心身医学

2019_Kanbara.jpg
神原 憲治  教授

切っても切れない「こころ」と「からだ」の関係
-心身相関の臨床心理学と臨床医学への適用

教 育

  • 心身医学は、心身相関(心と身体の関係)を基本概念とした医学であり、医療に適用した診療科としての心療内科、疾患としての心身症の基盤になる医学です。心身症や機能性疾患などのストレス関連疾患は増加の傾向にあり、医療はもとより、心理臨床や教育、産業保健などの領域においても心身医学の基本的知識は必須のものとなっています。
  • 本学・医学部臨床心理学科においては、医学と臨床心理学の両者の視点や関係性を理解することが重要であり、そのベースになるのが心身医学です。
  • それを踏まえて本講座では、心身医学の基本概念、心身相関、ストレスと疾患の関連性の機序などの基礎的概念の理解、医療機関等での臨床応用、応用精神生理学などの心身相関を踏まえた治療的アプローチなどについて、知識と実践的理解を深める教育を行います。

研 究

心身医学の研究は心身相関の検討を中核テーマとし、医学と臨床心理学にまたがる学際的な研究と言えます。ストレスと身体生理状態の関係についての検討をベースに、情動・心理との関連、ストレスが密接に関与した心身症や機能性疾患の病態、心身相関をベースにした治療法についての検討などを行います。

  • 心身症及び機能性身体疾患の病態:精神生理学的ストレスプロファイルを用いた検討
  • 情動心理の身体プロセスと内受容感覚についての検討
  • アレキシサイミア(失感情症)とアレキシソミア(失体感症)の検討
  • 日常生活での心身モニタリングによるストレス評価と疾病リスクの予測についての検討
  • 非線形モデルによる心身相関及びストレス反応の解析
  • 心療内科におけるバイオフィードバック

大学院を志すかたへ

医学系研究科臨床心理学専攻の心身医学では、こころとからだの関係について、疾患から健常にまたがる人の実際の病態や心理的特性に即した、より深い教育と研究を行います。以下、具体的な教育・研究テーマの例です。

  • 心理社会的ストレスと人間の健康状態や身体症状は、どのようなプロセスで影響しあっているのか。
  • 心身症、ストレス関連疾患や、生活習慣病などの身体疾患はどんな病態を持ち、どんな心理的アプローチが期待されるか。
  • 自己の身体や感情への気づきは人間の健康や疾患においてどんな意義を持つのか。

心身医学や心療内科学に興味のある皆さんの、学びへの志をお待ちしています。

教職員

職名氏名専門分野
教授 神原 憲治 心身医学、応用精神生理学、心療内科学