Sugimoto M, Kakehi Y, Ueda N A quantitative study on splice variants of N-acylethanolamine acid amidase in human prostate cancer cells and other cells. Biochim Biophys Acta-Mol Cell Biol Lipids 1861:1951-1958, 2016
8
Rahman IAS, Tsuboi K, Hussain Z, Yamashita R, Okamoto Y, Uyama T, Yamazaki N, Tanaka T, Tokumura A, Ueda N, Calcium-dependent generation of N-acylethanolamines and lysophosphatidic acids by glycerophosphodiesterase GDE7. Biochim Biophys Acta-Mol Cell Biol Lipids 1861:1881-1892, 2016
9
Uyama T, Ueda N, Assay of NAT activity. Methods Mol Biol 1412, Endocannabinoid Signaling: Methods and Protocols (Maccarrone M, ed) Humana Press, 112-122, 2016 (ISBN: 978-1-4939-3537-6)
10
Tsuboi K, Ueda N, Assay of NAAA activity. Methods Mol Biol 1412, Endocannabinoid Signaling: Methods and Protocols (Maccarrone M, ed) Humana Press, 137-148, 2016 (ISBN: 978-1-4939-3537-6)
11
坪井一人,N-アシルエタノールアミンとリゾホスファチジン酸の生合成に関わる新規リゾホスホリパーゼD型酵素.生化学 88:240-243, 2016
12
宇山徹,渡邊政博, 坪井一人, 上田夏生,明らかになり始めた新規脂質代謝酵素群phospholipase A/acyltransferase (PLAAT) familyの生理機能.ビタミン 90:379-389, 2016

3.2 施設を利用した研究成果/学会発表

1
吉本卓生、古木孝元、宮川政昭、井町仁美、村尾孝児、西山 成 尿中アンジオテンシノーゲン排泄に対するSGLT2阻害薬の影響 第5回臨床高血圧フォーラム
2
西山 成、小西啓夫、中野大介、森川 貴、今西政仁 2型糖尿病ラットにおける腎症顕性期からのLCZ696の腎保護効果 第59回日本腎臓学会学術集会
3
西山 成、小西哲夫、中野大介、森川 貴、今西政仁 顕性蛋白尿を生じる2型糖尿病ラットに対するLCZ696の効果 第39回日本高血圧学会総会
4
Nishiyama A, Konishi Y, Morikawa T, Nakano D, Imanishi M Renoprotective effect of LCZ696 in type2 diabetic rats with overt proteinuria. The 17th International SHR Symposium
5
Oritiz RM, Rodriguez R, Lee A, Moreno M, Nishiyama A, Awayda M Dynamic Effects of GLP-1 agonist on Urinary Aldosterone Excretion and Na+ Balance in Insulin Resistant OLETF rats. RASS2016
6
佐倉 雄馬,坪井 一人,筧 善行,上田 夏生.前立腺癌細胞株におけるN-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)splice variantの発現解析(Poster)第104回日本泌尿器科学会総会,April 23-25,2016,仙台市(仙台国際センター 他)
7
Rahman, I.A.S., Tsuboi, K., Okamoto, Y., Uyama, T., Yamazaki, N., Tanaka, T., Tokumura, A., Ueda, N., Glycerophosphodiesterases, GDE4 and GDE7, are novel lysophospholipase D-type enzymes generating N-acylethanolamine and LPA(Oral).第57回日本生化学会中国・四国支部例会,May 27-28,2016,高知県南国市(高知大学岡豊キャンパス)
8
坪井 一人,田井 達也,岡本 蓉子,山下 量平,Iffat Ara Sonia Rahman,宇山 徹,芳地 一,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.酸性セラミダーゼによる細胞内N-アシルエタノールアミンの加水分解(Oral).第58回日本脂質生化学会,June 9-10,2016,秋田市(秋田市にぎわい交流館AU)
9
松田 璃沙,坪井 一人,岡本 蓉子,山下 量平,Iffat Ara Sonia Rahman,日高 麻由美,山崎 尚志,上田 夏生,田中 保,徳村 彰.口腔粘膜上皮細胞に存在する膜結合型リゾホスホリパーゼD(Oral).第58回日本脂質生化学会,June 9-10,2016,秋田市(秋田市にぎわい交流館AU)
10
坪井 一人,Iffat Ara Sonia Rahman,岡本 蓉子,宇山 徹,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.脂質メディエーターであるN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する新規酵素の解析(Oral).日本ビタミン学会第68回大会,June 17-18,2016,富山市(富山国際会議場)
11
Tsuboi, K., Tai, T., Okamoto, Y., Yamashita, R., Rahman, I.A.S., Uyama, T., Houchi, H., Tanaka, T., Tokumura, A., Ueda, N., A possible involvement of acid ceramidase in the degradation of N-acylethanolamines (Poster). 26th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, June 26-July 1, 2016, Bukovina (Hotel Bukovina), Poland
12
坪井 一人,Rahman Iffat Ara Sonia,岡本 蓉子,宇山 徹,山崎 尚志,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.GDE7はリゾホスホリパーゼD型酵素としてN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する (Poster).第89回日本生化学会大会,September 25-27,2016,仙台市(仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス)
13
佐倉 雄馬,坪井 一人,宇山 徹,張 霞,筧 善行,上田 夏生.ヒト前立腺癌細胞株及びその他の細胞株におけるN-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)のスプライスバリアントの発現解析(Poster).第89回日本生化学会大会,September 25-27,2016,仙台市(仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス)
14
Ueda, N., The phospholipase A/acyltransferase (PLAAT) family proteins: a possible involvement in regulation of peroxisome biogenesis and formation of N-acylated plasmenylethanolamines (Invited, oral). The 1st International Plasmalogen Symposium, November 7-8, 2016, Fukuoka (Centennial Hall Kyushu University School of Medicine), Japan
15
Uyama, T., Watanabe, M., Kawai, K., Kono, N., Tsuboi, K., Araki, N., Arai, H., Ueda, N., Phospholipase A/acyltransferase-3 regulates peroxisome levels by inhibiting Pex19p (Poster). The 1st International Plasmalogen Symposium, November 7-8, 2016, Fukuoka (Centennial Hall Kyushu University School of Medicine), Japan
16
坪井 一人,Iffat Ara Sonia Rahman,Zahir Hussain,山下 量平,岡本 蓉子,宇山 徹,田中 保,徳村 彰,上田 夏生.バイオファクターであるN-アシルエタノールアミンとリゾホスファチジン酸(LPA)の新規生合成機構(Oral).第353回脂溶性ビタミン総合研究委員会,December 2,2016,静岡県伊東市(ホテル伊東ガーデンAGS館)
17
徳田雅明 Rare Sugars: Functional Sugar Substiyutes to Prevent and Improve Metabolic Syndrome 2017 International Conference on Functional Food for Metabolic Homeostasis in Aging
18
徳田雅明 希少糖D-プシコースの健康昨日の世界展開 かがわ糖質バイオフォーラム第9回シンポジウム

3.3 施設利用者数等

施設利用者数:6講座等15名,延べ利用者数:852名,延べ利用件数:2654件
施設利用率:254日/365日=70%

3.4 RI受入れ&払出し

RI受入れ件数:4核種23件
RI払出し件数:4核種55件

3.5 個人実効線量分布

1年間の線量(mSv):放射線業務従事者数(女性内数)
〜5:15(5)|5〜15:0|15〜20:0|20〜25:0|25〜50:0|50〜:0
(L〜R … Lを超える,R以下である。)

4 その他の活動

学内
放射線業務従事者(新規)に対する教育訓練(119名;5月9日,11月10日等)
放射線業務従事者(更新)に対する教育訓練(510名;6月2日,6月14日,6月29日等)