香川大学医学部整形外科学教室からのご挨拶

教授 石川 正和

教授 石川 正和

香川大学医学部整形外科学初代上野良三教授から第二代乗松尋道教授、第三代山本哲司教授と築いてこられた教室の第四代教授として2022年9月に着任しました。香川医科大学は1978年に開設され、本教室は1982年に初代上野教授の着任とともに開講しました。
超高齢社会の日本では健康寿命の延伸が重要視されているなか、整形外科疾患である変形性関節症は要介護となる原因の上位を占めます。四肢、脊椎・脊髄疾患を広く取り扱う整形外科は保存的治療、手術的治療を適切に行うことで、健康寿命の延伸を支える非常に重要な学問です。

当教室の歴史として、初代上野教授は股関節の骨切り術を中心とした関節温存手術の開発と臨床応用に注力され、その基本理念は現在も股関節外科グループに受け継がれています。近年ではインプラントや術式の改良から臨床成績も向上しており、満足度の高い人工関節置換術が行われています。第二代乗松教授は小児整形外科学およびリハビリテーション医学の研究を進められ大きな業績を上げてこられました。特に骨粗鬆症の基礎研究に関しては骨組織の硬組織を評価するための特殊技術を教室で確立し、海外に発信してこられました。第三代山本教授は香川県唯一の大学病院として骨軟部腫瘍患者の診断と治療を担ってこられました。また、骨軟部腫瘍に偏ることなく関節外科、手外科を始めとする上肢の外科、脊椎外科、リウマチ関節外科、小児整形外科、マイクロサージャリー、リハビリテーション医学など、運動器疾患に対応できる人材育成が行われてきました。特に、単顆型人工膝関節置換術は全国でも有数の症例数を誇っています。さらに骨粗鬆症研究も継続して行われており、近年注目を集めている骨粗鬆症治療薬を駆使して人工関節置換術を施行する高齢者の骨質を改善し、更なる臨床成績の向上を目指しています。

私の専門は膝関節外科と再生医療・医療機器開発です。初代上野教授が掲げてきた目標と同じ関節温存の理念を掲げており、小児から高齢者まで一貫して関節温存に努めていきたいと考えています。掲げる整形外科医師像は1.“謙虚”な整形外科医、2.“患者さんの声”に耳を傾けることができる整形外科医、3.“愛”ある整形外科医です。“謙虚”な姿勢で現状に満足しないことでより良い医療の開発につながり、“患者さんの声”を傾聴することで様々な不利益を回避し、かつ研究のヒントがもらえます。そして、一人一人の患者さんに“愛”ある態度で接することで自分の周りから地域に貢献できると信じています。また、この職業はサイエンスを常に意識して働く必要がありますし、一生自己研鑽が必要です。大学で研修、働くことで生涯の勉強の仕方を見つけて欲しいと考えています。そして “Surgeon-Scientist”として教室の看板を背負うに値する医療を提供できる診療班の構築を進めます。

教室ではコミュニケーションを大事にしています。少しでも人が集まる教室にできるよう努力しています。私の部屋の扉は季節にもよりますが、基本的に在室中は解放しています。学内外にかかわらずいつでも気軽に来て頂くことが可能です。また、香川県は日本一小さい県ということで医療圏としては地理的に有利です。さらに3つの大学が共存する、地方では非常に珍しい環境にあります。県内の関連病院は6つと少ないですが、逆に連携や人材交流がしやすい状況で、香川県全体でお互いをサポートしながら若手医師の育成に励める環境です。もちろん、教室の医局員を増やすことも目標ではありますが、香川県内の整形外科医の全体数を増やすことも大事だと考えています。そのためには学閥を超えて地域医療を考え、基幹病院と協力して医療に貢献していきたいと考えています。開設40年を超え、医学部再開発も現在進行中です。今後は、人が集まり話しやすい空間の構築を考えています。これから整形外科に入局を考えられている方は是非一度教室に遊びに来て下さい。私の部屋もいつでも訪問可能です。

教室の若い先生は非常にやる気に満ちており、様々な可能性を秘めていることを肌で感じます。さらに発展させるために教室のstrong pointを再認識して、全国、世界へと発信していきます。そのために、各診療班の若手育成に注力していきます。国内外に留学して知識、経験を蓄積できる人材育成機関として魅力ある教室の構築を目指していますし、今後は、若手医師の世代が新しいことに積極的に挑戦して更なる発展あるのみです。若手が盛り上がることで教室の雰囲気は非常に明るく、非常に風通しがいい環境に変わっていっています。私は若手医師の可能性を最大限引き出したいと考えています。そして、この香川の地から全国、世界へ羽ばたける整形外科医を創出するために最大限努力していきます。是非、私たちの教室で一緒に全国・世界の整形外科医と切磋琢磨し、香川県の整形外科医療を盛り上げていきましょう。

香川大学医学部整形外科学教室
教授 石川 正和

沿革

上野 良三 初代教授

香川医科大学
上野 良三 初代教授
(昭和57年4月~平成2年3月)

主催学会 会期
第17回中国・四国整形外科学会 昭和59年11月18日(高松)
第5回日独整形外科学会 昭和61年4月2日(東京)
第14回日本股関節学会 昭和62年11月14日(高松)
第73回中部日本整形外科災害外科学会 平成元年10月12日-13日(高松)

香川大学 乗松 尋道 第二代教授

香川大学
乗松 尋道 第二代教授
(平成2年4月~平成17年3月)

主催学会 会期
第27回中国・四国整形外科学会 平成6年11月19日-20日(高松)
第95回中部日本整形外科災害外科学会 平成12年10月12日-13日(高松)
1st Asian Pacific Congress of Bone Morphometry 平成16年6月24日-26日(高松)
第22回日本骨代謝学会 平成16年8月5日-7日(大阪)
第37回中国・四国整形外科学会 平成16年11月20日-21日(高松)

香川大学 山本哲司 第三代教授

香川大学
山本 哲司 第三代教授
(平成17年4月~令和4年3月)

主催学会 会期
第46回中国・四国整形外科学会 平成25年10月25日-27日(高松)
第48回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 平成27年7月9日・10日 (髙松)
第46回中国・四国整形外科学会
(会場 : 高松国際会議場 他)
平成25年10月26日・27日
第48回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会
(会場 : 高松国際会議場 他)
平成27年7月9日・10日日
第136回中部日本整形外科災害外科学会 令和3年4月9日-30日 (Web開催)