一覧に戻る一覧に戻る


1.指導体制

@ 生検・手術組織病理診断、術中迅速診断
羽場礼次 (病理部長、病院教授、准教授)
  串田吉生 (病理部副部長、講師)
  門田球一 (病理部 助教)
  香月奈穂美 (病理部医員)
  宮井由美 (病理部医員)
  坂東健次 (病理部医員)
  林 俊哲 (病理部医員)
  石川 陽欧子 (病理部医員)

A細胞診断
羽場礼次 串田吉生

B病理解剖
串田吉生 門田球一 羽場礼次

Cカンファレンス
門田球一 串田吉生 羽場礼次
  宮井由美    
  坂東健次    

DCPC
羽場礼次 串田吉生 門田球一

2.研修スケジュール

曜日 午  前 午  後
9:00-生検・手術組織の診断 13:00-手術組織の切り出し
17:30-(第1)産婦人科、病理部合同カンファレンス
19:30-(第1)脳外科、病理部合同カンファレンス
19:00-(第2・4)呼吸器疾患カンファレンス
19:00-(第3)卒後臨床研修医のためのCPC
9:00-生検・手術組織の診断 13:00-手術組織の切り出し
19:00-(第1)皮膚科、病理部合同カンファレンス
17:30-(第2・4)泌尿器科、病理部合同カンファレンス
9:00-生検・手術組織の診断 13:00-手術組織の切り出し
19:00-(第1)香川腎組織カンファレンス
19:00-(第2)口腔外科、病理部合同カンファレンス
19:00-(第3)消化器疾患カンファレンス
9:00-標本作製 13:00 -特殊染色、免疫染色、蛍光抗体
9:00-病理解剖のまとめ 13:00- 細胞診断
17:00-細胞診カンファレンス


随時:術中迅速組織・細胞診断、病理解剖。

3.特徴

2年目の選択コースでは全臓器における病理診断を優先して指導し、体得することを目指します。病理部での研修は全科的な生検診断、細胞診断、術中迅速診断、手術組織の診断、病理解剖、カンファレンス、CPCを通じて病理診断業務の初歩を経験し、疾患を総合的全身的に思考する能力の獲得を目標にしています。また病理診断業務を行う上で重要な検体の取扱い、切り出し、標本作製、特殊染色、免疫染色、電顕、蛍光抗体、学会発表の写真撮影などの手法を同時進行で研修し、理解を深めることが可能なシステムを採用しています。