香川大学医学部 脳神経外科香川大学医学部 脳神経外科

メニュー
閉じる

再生医学

1900年代初頭より、神経は他の臓器と異なり、再生しないと言われてきました。その後、現代までの100年あまり、この考えは否定されることはありませんでしたが、最近では成体においても神経幹細胞が存在し、神経は作り続けられていることがわかってきました。しかし、その数は非常に少なく、脳血管障害(脳梗塞、脳出血)など多くの神経が損傷される病態において神経を再生するに十分ではありません。よって、これら内在性の神経幹細胞以外に、細胞移植などの方法により神経を保護する必要があります。
当教室においてはES細胞(Embryonic stem cells;胚性幹細胞)から分化誘導した神経幹細胞を用いて、中枢神経系の再生を目指した研究を行ってきました。これまで、神経幹細胞を脳に移植することにより、神経幹細胞が脳挫傷モデルマウスに対し、適切な神経細胞(コリン作動性ニューロン)に分化し、生着していることを証明したほか、神経幹細胞を移植することにより、認知症のマウスモデルに対し、記憶を改善させうることを証明してきました。
最近では、個体より取り出した神経幹細胞を用いて、より安全な神経幹細胞移植技術の確立を目指して研究しています。

腫瘍幹細胞

中枢神経疾患に対する再生医療の分野で脚光を浴びる神経幹細胞ですが、その研究による知見は脳腫瘍治療学にも貢献しています。最近、悪性腫瘍(癌)には腫瘍幹細胞という親細胞がいて、これが娘細胞である腫瘍細胞を生み出し、分裂を繰り返すことにより、腫瘍は増殖していると考えられるようになりました。この腫瘍幹細胞が増殖するために発現する幾多の遺伝子は、神経幹細胞にも多く発現していることが知られています。このように、神経幹細胞と腫瘍幹細胞は類似点が多く、神経幹細胞の再生医療に関する研究の発展が、脳腫瘍の治療法開発にも寄与することができると考えています。
この観点から、当研究室においては再生医学のみならず、脳腫瘍グループと連携しながら、腫瘍幹細胞をターゲットとした悪性腫瘍に対する新たな治療戦略に向けて、研究を重ねています。神経幹細胞の知見を生かして腫瘍幹細胞を識別し、濃縮をはかり、当教室において高度先進医療を取得した薬剤耐性遺伝子に関する研究とリンクさせつつ、より効率よく腫瘍を縮小させ、副作用の少ない、新規治療法の研究開発を進めています。

ページ
トップへ