救急災害医学

黒田泰弘  

救急災害医学は学問自体が若い。
若いということは、広大な未踏破の高山の存在
およびそこに広がる無限の可能性を意味する。
一緒に良い夢を見よう。Yes, we can.

教 育

最も重要視しているのは、「科学的に考える訓練をすること」および「患者とその家族の立場でメンタル面を含めて患者全体を診る感性を養うこと」です。すべ ての救急患者に対応できるスキルと知識、重症患者に対する蘇生および集中治療、メディカルコントロール体制および災害医療におけるリーダーシップ、を諸君 に体得してもらいたい。

研 究

  1. ドクターカー・ドクターヘリと救命救急センターとの通信ネットワークの有用性に関する検討
  2. 心停止患者に対する振動に強い心電図モニタと除細動器による超早期除細動効果の検討
  3. 救急現場・車内における患者冷却による全身臓器保護効果の検討
  4. 多臓器不全患者に対するマイクロダイアリシス法による至適な全身管理法の開発
  5. 敗血症性ショックの早期診断法の確立に関する研究
  6. 大規模災害における通信ネットワークの構築とその有用性に関する研究
  7. 基礎研究:熱傷モデル、脳障害モデルにおける細胞損傷機構の解明と治療効果の検討

教職員

職名氏名専門分野
教授 黒田 泰弘 救急災害医学・集中治療医学・重症脳障害
准教授
河北 賢哉 神経集中治療・頭部外傷・脳卒中
助教
宍戸 肇
 神経集中治療・頭部外傷・脳卒中
助教
切詰 和孝
外科・外傷
病院助教 高野 耕志郎 救急全般
病院助教 武澤 正浩 脳神経外科、脳卒中
病院助教 山口 智也 救急全般、集中治療
医員 松村 光 救急全般、脳卒中
医員 絹笠 沙耶香 救急全般、集中治療
医員 梶原 康佑 救急全般、IVR
医員 片山 大輔 救急全般