精神看護学


日本人の心に触れる精神看護学の探究

教 育

  • 精神看護学は、精神的な健康問題を抱える人、およびその家族を主な対象として、地域社会での自己実現や自立に向けた生活援助のあり方を探究している学問です。
  • 学部では、精神看護実践の基盤となる理論、知識、技術を学びます。当事者の体験に近づく教材の活用や、自己を様々な角度から見つめる作業などにより、精神看護における対象理解のための視点、方法を修得していきます。また、看護者として健全かつ豊穣な心を養う機会を提供していきます。
  •  「精神看護学概論」「精神援助論」「精神看護学実習」「統合実習(分担)」を通して、学生自身の持ち味を活かすこと、理論と実践の統合を図ること、を大切にしています。

研 究

  • 摂食障害児の家族支援
  • 在宅ケアにおける認知症高齢者の情報共有システムの構築
  • 精神科看護臨床におけるハンドマッサージの効果検証
  • 地域で生活する精神障害当事者の自己概念の変容プロセス
  • 看護学生のストレスと携帯依存の関連
    日本人が本来持つ深い精神性が、現代の社会風潮に影響を受けて、心の健康問題を生じているものがあるとすれば、わが国特有の伝統や文化を考慮した精神看護学の理論も必要となります。当研究室では、先哲の築いてきた日本的なものの見方・考え方を取り入れながら、現代における疎外などの問題に着目し、新たな精神看護学理論の生成を目指していきます。

地域貢献

働く女性のメンタルヘルス支援 当事者の集いCOCO-lab.(ココラボ)の開催

家事に仕事にと多重役割の生活のなかで、頑張っていても上手くいかず、生きづらさを感じる時、誰かに話を聞いてもらったり、他の人の話が参考となって、再び前に進めることがあります。 特に、女性ならではの悩みもたくさんあるのではないかと考え、女性限定の憩いの会を開催することにいたしました。
こころや気持ちに関するいろいろなことや、前に向かうための方法を話し合える「こころの研究室」として、「COCO-lab.(ココラボ)」という名前を付けました。
働く女性だけでなく、これから働きたいと考えている方、精神科ユーザーの方、就労支援に関わる支援者、精神看護に関心のある学生など、立場を越えて学びあう場、情報共有できる場となることを目指して、年4回の開催を計画中です。

医学部ホームページのトップページの『イベント』にご案内を掲示しますので、詳細はそちらをご参照ください。

教職員

職名氏名専門分野
教授 渡邉 久美 精神看護学
助教 蔵本 綾 精神看護学