子宮頸がん検診

  • 子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占めます。以前は発症のピークが40~50歳代でしたが、最近は20~30歳代の若い女性にも増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。

  • 子宮頸がんは、頸部という子宮の入り口付近にできるがんで、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって起こることが多いです。

  • 子宮体がんは、従来40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代が発症のピークでしたが、近年は増加傾向にあります。

こんな人は要注意!

  • ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染している
  • 性交渉の経験時期が早い
  • 妊娠、出産の回数が多い

検査項目

  • 専門医による婦人科診察

    指を腟内に挿入して、子宮や卵巣などの状態を調べます。内診台という専用の診察台に乗って診察を受けます。子宮自体の大きさ、前屈・後屈、左右の向き、形、かたさを調べます。

  • 子宮頸部細胞診

    子宮の頸部(入り口)の粘膜から細胞を採取して観察する検査です。検査器具を使って細胞をこすり取り、子宮頸がんの発見に役立てます。

  • 経腟超音波

    経腟プローブという棒状の超音波発信装置を腟の中に挿入して検査します。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫など、子宮や卵巣のトラブル・病気を調べるために欠かせません。

検診日 金曜日(15名予約制)
所要時間 午後2時00分から(検査時間約15分)
料金 12,800円(税込み)
ご予約はこちら