小中高生アウトリーチ企画


 アウトリーチ (Outreach) とは、研究者や研究機関が研究内容や成果を一般社会に分かりやすく周知する活動のことです。日本生理学会も各種のアウトリーチ活動を実施しています。こうした活動の一環として、年1回生理学研究者が集まって研究成果を発表する「生理学会大会」を、小学校・中学校・高校の学生さんに公開します。

小中高生アウトリーチ企画の概要
 第95回日本生理学会高松大会では、国内外の著名な研究者による特別講演、最先端研究を討論するシンポジウム、生理学会会員による最新研究の発表などを企画し、生理学(Physiology)を中心とした生命科学の最先端を議論します。
この機会に、未来の科学を支える小中高校生の皆さんに、生命科学に触れ、生理学を身近に感じてもらえるように次の企画を設けます。

(1)第95回日本生理学会大会への無料参加
(2)中高生ポスター発表会
(3)高大連携シンポジウム(詳しくはプログラムのページをご覧ください)
(4)市民公開講座(詳しくは市民公開講座のページをご覧ください)
(5)海外研究者との触れ合い
(6)出前講義
学校の先生宛の案内文はここからご覧ください。
第95回日本生理学会大会への無料参加
参加者特典
・ 大会期間中すべての学術プログラムに無料で参加できます。
・ 小中高生の参加者には、大会長名で「参加証明書」を発行します。

参加申込方法
・ 事前に参加をお申込みください。当日参加は受け付けません。
・ 学校単位でお申込みください。個人でのお申込みは受け付けません。
・ 付き添いの教員、保護者の方も無料で参加できます。合わせてお申込みください。
・ 3月28日(水)に開催を予定する「海外研究者との交流」に参加をご希望の方は、申込書の所定の欄に〇を付けてください。詳しくは、下記「海外研究者との触れ合い」の項を参照ください。
・ 小中高生参加申込書(エクセルファイル)をダウンロードし、必要事項を記入の上、学校長の承認を得て、大会事務局宛お申込みください。

・ 申込書は、ファイル名を学校名にして(○○高校.xlsx、△△中学校.xlsx、□□小学校.xlsxなど)、メールでお送りください。加えて校長印が押印された申込書をFAXあるいは郵送にて提出ください。エクセルファイルと校長印が押印された申込書の両方の受領を以て受付完了とします。
・ エクセルファイル送付先:psj2018@med.kagawa-u.ac.jp
 第95回日本生理学会大会事務局 小中高生アウトリーチ企画係宛に送信ください。
 なお、メールの件名には『小中高生参加申込:学校名』とご記入ください。
・ FAX・郵送先:
   〒761-0793 香川県木田郡三木町池戸1750-1 
          香川大学医学部細胞情報生理学内
          第95回日本生理学会大会事務局
          小中高生アウトリーチ企画係 宛
          Fax:087-891-2096
・ 申込締切:平成29年10月18日


大会参加の方法
・ 平成30年3月初め(予定)に、学校宛に参加証(ネームカード)、大会プログラム集、中高生ポスター発表抄録集をお送りします。
・ 参加証に綴られている出席カードを総合受付・ポスター会場付近に設置してある「出席カード回収ボックス」にご提出ください。
・ 会場内では参加証を常に携帯ください。

参加証明書の発行
・ 提出いただいた出席カードに基づいて参加証明書を発行します。
・ 参加証明書は学校宛にお送りします。

安全・危機管理への対応のお願い
・ 会場との往復途中での事故や会場内で発生した不測不慮の事故、怪我・病気、盗難などについて大会主催者としては責任を負いません。必要とご判断される場合には、参加者個人あるいは学校の責任において保険への加入等の対応をお願いします。

中高生ポスター発表会
募集要項
・ 学校で取り組まれている研究内容をご発表ください。
・ テーマは、生理学や生命科学に限らず、化学、物理学、地学、数学、情報科学などを含め、広く科学分野の内容で構いません。
・ 発表はポスター発表とします。内容と発表は日本語、英語いずれでも構いません。
・ ポスター発表演題には、大会長名で発表者連名の「ポスター発表認定書」を発行します。
・ 中高生発表が10演題を越える場合には「未来の科学者優秀賞」を選考し、大会長から表彰します。平成30年3月29日(木)(14:00-15:00)に開催する日本生理学会総会において表彰式を行い、壇上で表彰します。受賞者には、3月28日の夕刻に電話で連絡を入れますので、参加可能であれば、お越しください。代理の方でも構いません。参加できない場合には、後程賞状を郵送でお届けします。
・ 中高生ポスター発表には生理学会会員の資格は不要です。

ポスター発表申込み方法
・ 学校単位でお申込みください。個人でのお申込みは受け付けません。
・ ポスター発表者は、発表の申込みとは別に、大会参加申込みを行ってください。
・ 中高生ポスター発表申込書(ワードファイル)をダウンロードし、必要事項を記入の上、学校長の承認を得て、大会事務局宛お申込みください。
・ 複数の演題をお申込みの場合は、演題毎に申込書をお送りください。
・ 申込書は、ファイル名を学校名にして(○○高校ポスター.docx、△△中学ポスター.docx)、ワードファイルとしてメールでお送りください。加えて校長印が押印された申込書をFAXあるいは郵送にて提出ください。ワードファイルと校長印が押印された申込書の両方の受領を持って受付完了とします。
・ ワードファイル送付先:psj2018@med.kagawa-u.ac.jp
 第95回日本生理学会大会事務局 小中高生アウトリーチ企画係宛にファイルを送信してください。
 なお、メールの件名には『中高生ポスター発表申込:学校名』とご記入ください。

・ FAX・郵送先:
   〒761-0793 香川県木田郡三木町池戸1750-1 
          香川大学医学部細胞情報生理学内
          第95回日本生理学会大会事務局
          小中高生アウトリーチ企画係 宛
          Fax::087-891-2096

・ 申込締切:平成29年10月18日(水)
・ 募集演題数:30演題



発表の方法
・ 平成30年3月初旬(予定)に、学校宛に中高生ポスター発表抄録集をお送りします。この抄録集は会場にて大会参加者にも配布します。
・ 発表は大会初日の平成30年3月28日(水)12時30分~14時00分を予定します。この時間帯は質疑に応答できるように、ご自分のポスターの前に待機してください。発表日時の詳細については、後日、大会ホームページ上および大会プログラムでご案内します。
・ ポスター掲示用に幅90 cm、縦210 cmのパネルをご用意します。ポスター会場に準備する押しピンを使って掲示してください。
・ ポスター掲示時間終了後ポスターを除去してください。終了時刻を過ぎても残されているポスターは大会事務局にて処分します。

未来の科学者優秀賞
・ 中高生発表が10演題を越える場合に、「未来の科学者優秀賞」を選定し、大会長から表彰します。実施の可否はプログラム委員会にて決定します。
・ 表彰する優秀賞の数は、演題数に応じてプログラム委員会にて決定します。
・ 審査員が、12時30分~14時00分(予定)の時間帯にポスター発表会場を訪れ、研究の内容、ポスターの内容、質疑応答の内容などの視点から審査します。
・ 「未来の科学者優秀賞」の表彰式は、平成30年3月29日14時~15時に予定の日本生理学会総会にて行います。

送迎バス(予定)
・ 香川県内のポスター発表者には、学校と会場の間に送迎バスの運行を予定します。事情により送迎バス運行が適わない場合がありますのでご了承ください。

海外の研究者との触れ合い
・ 海外からの招待講演者等数名と触れ合う機会を設けます。海外研究者が中高生ポスター発表を訪れて研究内容を議論したり、希望者があれば海外研究者と会話する機会を設けます。日本人研究者も同席しますので、英語が分からなくても大丈夫です。
・ 3月28日(水)12時30分~14時00分に行われる中高生ポスター発表の終了後に、14時15分~15時00分(予定)に学会会場内で行います。
・ ポスター発表をしていない方でも参加可能です。
・ 参加を希望する場合には、参加申込書の海外研究者との交流希望の欄に〇を付けてください。
・ 参加希望者が少ない場合には、開催しないことがあります。
・ 詳細については後日ホームページ上でお知らせします。

出前講義
・ 生理学会では、学会のアウトリーチ活動の一環として、小中高等学校および一般の方を対象に出前講義を行っています。
・ 大会期間中のみならず、大会前および大会終了後も、ご要望に応じて随時出前講義を提供いたします。
・ ご希望の方は、日本生理学会ホームページ(http://physiology.jp/)をご覧いただき、お申込みください。