香川大学医学部 脳神経外科香川大学医学部 脳神経外科

メニュー
閉じる

脊髄・脊椎疾患

脊椎とは体幹の軸となる骨格であり、7個の頚椎、12個の胸椎、5個の仙椎(癒合して仙骨)、および3~5個の尾椎(癒合して尾骨)から構成されています。各脊椎にはその背側部に椎孔といわれるお大きな穴があいており、脊椎が縦に連なったときに椎孔も縦方向に連なることで、縦長の空間が生まれます。この空間を脊柱管と呼び、その中に脳からの脊髄が存在しています。

脊髄からは神経根が分岐し手や足への末梢神経となります。脳からの電気信号が脊髄、神経根、末梢神経を通って手足の筋肉まで伝わることで自由自在に手足を動かすことができ、また、手足の末梢神経から神経根、脊髄、脳への電気信号が伝わることで、手足の感覚を認識できます。つまり、この経路の途中に何らかの障害(圧迫や変性、腫瘍など)が生じると運動麻痺(脱力など)や感覚障害(しびれや痛みなど)を呈するようになります。

脳神経外科では、主に脊椎変性疾患(脊椎症)や脊髄腫瘍性病変、脊椎・脊髄外傷を対象としております。現在、当科には脊椎・脊髄専門医は不在のため、症例があれば専門医が常勤している高松赤十字病院および滝宮総合病院の医師と連携・協力して治療にあたっています。ここでは代表的な疾患についてお話いたします。

脊椎変性疾患

頚椎症性脊髄症

脊椎の加齢性変化により椎体の骨棘形成や椎間板の変性や、黄色靭帯の肥厚などが生じます。脊髄を容れる脊柱管という空間が狭くなる(頚部脊柱管狭窄症)ために脊髄が圧迫され、四肢の運動麻痺や知覚障害を呈します。多くは中・高齢者に発症します。頚椎症性脊髄症では多くの症例で進行性に症状が悪化します。初発症状は四肢のしびれで、進行すると徐々に運動麻痺麻痺を呈し場合によっては歩行困難を呈して受診される方もおられます。時にしびれだけでなく、痛みや冷感を伴うこともあります。

軽症の場合には、血流改善薬や安静治療などの保存的治療が有効です。しかし、中等症~重症の場合や進行する場合、また日常生活・社会生活に影響が出る場合にはタイミングを逸さずに手術加療を考慮します。

image1.gif

後縦靭帯骨化症

椎体は積み木のように縦に積まれていますが、これを支持する組織が前縦靭帯と後縦靭帯となります。後縦靭帯がとはその名の通り、椎体の後縁を上下に連結し脊柱を縦走して、後方より椎体を支えています。この後縦靭帯が骨のように硬くなって太くなることで脊柱管が狭くなり、その結果脊髄が圧迫されて手足の麻痺などの神経障害を呈する疾患が後縦靭帯骨化症です。

頚椎後縦靭帯骨化症、中年以降、そしてやや男性に多い疾患です。骨化があるとすぐに症状が出現するわけではありませんが、交通事故や転落などの何らかの外力で四肢麻痺になる可能性があり注意が必要です。初期症状としては手や足のしびれ症状から出現し、進行すると運動麻痺を呈します。

軽症の場合には、血流改善薬や安静治療などの保存的治療が有効です。しかし、中等症~重症の場合や進行する場合、また日常生活・社会生活に影響が出る場合にはタイミングを逸さずに手術加療を考慮します。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは、内側の髄核とそれを包む外側の線維輪から構成されており、上下の椎体を連結しているものです。椎間板脊柱の運動や荷重により変形し、力を吸収するクッションとしての役割を持ちます。この線維輪に亀裂が入り、髄核が線維輪を破って飛び出してしまう状態を椎間板ヘルニアといいます。飛び出した髄核が脊髄や神経根を圧迫することがあり、これによりしびれ、激しい痛み、場合により運動麻痺などの症状を起こします。

多くの場合、80%の症例では自然治癒が期待できます。そのため、まずは保存的治療が選択されます。具体的には、鎮痛薬や血流改善薬などでの薬物療法と安静加療となります。程度により神経根ブロックや硬膜外ブロックなどの局所療法も併用します。症状が強い場合や薬物抵抗性の場合、神経症状のために日常生活・社会生活に支障をきたしている場合には、手術加療を考慮します。

※頚椎椎間板ヘルニア:頚椎に生じた椎間板ヘルニアです。腰椎の場合と同様に疼痛症状などで発症し、状況に応じて保存的加療・手術加療などを組み合わせて治療を行います。

image127.gif

脊髄腫瘍

脊柱管内に発生した腫瘍です。脳腫瘍と比べると頻度は約1/10程度です。部位により硬膜外腫瘍(転移性脳腫瘍が多い)、硬膜内髄外腫瘍(神経鞘腫や髄膜腫が多い)、髄内腫瘍(上衣腫や星細胞腫が多い)に分かれます。硬膜内髄外腫瘍が最も多く、胸髄レベルで発生することが多いです。中年~高齢者に多く、初期症状は疼痛の自覚が多く、進行するとしびれなどの感覚障害や痙性麻痺などを併発します。ここでは比較的頻度の多い、神経鞘腫と上衣腫についてお話しいたします。

神経鞘腫

神経根(後根)から発生し、硬膜内進展したり脊髄圧迫したりします。全脊髄腫瘍の約40%を占めるもので、頚髄・胸髄レベルに発生すると膀胱直腸障害(排尿排泄障害)や痙性麻痺を呈することが多く、腰髄レベルに発生すると神経痛を呈することが多いです。症状や大きさに応じて、場合により手術加療を考慮いたします。

スライド2.JPG

上衣腫

0歳以上で発生する髄内腫瘍では最も頻度が高いとされています。頚髄が好発部位となり、組織型としてはependymoma (WHO gradeⅡ)が多いです。一方、脊髄円錐と馬尾に発生する場合には、myxopapillary ependymoma (WHO gradeⅠ)が多いです。境界明瞭な腫瘍であり、手術での摘出が可能な腫瘍です。

スライド1.JPG
ページ
トップへ