内分泌代謝・先端医療・臨床検査医学

村尾孝児  

糖尿病/内分泌代謝学における
教育・診療・研究のフロンティアを目指して

教 育

医学生には、糖尿病・内分泌代謝疾患の最新の知識を、統合講義、医療総合講義、臨床実習によって学習していただきます。卒後の臨床教育としては、糖尿病・内分泌代謝疾患の診療・研究および関連教育施設での研修を通して、内科一般診療の習得に加えて糖尿病専門医、内分泌代謝専門医の取得と先端医療にも取り組めるリサーチマインドをもった医師の育成を目指します。具体的には、1)日本糖尿病学会、日本内分泌学会の専門医取得、2)糖尿病/内分泌代謝領域において、臨床研究のプロジェクトリーダーとして必要なスキルが身につく教育をおこないます。

研 究

内分泌代謝・先端医療・臨床検査医学では、基礎研究の成果をもとにトランスレーショナルリサーチを展開して、大学医学部の使命である最先端医療の開発を目指します。我々は、善玉コレステロールHigh density lipoprotein (HDL)代謝の基礎的な研究を応用して、(1)HDL受容体を肝臓に遺伝子導入することで全身血管に存在する動脈硬化病変の治療をおこなう最新の治療方法の開発、(2)糖尿病の原因である膵β細胞の脂肪毒性の解除、生活習慣病である肥満、脂肪肝への新しい治療法の開発をおこなっています。またこれまでに糖尿病領域における膵β細胞の再生、人工膵臓、内分泌代謝領域における遺伝性内分泌疾患の早期診断技術の開発などに取り組みました。一方、臨床的には、平成21年度より特別教育研究経費(連携融合事業)-チーム香川による糖尿病克服-を主導し、K-MIXを利用した糖尿病連携クリティカルパスの作成を手掛けています。さらに糖尿病/内分泌代謝疾患の医師主導型自主臨床試験にも積極的に取り組んでいます。臨床検査領域では,新規糖尿病疾患マーカーの開発と臨床的有用性の検討、動脈硬化症の新規の臨床検査マーカーの開発をおこなっています。

教職員

職名氏名専門分野
教授 村尾 孝児 内分泌代謝・糖尿病
准教授 井町 仁美 内分泌代謝・糖尿病
助教 福長 健作 内分泌代謝・糖尿病
助教 井端 智裕 内分泌代謝・糖尿病
助教 小林 俊博 内分泌代謝・糖尿病
助教 佐藤 誠祐 内分泌代謝・糖尿病
助教 佐伯 岳信 内分泌代謝・糖尿病
医員 伴 夏樹 内分泌代謝・糖尿病
医員 原田 恵理 内分泌代謝・糖尿病