急性期成人看護学

市原 多香子 教授
市原 多香子  教授

「なぜ?」「どうして?」の根拠に基づいた看護を提供するための教育に重点をおいています

教 育

急性期成人看護学ではクリティカルな状況下のおかれた対象者に適切な看護支援を提供するための基本となる知識・技術・態度について学びます。また、クリティカルな状況下から回復過程にある対象者にはリハビリテーションを促進するための看護支援を提供します。特に、対象者に必要な看護については根拠を持って提供できるような講義・シミュレーション教材などを活用して演習を行い、それらを基盤にして臨地実習で看護実践能力を育成しています。

研 究

  • 入院患者の健康回復に関する研究
  • 救命救急の看護ケアの確立に関する研究
  • 身体活動習慣が生活習慣病発症に及ぼす影響
  • 手術室看護師が定着するまでのプロセスに関する研究
  • 地域で暮らす療養者を支える病院施設内・外の看護職連携に関する研究
学部学生の研究テーマ
  • 救急搬送された患者家族の生活変容と心理的変化のプロセス
  • K大学看護学生の臨地実習における成功体験と自己効力感の関連
  • 傷によって起こる健康成人者の身体認識の違いに関する調査研究
  • 災害看護におけるDMAT看護師の役割と南海トラフ巨大地震に向けての課題

社会活動

1.徳島大学病院糖尿病対策センターのコホート研究に、運動調査の視点から協力しています。
      日常生活における様々な身体活動が生活習慣病等の発症にどう影響するのか、
      その関連について調査・分析しています。
2.香川県糖尿病療養指導士看護ネットワーク「Qの会」の活動を支援しています。

  上記1と2の活動や看護研究に興味・関心のある方は、下記アドレスまでお問い合わせください。
    E-mail:ichihara@med.kagawa-u.ac.jp (送信する際は、@を@へ置き換えてください)

教職員

職名氏名専門分野
教授 市原多香子 成人看護学(周手術期看護学 リハビリテーション看護学 慢性病看護学)
助教 大西 敏美 成人看護学(周手術期看護学 リハビリテーション看護学 重篤・救急看護学)