2015年度

1 学術論文,総説,著書

非該当

2 学会発表

非該当

3 研究支援活動

3.1 施設を利用した研究成果/学術論文,総説,著書

1
Uyama T, Ueda N, Assay of NAT activity. Methods Mol Biol 1412, Endocannabinoid Signaling: Methods and Protocols (Maccarrone M, ed) Humana Press, 112-122, 2016 (ISBN: 978-1-4939-3537-6)
2
Tsuboi K, Ueda N, Assay of NAAA activity. Methods Mol Biol 1412, Endocannabinoid Signaling: Methods and Protocols (Maccarrone M, ed) Humana Press, 137-148, 2016 (ISBN: 978-1-4939-3537-6)
3
坪井一人,N-アシルエタノールアミンとリゾホスファチジン酸の生合成に関わる新規リゾホスホリパーゼD型酵素.生化学 88:240-243, 2016
4
Uyama T, Kawai K, Kono N, Watanabe M, Tsuboi K, Inoue T, Araki N, Arai H, Ueda N, Interaction of phospholipase A/acyltransferase-3 with Pex19p: a possible involvement in the downregulation of peroxisomes. J Biol Chem 290:17520-17534, 2015
5
Tsuboi K, Okamoto Y, Rahman IAS, Uyama T, Inoue T, Tokumura A, Ueda N, Glycerophosphodiesterase GDE4 as a novel lysophospholipase D: a possible involvement in bioactive N-acylethanolamine biosynthesis. Biochim Biophys Acta - Mol Cell Biol Lipids 1851:537-548, 2015
6
宇山徹,ホスホリパーゼA/アシルトランスフェラーゼ-3を介したペルオキシソームの制御機構.生化学 87:633-635, 2015
7
宇山徹,上田夏生,新規脂質代謝酵素群 PLAAT ファミリータンパク質の生理機能解析.BIO Clinica 30:89-95, 2015
8
坪井一人,上田夏生,エンドカンナビノイド.疾患モデルの作製と利用−脂質代謝異常と関連疾患<<下巻>>(尾池雄一,佐々木雄彦,村上 誠,矢作直也編)エル・アイ・シー社,東京,236-248, 2015
9
Role of intrarenal (pro)renin receptor in ischemic acute kidney injury in rats.Clin Exp Nephrol. 2015 Apr;19(2):185-196.
10
Unilateral ureteral obstruction attenuates intrarenal angiotensin II generation induced by podocyte injury. Am J Physiol Renal Physiol. 2015 Apr 15;308(8):F932-937.
11
"Skeletal muscle insulin resistance in salt-sensitive hypertension: role of angiotensin II activation of Cardiovasc Diabetol. 2015 May 1;14:45."
12
Anti-albuminuric actions of calcilytics in the remnant kidney.Am J Physiol Renal Physiol. 2015 Aug 1;309(3):F216-226.
13
Angiotensin and mineralocorticoid receptor antagonism attenuates cardiac oxidative stress in angiotensin II-infused rats. Clin Exp Pharmacol Physiol. 2015 Nov;42(11):1178-1188.

3.2 施設を利用した研究成果/学会発表

1
坪井 一人,岡本 蓉子,Iffat Ara Sonia Rahman,宇山 徹,徳村 彰,上田 夏生.新規リゾホスホリパーゼD型酵素であるグリセロホスホジエステラーゼGDE4はN-アシルエタノールアミンとLPAの生合成に関与する.第57回日本脂質生化学会, 2015.5.28-29,東京都千代田区(一橋大学一橋講堂).
2
宇山 徹,渡邊 政博,川合 克久,河野 望,坪井 一人,荒木 伸一,新井 洋由,上田 夏生.LRATに相同性を示す酵素PLA/AT-3によるペルオキシソーム形成の制御.日本ビタミン学会第67回大会,2015.6.5-6,奈良市(奈良春日野国際フォーラム甍?I・RA・KA?).
3
上田 夏生.ホスホリパーゼA/アシルトランスフェラーゼ(PLA/AT)ファミリーの生理機能解析(招待講演).第15回日本蛋白質科学会年会, 2015.6.24-26,徳島市(あわぎんホール).
4
Tsuboi, K., Okamoto, Y., Rahman, I.A.S., Uyama, T., Tokumura, A., Ueda, N., Glycerophosphodiesterase GDE4 is a novel lysophospholipase D-type enzyme generating N-acylethanolamines. 25th Annual Symposium of the International Cannabinoid Research Society, 2015.6.28-7.3, Wolfville (Acadia University), Nova Scotia, Canada
5
松田 璃沙,坪井 一人,岡本 蓉子, Rahman Iffat Ara Sonia,山崎 尚志,上田 夏生,田中 保,徳村 彰.消化管上皮細胞に存在する新規膜結合型リゾホスホリパーゼD.第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015.10.31-11.1, 高知市(高知市文化プラザ かるぽーと).
6
岡本 蓉子,坪井 一人,Rahman Iffat Ara Sonia,上田 夏生,田中 保,徳村 彰.新規リゾホスホリパーゼD型酵素GDE4関連代謝経路のLC-MS/MSによる同定.第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,2015.10.31-11.1,高知市(高知市文化プラザ かるぽーと).
7
上田 夏生.哺乳動物の新規リン脂質代謝酵素ファミリーの生理機能解析(招待講演).酵素研究助成 第41回日本応用酵素協会研究発表会,2015.11.16,大阪市(ホテル阪急インターナショナル).
8
宇山 徹,渡邊 政博,川合 克久,河野 望,坪井 一人,荒木 伸一,新井 洋由,上田 夏生.PLAAT-3はPex19pを介してペルオキシソーム含量を制御する.第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015), 2015.12.1-4,神戸市中央区(神戸ポートアイランド).
9
坪井 一人,岡本 蓉子,Iffat Ara Sonia Rahman,宇山 徹,藤内 武春,徳村 彰,上田 夏生.新規リゾホスホリパーゼD型酵素GDE4によるN-アシルエタノールアミンとLPAの生成.第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015),2015.12.1-4,神戸市中央区(神戸ポートアイランド).
10
佐倉 雄馬,坪井 一人,筧 善行,上田 夏生.前立腺癌細胞株における抗炎症脂質分解酵素 N-アシルエタノールアミン水解酸性アミダーゼ(NAAA)スプライスバリアントの発現解析.第25回泌尿器科分子・細胞研究会,2016.2.26-27,大阪市(ハイアットリージェンシー大阪・ATCコンベンションルーム).
11
腎内レニン・アンジオテンシン系の発見と意義 第118回日本小児科学会学術集会
12
オルメサルタンとアジルサルタンの降圧、血中RAS系、尿中RAS系および尿中アルブミンに及ぼす影響 第4回臨床高血圧フォーラム
13
Glucose augments proximal tubular angiotensinogen throuth glucose-responsive elements activation 第128回日本薬理学会近畿部会
14
レニン・アンジオテンシン系に関する新しいバイオマーカーの開発 第38回日本分子生物学会年会

3.3 施設利用者数等

施設利用者数:6講座等16名,延べ利用者数:956名,延べ利用件数:2668件
施設利用率:258日/365日=71%
施設見学等一時立入り者数:延べ301名

3.4 RI受入れ&払出し

RI受入れ件数:3核種13件
RI払出し件数:3核種63件

3.5 個人実効線量分布

1年間の線量(mSv):放射線業務従事者数(女性内数)
〜5:16(5)|5〜15:0|15〜20:0|20〜25:0|25〜50:0|50〜:0
(L〜R … Lを超え,R以下である。)

4 その他の活動

学内
放射線業務従事者(新規)に対する教育訓練(5月14,15日;48名)
放射線業務従事者(更新)に対する教育訓練(6月4日,6月8日,6月16日,6月26日;514名)
放射線業務従事者(新規)に対する教育訓練(11月10,11日;29名)