医学部

附属病院

OSCE

医学部講座HP紹介

学生たちの活動

学内限定便利ツール

学生向けワークショップ

香川大学図書館

図書館医学部分館

今日の診療

医学・医療関係情報集

医学情報リンク集

医療情報リンク集

医学教育関連リンク集

医学関連イベント情報

注目の医学書・雑誌


医学教育学講座の活動

何でもリンク

サイトマップ


hotnews

2015.11.11

鈴木富雄先生による身体診察セミナーのお知らせ

香川県立中央病院1階講堂において

平成27年11月21日(土)9時から12時

詳しくはこちらをご覧ください。

香川大学キャラクター
香川大学医学部教育センター/医学教育学講座
過去のニュース一覧

▽教育センター・医学教育学講座よりのお知らせ▽


>>>医師国家試験出題基準(ブループリント)

  平成30年版が公開されました!!

KagawaUMEducentをフォローしましょう

スタッフコラム

 

コラム「春が来た!!」
    2016年4月25日

 少し時期が遅くなりましたが、また新たな年度がやって来、医学部にも新入生達が入ってきました。新入生との出逢いは、担当学生(8名程度)との昼食会から始まります。
各学年共に指導教員制度があり(担任のようなもの)、私の講座は基礎医学に入っているので、1,2年生の担当になります。1年生は入学式が行われる週末に全てのグループで昼食会をして、それぞれの担当教員が新入生達の出身地や高校時代の生活、今後のサークル活動の参加予定などを聴き取り、その後の参考とします。学生達にとっては、取り敢えず何かあれば相談できる足がかりができることになり、いい取組と思っています。2年生以上は個別に学生達の希望も聞いて、学内で昼食会をしたり、近隣の飲食店で昼食会をしたり、学年が上がると街で飲み会をしたりと、様々です。
私は昨年は2年生担当だったのですが、今年は1年生担当となり、写真のような新入生達と昼食を共にし、彼らの新たな息吹を体感しました。若い方達と接すると、こちらまでエネルギーをもらうことができ、楽しみな一時であります。
新入生達は、この後土日泊まりがけで、近隣の国民休暇村で合宿研修をします。そこでは、先輩学生や医師の体験談を聴いたり、就学上の注意事項を聴いたりするのですが、メインはスモールグループでのディスカッションです。今年は、「医師としてのプロになるためには今後どのような素養が必要か」をテーマにしました。コミュニケーション能力や、倫理観など幾つか思いつくものをグループ内でリストアップし、その中の一つについて更に議論を深め、どうしてそのような資質が必要なのか、それを今後どのようにして身に付けるか、を全体討論で発表してもらいます。グループは先に昼食を共にした学生のグループとなり、それぞれの指導教員もファシリテータとして参加します。全体発表では、参加した教員が優れていると思ったグループを3つまで投票し、上位3グループに豪華(?)賞品が贈られます。どのグループも個性的な発表をし、その後の質疑応答も(例年にもまして)活発に行われたのですが、な、何と、私が関わったこの写真のグループが1位を獲得したのでした!  大学オリジナルのTシャツなどをもらうことが出来、(私もですが)相当にうれしそうでした。
彼らには、今のフレッシュな気持ちを卒業まで維持してもらい、誰一人欠けることなく共に卒業を迎えてもらいたいなと、心から願っています。われわれ教員一同も彼らに対して精一杯の支援をしたいと思っています。

【センター長・岡田宏基】