母性看護学領域

HP-crop.jpg
川田 紀美子  教授

様々なライフステージにある女性の健康に向けて、新たな知を創造します

担当科目(内容)

  • 母性看護学特論:母性看護学領域に関する主な理論やtopicsを取り上げ、presentationとdiscussionを行い、研究基盤の醸成を目指します。
  • 母性看護学演習:文献のクリティークや研究手法の講義を通じて、自身の興味を研究テーマに具体化するプロセスを学習します。
  • 母性看護学特別研究:目的達成に合致した研究方法を選択し、具体的な研究計画の立案からデータ分析までの一連の研究プロセスを実践することにより、基礎的な研究遂行能力を修得します。また、成果を修士論文としてまとめ、研究発表や討論する能力を養います。

 

修士研究内容、教員研究内容

修士研究内容
産後ケア事業、周産期セミオープンシステム、地域子育て支援に関するテーマで研究を行っています。

 

教職員

職名氏名専門分野
教授 川田 紀美子 母性看護学
准教授 石上 悦子 母性看護学
准教授 野原 留美 母性看護学
助教 谷上 友理 母性看護学